ダイヤモンドには4C(カット、カラー、クラリティ、カラット)という品質基準があります。

明確な基準があるからこそ、婚約指輪を選びにジュエリー店に行かれた時にどこまでこだわった方がいいのか疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
品質基準を全て完璧なダイヤモンドを選ぶとなると、小粒のダイヤモンドでも予算がオーバーしてしまい、物凄い金額になってしまう場合もあります。

今回は4Cの中のひとつであるクラリティについて、どこまでこだわるべきかをテーマに考察していきたいと思います。



ダイヤモンドのクラリティとは?

ダイヤモンド_4C


4Cの一つであるクラリティは一言で言うなら「ダイヤモンドの内包物(インクルージョン)」の量の基準です。

内包物はダイヤモンドが生成されていく中で閉じ込められた結晶や不純物のことで天然の証とも言われています。指紋と同じように同じものはひとつとしてありません。

内包物はどんなハイクラスなダイヤモンドにも必ず入っていますが、内包物が多すぎたり大きすぎたりするダイヤモンドは輝きが弱く美しさに欠けてしまいます。
そうなると「ダイヤモンドの傷」と呼ばれてしまいクラリティの評価が下がってしまいます。



その他のダイヤモンドの4Cについて、詳しくはこちら>>
婚約指輪のダイヤモンドは、4Cの何から決めればいいの?



クラリティの評価基準

ダイヤモンド_4C_クラリティ


クラリティの評価基準は内包物の量によって6つのカテゴリーに分けられます。

フローレス(FL)
10倍の倍率でインクルージョン、ブレミッシュがともに見られない。
※ブレミッシュ:研磨済みダイアモンドの表面にみられる結晶の残りや、研磨過程にる欠点を表す外部特徴。

インターナリーフローレス(IF)
10倍の倍率でインクルージョンが見られない。

ベリーベリースライトリーインクルーデッド(VVS1およびVVS2)
インクルージョンが非常にわずかなため、熟練したグレーダーが10倍の倍率で見ても確認が困難

ベリースライトリーインクルーデッド(VS1およびVS2)
10倍の倍率でインクルージョンがなんとか確認できるが、微少と特徴づけられる程度

スライトリーインクルーデッド(SI1およびSI2)
インクルージョンが10倍の倍率で見て確認できる

インクルーデッド(I1、I2、I3)
インクルージョンが10倍の倍率で容易に確認でき、透明度や輝きに影響を与える可能性あり


この内包物の量が多いか少ないかでクラリティグレードは6つのカテゴリーと、さらに細分化された11段階に分けられます。

内包物の少ないものほど希少で、ランク毎に値段が上がっていきます。


ランクが高くても肉眼ではわからない

顕微鏡_ダイヤ_グレード


細かい内容は上記を見ていただくとわかるのですが、実際このランクは驚くほど細かいものになります。

しかもこれは熟練したダイヤモンドグレーダーがホコリひとつない状態の場所で顕微鏡を使い、あらゆる方向から厳密なチェックをして出されるランクです。

ですのでFLクラス〜VSクラスまでは肉眼で見てもほぼ同じに見えます。
SIクラスは目の良い方なら落ち着いてよーく見ると少しわかるかな?といったレベル。Iクラス以下でやっと肉眼で内包物が確認できます。


このようにクラリティはハイクラス同士の違いは肉眼ではほぼわかりません。つまりダイヤの輝きに影響されない程度のランクであれば、FもIFもVVSも一緒に見えてしまうということです。

婚約指輪は身につけるジュエリーです。
鑑定書を見せて歩くものではありませんので、無理に一番いいクラスを選ぶ必要はありません。
もちろんどうしても拘りたい!というのであれば実際に見て判断するのもいいでしょう。




まずは希望の大きさ(ct)から選ぼう

ダイヤモンド_サイズ_0.5カラット


では一番こだわるポイントはどこかというと、まずカラット(ct)だと筆者は考えています。カラットは大きさのことで、これはどんな人でも見れば大きいか小さいかわかるからです。

4C全てが完璧でもカラットが小さすぎてしまえば光る面積が小さすぎてダイヤ本来の美しさを感じにくくなってしまいせっかくのハイクラスでも意味がありません。
それに女性は年齢を重ねる毎に小さいものは身につけにくくなってしまい、0、3ct以下だとリモデルもし難いという欠点があります。

まず希望のカラットを選んでから予算に合わせて他のランクを決めることをおすすめします。


ダイヤモンドのランクはとても細かく分けられていますが、ランクがいいものと身につけたいと感じるものは違います。

ですので必要以上にランクにこだわるより彼女が笑顔になってくれるような婚約指輪をぜひ選んでくださいね。
皆様が最高の婚約指輪を選ぶときの参考にしていただけると幸いです。



「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>


究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>