大好きな彼女にプロポーズしよう。

と意気揚々を決心したものの、次に思い浮かぶ「婚約指輪(エンゲージリング)」によって意気消沈してしまったり、気が重くなってしまった方は少なくないのではないでしょうか。

イメージだけでも、婚約指輪が高い!と思い浮かぶ方がほぼ全てだと思います。高額商品ということをネガティブにを感じなくても、高級品であることは周知の事実ですし、調べれば簡単に平均予算でも約30万円!というデータが出てきます。

プロポーズをしたいから、予算内10万円以下で婚約指輪を探して購入するのでしょうか?

予算内でできる最高のプレゼントを贈る方が彼女は喜んでくれる場合だってあります。

今回は、予算10万円以下で婚約指輪に引けを取らないジュエリーギフトをご紹介します。


婚約指輪をプロポーズで必ず贈らなくたっていい

プロポーズ_言葉

まず平均相場・価格でも約30万円となる婚約指輪の対象は、基本的に主役の大粒のダイヤモンドをまとったプラチナダイヤモンドリングのことを指します。

婚約したことを記念して贈られるプレゼントとして最も人気な婚約指輪は、そんな婚約という特別なイベントに相応しい価値をまとった高級で高価なジュエリーであることが前提となります。

つまり高級ジュエリーを婚約記念品としてプレゼントしよう。というのが、婚約指輪なのです。

主役である大粒ダイヤモンドは平均価格から逆算すると0.3カラットが平均的な大きさとなり、それ以下のダイヤモンド(0.2カラット以下)は身につけた時に主役のダイヤモンドとしての主張性があまり発揮されないため、価値の証明としてはやや不足とみなされてしまう可能性があります。

婚約指輪は多くの女性が一度は憧れる特別な贈り物ですから、本来のあるべき婚約指輪と、実際に購入する婚約指輪とが異なることで、その夢を壊してしまう可能性もありますし、婚約指輪として予算内で無理に購入してプレゼントしたとして、本当にこころからお互いそのプレゼントに満足できるのでしょうか?

その場合、無理に婚約指輪を購入する必要はありませんし、資金が貯まってから結婚記念日などに改めてプレゼントしたって構わないのです。プロポーズだから婚約指輪を贈らなければならない!というわけではないという事をまずは知っておきましょう。

プロポーズプレゼントとしてファッションジュエリーを贈ろう

EIKA_ジュエリー_指輪_ネックレス_フラワージュエリー_ファッションジュエリー

婚約指輪はダイヤモンドという価値ある贈り物ということが前提となるためどうしても10万円以下で購入することは困難です。

婚約指輪を贈らない選択もあるとご紹介したとはいえ、プロポーズに形に残るものをプレゼントしたい!という方も少なくありませんし、女性もプロポーズに花束だけだとなんだか物足りないと感じてしまうかもしれません。

そこで、婚約指輪ではなく、毎日身につけられるファッションジュエリーをプロポーズプレゼントとして贈ることができます。ファッションジュエリーであれば、10万円以下でも幅広く選ぶことができるようになります。

ジュエリーといってもピンきり。価格に上限がないのがジュエリーの世界でもありますが、安価な価格からもジュエリーは存在するわけです。それも、ただ安くしたいから、安さを追求したいからという目的ではなく、あくまで相手に結婚後も毎日身に着けられる優れたファッションジュエリーとして楽しんでもらえるアイテムをプレゼントしたかった、という目的で考えれば、非常に有意義な前提となりますよね。

まずは先入観を変えてみることで、より多くの選択肢から選びやすくなります。

既成概念のないジュエリーギフトを選ぼう

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

いわゆる鑑定書クラスダイヤモンドでなければ、10万円を切る形で、素敵なジュエリーをプレゼントすることは十分に可能です。ただそのままジュエリーをプレゼントするのは、プロポーズでなくてもできますし、相手の好きなデザインやアイテム(指輪やネックレスなど)でなければ、最初は使ってくれていたとしても時間の経過と共に、使わなくなってしまい大変勿体無いことです。

EIKA_ダイヤモンドプロポーズ _フラワージュエリー

例えば、EIKAフラワージュエリーコレクションなら、枯れないバラと美しく輝くダイヤモンド素材をセットでプレゼントすることができ、そもそも既成概念のないサプライズな方法でジュエリーをプレゼントすることができます。

正直、この時点では価格なんて関係ない状態で贈ることができます。(バラとダイヤモンドという組み合わせで贈れるため)

ダイヤモンドギフト(ダイヤモンドプロポーズ)と呼ばれるこのギフト方式を活用すれば、相手の指のサイズや好きなジュエリーデザインや指輪やネックレスといったアイテムなど、男性にとってはジュエリー選び最大の難関を全て回避した状態で、プロポーズの瞬間を迎えることができるのです。

EIKAフラワージュエリーコレクションは、後から相手の好きなジュエリーへと初回無料でオーダーメイドすることができるため、オーダーメイドジュエリー体験までの全てを1つでプレゼントできてしまいます。

彼が選んだダイヤモンドに、二人で彼女が形を決める。

そのイベントを挟むことで、ダイヤモンドの価値などといった次元よりも上の次元で嬉しい、深みのあるギフトとなります。

EIKA_プチ
フォーシーズンズコレクション(FJ1011)

予算感や用途に合わせて3つのコレクションを展開しており、中でも贅沢に25石のダイヤモンドで構成されたファッションジュエリーをプレゼントできるフォーシーズンズコレクションであれば、10万円以下で指輪やネックレスのみならず、ピアスやブレスレットといった幅広いジュエリーデザインの中から好きなアイテムを選ぶことができます。

EIKA_FJ1011_リメイク

EIKA製品の全ては2回目以降のリメイクもいつでも何度でも楽しめるのも魅力。

フォーシーズンズコレクションは1万円代からリメイクできるので、ファッションに合わせてジュエリーをリメイクし続けることを楽しんでもらえるという、これまでにはなかったジュエリーライフを叶えます。






このプレゼントでプロポーズした理由も一緒に伝えよう

プロポーズ_ダイヤモンド_指輪

毎日身に着けられるファッションジュエリーをプロポーズプレゼントや婚約記念品としてのギフトでプレゼントされても、嬉しくないわけはありません。

しかし嬉しくても、婚約指輪には明確な価値や大きさを求める価値観の彼女であれば、話は別。

ファッションジュエリーは嬉しいけれど、婚約指輪はしっかりした物を贈って欲しかったと思われてしまっては、本末転倒です。

費用面で婚約指輪を購入することができなかったのであれば、その時がきたら改めてプレゼントしたい!という気持ちを伝えることで、彼の気持ちがより伝わり彼女にとって素敵なプロポーズプレゼントになるはずです。

逆に彼女から、婚約指輪は必要ないと言われてしまったという理由などであれば、どうしても気持ちとしてプレゼントしたかったということを伝えることで、ファッションジュエリーなら普段使いとして楽しめるため無駄になることもありません。

余談ですが、聞かれると高価なものは必要ない!と答えた彼女でも、本心は「婚約指輪が欲しかった」ということもよくありますので、共通の友人などにアドバイスを求めたり、探りを入れてもらうのも良いでしょう。(一生に一度なのですから、それくらいの労力をかけるメリットは十分にあります。)

余裕があればファッションジュエリーでプロポーズをしてから彼女の意向を改めて聞いて別の機会に婚約指輪をプレゼントしても素敵です。

プロポーズは結婚の第一歩。これから人生を歩んでいこうと決めたパートナーだからこそ、無理をする必要はありません。あなたらしいプロポーズで素敵なひと時を叶えていただければ幸いです。

ぜひ参考にしてみて下さいね。



「合わせてオススメしたい記事」



パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>



究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>