< EIKAについて

about ROSE
世界最高級のローズについて

EIKA(エイカ)フラワージュエリーへ採用しているローズは、「永遠の春」と形容される南米エクアドル産、世界最高級のローズです。希少品種であるこのローズは、愛の意味と名前を持ち、昼は暖かく夜は寒冷な春の気候が年中続くエクアドルでしか育まれません。ベルベットを思わせる質感、肉厚で芳醇なフォルムは世界中のセレブリティからも愛されています。プリザーブド化してあるため、生花の質感とフォルムから枯れる事はありません。
永遠の春、エクアドルから。

1年中春の気候で、「永遠の春」とも形容される南米エクアドル。アンデスの豊富な雪解け水と赤道直下の太陽の恵みが融合したこの地は、まさにローズを育てるにあたって最高の地であり、高級ローズの原産地として世界的に有名です。この地で育まれた最高級のローズは、専用機で迅速に輸送され、EIKAのスタジオへと届けられます。
超希少品種のローズ

長年の歳月をかけて見つけだした超希少品種の薔薇。 この薔薇は生花のときにすでにベルベットを思わせる光沢を帯び、花弁が厚く、巻きの美しい息を呑むような大輪種。この1本の親木を見つけ出してから何年もの歳月をかけて株を増やし、輸出されています。
樹咲きの薔薇を使用。ローズ本来の美しさ。

ローズは、つぼみの状態で収穫し、水につけて開花させた薔薇ではなく、樹でしっかりと開花した薔薇の中から、大きさ姿・形の美しい固体のみを選別・収穫し、時間を置かずスピーディーにプリザーブドフラワーへ加工します。2メートルを越すまっすぐのびた薔薇。それは、土と水と太陽のパワーを樹から存分に伝えられた極上の薔薇です。花弁がしっかりとし、力強く、プリザーブドフラワーの加工にも負けることなく、薔薇本来の美しさと輝きを発揮することができるのです。
厳しい選定基準をクリアしたローズ

日本に届いたローズは、東京青山にあるEIKAのフラワースタジオで、さらに厳しい選定基準をクリアしなくてはなりません。花弁のフォルムや大きさ、色味などその項目は100項目を超えます。全ての項目をクリアしたローズだけが、EIKAのフラワージュエリーとしてダイヤモンドと融合する権利を得ます。
枯れる事のない、華やかさ。

世界最高級のローズは、美しさのピークを迎えた段階で、特殊な溶液を使用して、プリザーブド化されます。エクアドルの農園で迅速に行われる事で、その美しさと生花の質感をそのままに枯れる事がありません。ドライフラワーなどとは全く異なり、プリザーブドフラワーは生花の質感(触り心地)とフォルムをそのままに残す事ができます。

トップへ戻る

EIKA カスタマーサポート
0120-978-747(11時〜19時)
コンタクトフォームから
お問い合わせ