結婚のタイミングかな…そろそろ婚約指輪を用意しよう!と思っていたら、「婚約指輪はいらない」と彼女に言われたらどうしますか?

そもそも彼女は何故いらないと言ったでしょう。
女心を理解するのは男性にとって非常に難しいことですが、彼女からの申し出とはいえ、そのまま真に受けてもいいのでしょうか。

今回は、彼女にとってはもちろん彼にとっても後悔しないために、女性の女心について考察してみましょう。


彼女が婚約指輪をいらないと言うワケ

プロポーズ_失敗


女性が憧れてもらって嬉しいはずの婚約指輪を、何故彼女はいらないと言ったのでしょうか。
考えられる理由を挙げてみましょう。

・高価なため負担させるのが申し訳ない
・婚約指輪に必要性を感じない
・指輪を買いに行くのが面倒くさい
・普段、指輪をつけないので着ける出番がないと思っている
・指輪の代わりに思い出作りに費用をかけたい(新婚旅行)
・指輪をもらう意味がわからない
・指輪より欲しい物がある
・彼女なりの節約
・無くしてしまうのが怖い
・婚約指輪と結婚指輪の違いが分からない


結婚前は結婚式の準備費用や新婚旅行、引越し費用などに資金が必要になる為、節約のため婚約指輪は必要ない、と考える堅実な女性も実際にいらっしゃいます。


理由によっては後悔させる事にもなる

婚約指輪_プロポーズ


もちろん二人で話し合った結果、いらないという判断になるならそれでも構いませんが、今は必要ないと思っていても後になって後悔するパターンも実は少なくありません。
どんな時に彼女自身が「買わない事」を選択したのに後から後悔してしまうのか一例をご紹介します。

・友人が婚約指輪を着けていた
・普段でも着けれるデザインがあることを知らなかった
・友達が結婚指輪との重ね付けを見て羨ましかった
・婚約ネックレスでもいいことを知った
(仕事上、指輪は着けれないので)
・周りの人から婚約指輪ないの?と聞かれた時
・結婚後、価値観が変わって欲しくなってしまった。
・金銭面で余裕がない事を理解していたが本当は欲しかった
・親族の結婚式などで私だけ婚約指輪を着けていなかった
・親が経済的に大丈夫なのかと、心配していたことを後で知った時

婚約指輪=ダイヤモンドリングだというイメージが先行し、つける場所や必要性を感じることが出来なくても、歳を重ねて初めて婚約記念品としての本来の意味が理解できたり、ジュエリーの良さに気付くことで「欲しい」と後から思ってしまう女性が多いのです。

彼女が何故いらないと言っているのかを話し合う事で、今後後悔させない事にも繋がります。
「気を使わなくていいよ」、「本当に必要ないの?」など伝えて、話し合ってみてください。
意外な言葉が返ってくるかもしれませんよ。


彼と彼女の想いにマッチングする、プロポーズギフト

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

彼女に婚約指輪はいらない、言われても何か特別な贈り物をプレゼントしたい!と思う彼も少なくありません。


そこでご紹介したいのが、彼のプレゼントしたい!という気持ちと彼女の価値観にマッチングさせた華やかなプロポーズギフト、EIKAフラワージュエリーコレクションです。
EIKA:フラワージュエリーコレクション>


EIKA_コレクション



枯れないバラとジュエリーの主役であるダイヤモンドが融合させた事で華やかなプロポーズシーンを演出できるだけでなく、初回無料で好きなジュエリーへとリメイクできる『体験』をプレゼントされている為、費用を気にせず好きなジュエリーを贈る事が出来ます。


EIKA_自宅_サプライズ


ダイヤモンドプロポーズと呼ばれる素材(ダイヤモンド)でプロポーズする事で、遠慮しているのがバレバレの彼女だとしたら「指輪じゃないからいいよね!」とプレゼントする事も出来ますし、リメイクの有効期間は3年間もあるので、フラワージュエリーのまま暫く飾って楽しむ事も出来ます。


大切なのは、2人の気持ちです。

婚約指輪は婚約の証として価値ある贈り物をプレゼントする婚約記念品という事もあり、贈りたいという男性も少なくありません。

2人が後悔しない、最善のプロポーズプレゼントで素敵な瞬間を迎えていただければ幸いです。

是非参考にしてみてくださいね。



「合わせてオススメしたい記事」


パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>


究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>