年収が500万円の方においておすすめな婚約指輪の予算や相場について詳しく解説します。年収に合わせて最適な婚約指輪を叶えましょう。

年収500万円における婚約指輪の相場や平均予算

婚約指輪の予算や相場とお金

年収500万円の方が平均的にかけている婚約指輪の予算や、一般的な相場は、「30万円〜50万円」です。

全国における婚約指輪の平均相場が約30万円ほどなので、平均的なもの以上で検討されている方が多いですね。

実際に筆者も無数の婚約指輪をご提案してきた中で、年収が500万円くらいの方はまさに30〜50万円あたりを軸に検討されている方が非常に多い印象です。

婚約指輪を検討されていて、年収500万円あたりで予算の軸を設定されるなら、まずは30〜50万円あたりを軸に検討をされるとスムーズかと思います。

年収500万円の方におすすめな婚約指輪のダイヤカラット

EIKA_FJEC_カラット比較
<下から0.3・0.5・0.7・1ct>

予算感の軸に対して大切なのが、実際に婚約指輪の主役であり目的となるダイヤモンドのカラットです。予算感はもちろん、販売価格というのは宝石店やジュエリーブランドによって同じクラスのダイヤでも様々な設定をするため、目的となるカラットの相場をある程度設定しておく必要があります。

年収500万円の方に人気でおすすめな婚約指輪の主役ダイヤのカラットは、「0.3〜0.5カラット」です。

全体での平均相場30万円に対して、相場となる婚約指輪センターダイヤのカラットは0.3カラットですので、イコールになっていますね。

実は婚約指輪における最適価格での相場というのはある程度固まっていて、0.1カラットあたり10万円です。もちろん高級ブランドや高級さを売りにするブランドなどだとこの相場よりも圧倒的に高い販売価格が設定されます。

つまり0.3カラットなら30万円、0.5カラットなら50万円となります。

年収500万円の方における婚約指輪の平均予算や相場は、先に記載した通り30〜50万円ですから、カラットは0.3カラット〜0.5カラットが軸となります。

つまり年収500万円の方なら、0.3カラット〜0.5カラットの主役ダイヤモンドをまとった婚約指輪を30万円〜50万円の予算感で検討されると良いでしょう。

当然ですが、ダイヤモンドは美しいことが前提であることを必須条件に。(大きさがあっても、美しくなければ意味も価値もないため)また婚約指輪の素材は必ずプラチナ純度90%以上、ゴールドなら18金(75%)で選んでください。

年収500万円での相場におすすめな婚約指輪デザイン

婚約指輪とデザイン画

婚約指輪は通常デザインによって価格が大きく変わります。主役ダイヤだけのシンプルなデザインであればコストも安くなるため、値段も安くなります。逆にダイヤを追加でセットしたり、貴金属をたくさん消費するような贅沢なデザインの婚約指輪は、値段が高くなっていきます。

年収500万円の方におすすめであり相場でもある主役ダイヤは0.3〜0.5カラットですが、合わせておすすめなデザインもご紹介しておきます。前提としては、予算が年収500万円の方における相場となる30〜50万円で設定した場合になります。

1. 0.5カラットのシンプルなソリテール

EIKAのソリテール婚約指輪

主役ダイヤのカラットを年収500万円における相場の最大値である0.5カラットにして、シンプルなデザインにすると、主役のダイヤも引き立つため、おすすめです。予算感も0.5カラットでシンプルであれば50万円程度でいけるでしょう。

2. 華奢なハーフエタニティリング

EIKAの華奢なハーフエタニティリング

婚約指輪の腕(アーム)が華奢なハーフエタニティリングもおすすめです。ダイヤモンドをアームに敷きつめる贅沢なデザインのことをエタニティリングと呼びますが、非常に贅沢で華やかなデザインから、憧れのリングともされています。0.3カラットなどだとシンプルすぎるとものたりなかったりするため、エタニティリングにされるとおすすめです。

3. 華やかなサイドストーンウェーブリング

EIKAのローズサイドストーンリング婚約指輪

主役ダイヤの脇にダイヤを追加でセットしたウェーブラインのサイドストーンリングもおすすめです。年収500万円あたりだと比較的デザインでの予算幅も設けられる傾向にあるため、選択肢も広く持てると思います。

こちらのサイドストーンリングなども贅沢なデザイン種になりますが、非常におすすめ。華やかでずっと飽きのこない使いやすくてワクワクする婚約指輪を叶えることができます。

4. 贅沢さと華やかさ極まるブーケリング

EIKAのブーケタイプ婚約指輪

主役ダイヤの外周を取り巻くようにダイヤを敷き詰め、花束のように見えることからブーケと呼ばれる、贅沢で華やかさ極まった婚約指輪デザインです。

アームにもダイヤモンドがエタニティ状にセットされており、リング全体でダイヤモンドの輝きを放ちます。しかし貴金属のボリュームが抑えられているため、しつこさはなく、繊細で贅沢な輝きを楽しむこともできるため、おすすめです。

5. シンプルで可愛らしいYラインサイドストーンリング

EIKAのYラインサイドストーン婚約指輪

Yラインは美しい曲線的デザインからどの年収帯の方にも人気な婚約指輪デザインです。

年収500万円で少し予算を追加できたりする場合には、サイドストーンをセットしたアシンメトリーデザインのYライン婚約指輪もおすすめです。可愛らしくも美しく、贅沢で洗練された面持ちを持っています。



年収500万円における相場や人気でおすすめな予算感やデザイン、ダイヤモンドのカラットまでご紹介しましたが、これらはあくまで参考の情報。現状の貯金状況などによっても婚約指輪に対する考えは大きく変わってくるため、本記事の情報を軸に、最適な婚約指輪選びができたら幸いです。




「合わせてオススメしたい記事」



パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>




究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>