プロポーズは、成功したからこそ、後の段取りがとても大切です。プロポーズはあくまで始まりですから、そこからが本番とも言えるからです。

せっかく成功したプロポーズも、後の段取りが悪くて、関係がギスギス・・といったこともしばしば。

今回の記事では、プロポーズ成功後に待ってる大切な段取りたちについてご紹介したいと思います。


婚約指輪のデザイン決め

ジュエリーデザイン

プロポーズが成功したら、まず大切なのは婚約指輪のデザイン決めです。プロポーズ後になんで??と感じられる方がいらっしゃるかもしれませんが、現在はプロポーズで指輪を贈ることはむしろ避けられる方法で、成功してからデザインを決める方法がスタンダードになっています。

婚約指輪はデザインやサイズなどの失敗が許されないので、当然といえば当然なのですが、プロポーズが成功した後に彼女の好きなデザイン、完璧なサイズで決めにいくのが定番の段取りです。

プロポーズ_プレゼント_失敗


逆にプロポーズで婚約指輪をプレゼントしてしまって失敗しては本末転倒。プロポーズは指輪以外で、プロポーズが成功したらその証となる婚約指輪のデザインを決めにいきましょう。

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー


ちなみにプロポーズ時は、婚約指輪の主役となるダイヤモンドのみでプロポーズを行うダイヤモンドプロポーズが最もおすすめな方法。成功したら、そのダイヤモンドを主役として、彼女の好きなデザインをオーダーメイドで叶えます。

事前にダイヤモンドクラスが決まっているので、予算コントロールも明確になるため、嬉しいですね。

また婚約指輪は指輪以外にネックレスなど形は自由で大丈夫です。彼女のライフスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

ダイヤモンドプロポーズに関する記事はこちら>

両家ご両親へのご挨拶

カップル_両親_紹介

最近はご挨拶より前に婚約指輪のデザインを決めてから、挨拶へ行く方も増えています。昔と違い、今はほぼ二人で決めた結婚というニュアンスが近く、二人でしっかりと決意した証を持って挨拶にいった方がスムーズと考える方が増えている背景からかもしれません。

いずれにしても両家ご両親へのご挨拶はとても大切なイベント。謙虚に、真面目に、素直に、しっかりと想いを伝えれば、ご両親も安心してくれるでしょう。

逆に両親へのご挨拶の印象が悪いと今後に大きく影響しますので、プロポーズが成功したからといって浮かれすぎず、しっかりと段取りを練りましょうね。

また、今後の段取り(結婚式や新居など)をどう考えているのかを明確に話すことも大切です。

両家挨拶の会食

カレンダー_納期

お互いのご両親から承諾をもらったら(顔合わせが済んだら)、今度は両家の顔合わせです。前までは結納が通例でしたが、現在は結納を割愛されるケースが多く、もう少しカジュアルに会食スタイルで行うケースが大半です。しっかりと新郎新婦が軸となって、段取りを整えましょう。

結婚指輪を決める。

結婚指輪_婚約指輪_重ね付け_エンゲージリング_マリッジリング

婚約の段取りが全て整ったら、今度は結婚指輪の段取り。
結婚指輪を身に着けた後は、婚約指輪と重ね付けして楽しんでいきますので、必ず婚約指輪を持って検討しましょう。

両方とも左手の薬指に身に着けますが、結婚指輪は基本常時着用のペアリング。対して婚約指輪は婚約記念品としての高価なダイヤモンドリングなので、毎日というよりはオシャレして出かける時に身に着けていきます。

ここで重ね付けできないと、つけるのが億劫になってしまいます。逆に素敵な重ね付けができると、より楽しむことができますから、大切なポイントです。
本来は婚約指輪と結婚指輪は合わせて検討するべきです。

これら結婚指輪と一緒に挙式や新居などの段取りもあります。

プロポーズ後は、大忙し。しかしどれもが今しか味わえない素敵で楽しいイベントばかりでもあります。だからこそしっかりと段取りを整えながら行うことが大切。

プロポーズの前に、ある程度このあたりの段取りを踏まえて計画することは、結局のところプロポーズの計画に関わってくることなので、気に留めておきましょう。 特に指輪でプロポーズはせずに、後からという段取りは大切かと思います。

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>