プロポーズプレゼントや婚約指輪を贈る方法として指輪以上にメリットだらけで大人気なダイヤモンドプロポーズならサプライズも理想の婚約ジュエリーも1つで全て叶えることができます。徹底解説します。


今人気なダイヤモンドプロポーズとは??

ダイヤモンド_プロポーズ

そもそもダイヤモンドプロポーズを知らない方のために、簡単にご紹介をしておきましょう。

ダイヤモンドプロポーズとはその名前の通りで、ダイヤモンドだけでプロポーズ及びプレゼントを行う方法です。

婚約指輪とは価値の高いダイヤモンドが主役であるリングであり、価値のあるダイヤモンドを婚約記念品として贈り、身につける手段でもあることへ着目。

主役であるダイヤモンドのみでプロポーズして、後からそのダイヤモンドをベースにして、相手の好きな婚約指輪をオーダーメイドで叶えてあげる方法がダイヤモンドプロポーズです。

ダイヤモンドプロポーズによって、憧れのダイヤモンドでサプライズなプロポーズプレゼントが行えるだけでなく、確実に相手の指のサイズにぴったりで、好みな婚約指輪を叶えることができるため、男性からも女性からも支持されている方法というわけです。

さらにダイヤ素材からプレゼントできるので、婚約指輪だけでなくネックレスなど好みのジュエリーをオーダーすることができるわけです。

非常に合理的であり、ロマンチックさや配慮もされているため、これからのスタンダードともなっているプロポーズ方法と言えるでしょう。婚約指輪は高級品。決して安い買い物ではありません。

それなのに購入してから渡すまで男性はリスクにさらされ続けますし、何より相手の女性もせっかく貰ったものが自分の理想と離れていたり、サイズがぴったりでなかった時にはショックなものです。下手に指輪でプロポーズするというイメージは持たず、ダイヤモンドプロポーズで、二人にとっても嬉しい方法を選択しましょう。

ダイヤモンドプロポーズの予算や価格

ダイヤモンドとお金

ダイヤモンドプロポーズの予算や価格は、20万円〜が相場で一般的です。

ダイヤモンドだけの購入なら5、6万円〜単体で購入することができますが、ダイヤだけだと意味がないので、最終的に指輪などオーダーする費用がかかってきます。それらを合計した合計予算や価格が20万円〜みておくと良いでしょう。

ダイヤモンドはピンキリなので、自分に適した予算に合わせて選ぶと良いです。基本的に婚約指輪の平均相場は30万円あたりなので、ダイヤモンドプロポーズの場合も基本イコールとなります。

ダイヤモンドプロポーズの基本的な流れ

プロポーズ_言葉

ダイヤモンドプロポーズの基本的な方法と流れは下記の通りです。

  1. ダイヤモンドを購入する
  2. ダイヤモンドをプロポーズプレゼントする
  3. 相手もしくは二人で好きなデザインを選ぶ
  4. 決まったデザインをオーダーメイドで製作してもらう
  5. 理想の婚約指輪や好みのジュエリーが完成


ざっくりとした流れはこんな形です。難しいことはありません。それぞれの項目についてさらに詳しくご紹介しましょう。

>> 1. ダイヤモンドを購入する

ダイヤモンド_ダイヤモンドプロポーズ

ダイヤモンドは宝石店やジュエリーブランドのお店、ダイヤモンドプロポーズのサービスを展開している場所で購入することができます。基本的にはダイヤモンドプロポーズを展開しているジュエリーブランドもしくは婚約指輪・結婚指輪専門店で購入することになり、それが最もスムーズです。

この時、指輪だとサイズやデザインなども決めなくてはなりませんが、ダイヤモンドプロポーズの場合はダイヤのみを購入するので、それらを決める必要性がありません。ダイヤモンド選びだけに集中することができます。

ダイヤモンドの選び方としては、基本的に婚約記念品として成立する鑑定書クラスのダイヤモンド(宝石)という原則に基づいて選びます。下記のクラス以上で検討すれば、まず問題ありません。

  • カラット(大きさ):1石で0.3カラット以上
  • カラー(色味):Iクラス(アイクラス)以上(肉眼で基本無色)
  • クラリティ(透明度):SI2以上(肉眼で基本内包物なし)
  • カット(研磨の状態):VERY GOOD以上


宝石店やブランドによって様々なダイヤに関する打ち出しがされていますが、実はあまり関係ありません。ダイヤモンドは4Cと呼ばれる価値基準が世界共通で定められているからです。

上記基準をクリアしてさえいれば、必ず「鑑定士が見ても肉眼で無色透明でとても良いカットで仕上げられた、良質で主張性もあるダイヤモンド」ということが言えるようになります。

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

ダイヤモンドプロポーズとしても大人気ななEIKAのフラワージュエリーでは、プロポーズ・婚約専用のコレクションを提供。価格も0.3カラット〜高品質なダイヤモンドのみで20万円台〜購入可能です。さらにフラワージュエリーなら、あとから好きな婚約指輪へのオーダーメイドも初回無料で提供されるので、便利ですよ。



>> 2. ダイヤモンドをプロポーズプレゼントする

ギフト包装されたプレゼントを渡すカップル

ダイヤモンド及びダイヤモンドプロポーズ商品を購入して入手したら、実際にサプライズプロポーズの際にそれをプレゼントします。ダイヤモンドのプレゼントがあるだけで、プロポーズよりサプライズな演出になりますよね。

指輪だと箱パカして、相手の左手薬指にはめてあげる・・・というプレゼント方法がイメージされやすいですが、ダイヤモンドプロポーズの場合は下記の流れでプレゼントするとスムーズです。

  1. ギフト包装されたダイヤモンドケースを相手に渡す
  2. 開いてみてと相手に開封してもらう
  3. 開いてダイヤが見えたら、プロポーズの言葉をかける
  4. そのダイヤから理想のデザインを叶えようという言葉も添える


指輪で箱パカってイメージとしては憧れますが、実際にはタイミングが難しかったり、変にお互いに恥ずかしくなったり、そもそも指輪だとサイズやデザインがマッチしないので、本来は避けるべき方法でもあります。

しかしダイヤモンドプロポーズなら、自然とスムーズな流れで素敵にギフトすることができます。


>> 3. 二人で理想の婚約指輪デザインを考える、選ぶ

婚約指輪-結婚指輪-宝石店-カップル

プロポーズが成功したら、さらに楽しみなイベントが。

ダイヤモンドプロポーズでプレゼントしたダイヤモンドから、理想のデザインを選んでいきます。二人で選ぶとより楽しくなります。都合がつきずらければ彼女にお任せしても良いかもしれません。

デザイン選びは事前にオンラインで検討してから、お店にいって実物を見る。という方法もありますし、オンラインで完結することができるブランドもあります。また最近では近くにお店がなくてもサンプルリングを無料で貸し出してくれるサービスがあるので、それらを活用すると良いでしょう。

ダイヤモンドからオーダーメイドで叶えるので、自由にデザインは決めることができます。

そのブランドや宝石店に存在するコレクションや既成デザインから選ぶこともできれば、それらからカスタマイズしたり、完全にオリジナルで婚約指輪を叶えることも可能。

当然ですがオーダーメイドなので、指輪以外にもネックレスなど自由にジュエリーをオーダーすることができます。


>> 4. 決まったデザインをオーダーメイドで製作してもらう

オーダーメイド_婚約指輪_リング作成_デザイン_ワックス原型

理想のデザインや目的のデザインが決まったら、ダイヤモンドプロポーズで購入したダイヤモンドを宝石店に預けて、実際に婚約指輪やジュエリーをオーダーメイドで製作してもらいます。いよいよ本番ですね。

オーダーメイドジュエリーは、通常2ヶ月ほどで完成します。少し時間がかかりますが、婚約指輪を普通にオーダーしてもだいたい同じ期間なので、時間的なデメリットにはなりません。

ダイヤモンドプロポーズでプレゼントされたダイヤモンドが、自分たちの理想のデザインの婚約指輪などになって帰ってくる。製作中の期間もワクワクする時間でもあります。

ここで補足ですが、もし顔合わせなどを先に行う場合や、結納などを行う場合。婚約指輪をオーダーする前に、プレゼントされたダイヤモンドでまずはそれらを行なった方が良い場合があります。落ち着いてからデザインを決めた方が、ゆったりと楽しめるからです。

>> 5. 理想の婚約指輪や好みのジュエリーが完成

約二ヶ月ほどで、オーダーした婚約指輪やジュエリーがダイヤモンドプロポーズでプレゼントしたダイヤをまとって完成します。プロポーズからの思い出をまとったダイヤが理想のデザインになって戻ってきた時は、感動モノです。

ダイヤモンドプロポーズだからこそ、プロポーズの時がピークではなく、プロポーズ後にどんどんと心が踊る出来事が増えていくわけです。

ここで一つおすすめなアイディアが。完成した婚約指輪などのジュエリーを秘密裏に受け取って、完成品でさらに2回目のサプライズをすることができます。

彼女が指輪でのプロポーズにも憧れを抱いていた場合には、さらに理想の婚約指輪で完璧な二度目のサプライズをすることもできてしまいます。お披露目サプライズとしてぜひ行なってみてください。


ダイヤモンドプロポーズのメリット・デメリット

ダイヤモンドプロポーズに関するメリットとデメリットについても、分かりやすくご紹介したいと想います。

「ダイヤモンドプロポーズのメリット」

  • ダイヤモンドという素材で贈るため、サイズを知らなくても安心。
  • ダイヤモンドという素材で贈るため、好みを知らなくても安心。
  • 相手に探りを入れる必要性もないため、サプライズプロポーズがしやすい。
  • 主役のダイヤモンドを先に贈るため、予算のコントロールがとてもしやすい。
  • 選択肢が残してあるという配慮が、相手にとって喜ばしい。
  • オーダーメイドで指輪を叶えるため、相手が指輪に対して愛着を湧きやすい。
  • オーダーなので、指輪以外のジュエリーも自由に叶えられる。



「ダイヤモンドプロポーズのデメリット」

  • 相手が明確に欲しいブランドがあった場合には、失敗する可能性がある。
  • オーダーメイドのため、完成品が手元にくるまでに若干の時間を要する。
  • 婚約指輪デザインによって大きく価格が変動する為、彼女に気を使わせてしまう。


基本的にメリットだらけなのがダイヤモンドプロポーズですが、例えば兼ねてから「婚約指輪なら絶対にこのブランド!」という相手が明確に欲しいブランドがあった場合などは、それを叶えてあげるのも手段となるでしょう。

しかし婚約指輪などの宝飾品は、そもそもダイヤモンドや貴金属そのものがブランド。

通貨のようなものなので、どこで手にしたとしても基本的に同じクラスであれば価値は一緒ですから、あまりブランドにこだわりすぎるのも良い選択肢とは言えないでしょう。

ダイヤモンドプロポーズ、駄目なサービス例

プロポーズ_プロポーズ失敗_サプライズ_失敗

またダイヤモンドプロポーズは現代においてスタンダードな方法となり、国内においても多数の宝石店やブランドが打ち出しを開始しました。

しかしそれらのほとんどが本来のダイヤモンドプロポーズというメリットを活かしきれていないものとなっています。 その理由として該当するものをご紹介しましょう。

①そもそもダイヤモンドの質が悪い。

せっかくのダイヤモンドプロポーズなのにも関わらず、ダイヤモンドの質が悪いようでは本末転倒です。

鑑定士が見ても肉眼で無色透明・優れたカットが施されているダイヤモンドかつ鑑定書でその内容が保証されていることは必須条件です。目的にもよりますが、基本的には0.3カラット以上で鑑定士が見ても肉眼で無色透明となる、Iカラー以上、SIクラリティ以上、VERYGOODカット以上で選ぶようにしましょう。

②見せ方やデザイン性が乏しい。

ダイヤモンドプロポーズをするということは、婚約指輪の箱をパカっと開くデザイン性や見せ方と同等以上でなくてはなりません。そうでなければプロポーズの瞬間によく分からず沈黙になってしまうばかりか、ロマンチックさに欠けてしまい、女性からの評価は下がってしまうでしょう。

デザイン性がパッケージなどのディテールに至るまで美しいことが大切です。

ダミーリング(プロポーズリング)

プロポーズリングはプロポーズ用に設計された仮のリング。仮のリングでプロポーズされて女性は嬉しいでしょうか。

これは男性側のリスクヘッジにしか感じず、女性側も残念に感じてしまうケースとなります。表面上は便利に見えても、大きな落とし穴がありますので、注意しましょうね。

デザインで価格を上げる仕様・方向性になっている

ほとんどの商品は、ダイヤモンドプロポーズ後に贅沢なデザインなどで単価アップを狙って設計されています。

せっかくダイヤモンドでプロポーズをしたところで、結局デザイン選びに様々な価格が存在しては、二人共に気を遣ってしまい、メリットは半減します。

ダイヤモンドプロポーズは二人のためのサービス。この点を履き違えたサービスには気をつけましょう。


もともと指輪はプロポーズに不向きだった

婚約指輪

そもそもダイヤモンドプロポーズが生まれる前は、婚約指輪でプロポーズすることが主流でした。今でもイメージだけは強く残っているものでもあります。

しかしこの婚約指輪を差し出してのプロポーズ。確かに見栄えは良いですし、ロマンチックな印象を感じますが、現実的にプロポーズには不向きな方法でした。

まずサイズです。指輪でプロポーズはサプライズが原則ですから、相手の指のサイズを秘密裏に知っておかなくてはなりません。間違ったサイズで指輪を贈っても本末転倒です。

そもそも指輪である以上、完璧なサイズが前提となります。服は本人でも試着しますよね。そもそも指輪はサイズという前提的要素から、サプライズには最も不向きなアイテムだったのです。

指輪でプロポーズは、そもそも最初からすべきではない方法だったものが採用され続けてしまった。というものでもあるわけです。

ダイヤモンドという救世主

ダイヤモンド_プロポーズ

そもそも婚約指輪とは価値の高いダイヤモンドが主役の指輪のこと。

婚約指輪への憧れはダイヤモンドへの憧れとイコールであり、婚約指輪が人気なのはダイヤモンドをまとっているからです。この概念を活かして、主役のダイヤモンドだけでプロポーズを行おう、プロポーズのプレゼントとしようというのが、ダイヤモンドプロポーズです。

まずは相手のために選んだダイヤモンドのみで想いを告白し、プロポーズが成功したら二人もしくは相手にデザインを決めてもらう。という方法。

憧れのダイヤモンドというサプライズからも脱線せず、さらにデザインという選択肢を残しておけるわけですから、非常にスマートなプロポーズ方法であり女性にとってもサプライズで嬉しいですよね。

指輪じゃないプロポーズと考えると、どうしても指輪から脱線してしまいがちですが、指輪の特性を活かしてプロポーズをすればよかったわけです。まさに灯台下暗しとはこのことです。


最高のダイヤモンドプロポーズを叶えるフラワージュエリー

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

最後にご紹介するのは、最高のダイヤモンドプロポーズ方法についてです。

様々なお店やブランドからダイヤモンドプロポーズ的なサービスは打ち出されていますが、間違いなく最高と断言できる商品についてです。

最高のプロポーズ、婚約指輪を叶える方法として、EIKAフラワージュエリーのエンゲージメントコレクションをご紹介します。

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

世界最高級のバラと婚約指輪専用のダイヤモンドが融合。究極の組みあわせによって、感動のサプライズプロポーズを演出するコレクションです。

バラには南米エクアドル産の最高級ローズが採用されており、プリザーブド化されているため、生花の質感を長年保持し続けます。(枯れません)

EIKA_FJEC_鑑定書

バラ中心にセットされるダイヤモンドは、全て世界流通から選び抜かれた最高品質の美しいダイヤモンドが採用されており、公式鑑定機関が発行する鑑定書も付けられます。

EIKA_FJEC_大輪ローズボックス

EIKAならではの最高級パッケージなどディテールも最高品質。贈る瞬間を華やかに彩ります。

EIKA_FJEC_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク
EIKA_KONYAKUYUBIWA_POST_14514engagementring-original2

さらにフラワージュエリーエンゲージメントコレクションには、贈られたダイヤモンドをベースにして、後から相手の好きな婚約指輪を無料でオーダーメイドできるサービスが付いているため、まさに1度で2度の喜びを1つのプレゼントで叶えることができます。

EIKAフラワージュエリーの特筆すべき点は、その華やかさだけでなく、全てを1つのプレゼントで叶えるというサービス性にもあります。

さらにエタニティリングなど、ダイヤモンドが追加で付加される贅沢で人気なデザインを選ばれた場合にも追加費用が発生しません。

セレブレーションダイヤモンドと呼ばれるこのサービスは、EIKAが世界的にも初めて採用した価格システム。フラワージュエリーで贈ることで、予算を気にせず、二人にとって理想的なデザインを贅沢に叶えることができます。

またリメイク・オーダーメイドサイトはEIKAサロン店頭はもちろん、専用のリメイクオーダーサイトからいつでもどこからでもオーダーすることができます。

EIKA_婚約指輪_ネックレス_EC1042

EIKAではネックレスなど多種多様なジュエリーの選択肢も用意されているので、安心です。

EIKA_婚約指輪_リメイク


さらに完成したジュエリーは2万円代〜新しい指輪やネックレスなどへ永遠にリメイクし続けることができます。これら全てのサービスをオンラインで完結することも可能。自宅でサンプルリングを届けることもできます。

フラワージュエリーエンゲージメントコレクションについて詳しくは、EIKA公式ブランドサイトをご覧ください。






「合わせてオススメしたい記事」





パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>





究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>