年収によって婚約指輪に対する予算や価値観は変わってくると思いますが、年収1000万円の場合におすすめな婚約指輪のカラットや、予算の相場をご紹介したいと思います。

年収1000万円の婚約指輪基本予算や相場

婚約指輪_デザイン_ダイヤモンド

年収1000万円の方におすすめな婚約指輪の基本予算帯は、「30万円〜100万円」です。

また、全国における年収1000万円での婚約指輪の平均相場としては、「約60万円」です。

1000万円ほどの年収になると、独身だとかなり余裕のある生活を送れており、月々の貯蓄額も多く見込めます。その分、婚約指輪に対してかけられる予算も平均よりも多く持つことができるでしょう。

婚約指輪の全年収帯における平均予算や平均相場は30万円ほどですから、年収1000万円の場合だと、約2倍の予算や相場であることがわかります。

つまり一般平均的な婚約指輪よりも、特別感のある婚約指輪を購入したり、贈ることができる。もしくは相手からすれば、平均よりも特別な婚約指輪がもらえるかもしれないと期待できるといえます。

当然ですが、婚約指輪を購入する際にどれくらい貯金があるかによって、大きく婚約指輪にかけられる予算や相場は変わってくると思います。

年収1000万円におすすめな婚約指輪のカラット

EIKA_FJEC_カラット比較
<下から、0.3・0.5・0.7・1ct>

年収1000万円の方における平均的な婚約指輪予算や平均相場は、約60万円。

婚約指輪の価格や値段というのは、主役のダイヤモンドのクラス、特にカラットによって大きく変わるのですが、この60万円という予算で得られる婚約指輪のおすすめなカラットや相場となるカラットは、「0.5カラット〜0.7カラット」です。

つまり年収1000万円の方が購入している婚約指輪は、平均的に0.5カラット以上であるということ。

平均的なカラットの相場が0.3カラットですから、予算面でもカラットでも平均よりもよりハイクラスな婚約指輪を取得していることがわかります。

約年収1000万円ほどで婚約指輪を検討されているなら、予算は約60万円前後。そして婚約指輪のダイヤモンドカラットは0.5カラット以上で検討されるとスムーズでしょう。

貯金などが多めにあって余裕があれば、100万円ほどで1カラットを目指しても良いですし、貯金がなく厳しい場合であれば30〜50万円程度で予算を考えておけば相場的にも問題ないといえそうです。

年収1000万円の場合におすすめしたい婚約指輪のデザイン

具体的に年収1000万円の方に対しておすすめしたい婚約指輪のデザインなどを最後にご紹介しておきたいと思います。基本的に予算が平均相場でもある60万円に合わせ、カラットは0.5カラット以上という前提にてお勧めいたします。

1. エタニティリング

EIKA_FJEC_エタニティデザイン

憧れの婚約指輪の代名詞とも呼ばれている、エタニティリングの婚約指輪は、年収1000万円以上の場合でも十分に予算や相場からみても購入することができるため、特別感も含めておすすめな婚約指輪デザインです。

ダイヤモンドがリング全周(もしくは半周)にセットされ、指輪全体でダイヤモンドの輝きを放つ、壮麗で美しい、非常に特別感のある憧れの婚約指輪デザインです。

一般平均的な0.3カラットあたりだと、主役のダイヤがアームのダイヤと馴染んでしまいがちですが、年収1000万円あたりの相場である0.5カラット以上だと、アームにダイヤを敷き詰めても主役のダイヤの主張性がしっかりとあるので、主役ダイヤもパキッとみせることができます。

2. サイドストーンリング

EIKA_FJEC_サイドストーンデザイン

主役のダイヤモンドの脇に追加で比較的小粒なダイヤモンドをセットし、贅沢さとデザインの奥行きを楽しめる婚約指輪デザインが、サイドストーンリング。良いとこどりのバランスの取れた婚約指輪デザインであり、予算も広く取れる年収1000万円以上の方におすすめしたいデザインです。

エタニティリングが指輪全体でダイヤモンドの輝きを出しているのに対し、サイドストーンリングの婚約指輪は輝きとデザイン性の遊び心の両立を目指しているため、よりオリジナリティのあるデザインも叶えたいという場合におすすめとなります。

また脇石があることで、主役のダイヤの大きさがより引き立つようにもなっています。主役ダイヤが0.5カラット以上だと非常におすすめです。

3. ソリテールリング

EIKA_FJEC_ソリテールデザイン

主役ダイヤモンドが0.7カラット以上であれば、シンプルに主役のダイヤだけを立て爪でセットするソリテールリングもおすすめな婚約指輪デザインです。

年収1000万円あたりの相場となると0.7カラットでシンプルなデザインであれば60万円ほどの平均予算でも入手することができるため、一気に主役ダイヤの主張性が高まる0.7カラット以上であれば、このようにシンプルなデザインも非常に洗練された美しい贅沢さを感じることができます。

比較的小さな主役ダイヤモンドカラットだと、シンプルなデザインは贅沢さが損なわれがちですが、0.7カラット以上であればシンプルな贅沢さを叶えられるからです。

ダイヤモンドから贈るプロポーズを

ダイヤモンドプロポーズ_七夕

年収1000万円ほどの方になると、比較的平均的な婚約指輪相場に対してよりハイクラスな婚約指輪も選択肢に入ることがわかります。

あとはそれぞれの資産や貯金状況や気持ちに合わせて、相場を軸に選ぶと良いでしょう。

ただ婚約指輪のデザインに関しては彼女もしくは2人で選ぶ方法が確実に理想を叶えられるスマートな方法なので、プロポーズの場合には、年収1000万円で選択肢を広く持てるからこそ、婚約指輪の主役となるダイヤ素材からプレゼントするようにしましょう。

0.5カラット〜予算にあわせてまずはダイヤモンドのみ(最終的に婚約指輪の主役としてセットされるもの)を購入し、サプライズにプロポーズプレゼント。

EIKA_フラワージュエリー_エンゲージメント_婚約指輪_プロポーズプレゼント_ダイヤモンドプロポーズ

デザインは彼女の理想に合わせてオーダーメイドでプロポーズ後に叶えます。

年収1000万円ほどになるとダイヤだけでもより主張性の高いもので贈ることができるので、ダイヤモンドプロポーズのメリットもより高まるといえます。


ダイヤモンドプロポーズ記事はこちら>


年収1000万円でも無理のしすぎはよくありません。相場を正しく知り、まずはそれらを軸にしてご自身にとって相手にとって最適な婚約指輪を購入するようにしましょう。

「合わせてオススメしたい記事」


パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>


究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>