指輪でサプライズにプロポーズされたい。

プロポーズを検討される方が、婚約指輪をイメージされるのと同様に、女性も指輪でのプロポーズをイメージしています。しかし実際にプロポーズされた女性達の間では、指輪でのプロポーズは避けるべき方法として大多数の意見を占めます。

 

指輪でのプロポーズはあくまでイメージであり、最上の方法ではありません。

だからこそ指輪なしでも指輪以上に嬉しいサプライズプロポーズ方法があるのです。

 


 

二人で決めようが嬉しい

そもそも指輪でプロポーズじゃなくても、プロポーズの際に、二人で指輪のデザインを決めよう。

という言葉があれば、相手は嬉しいものです。

 

婚約指輪は結婚の始まりを告げる指輪なのですから、二人三脚の結婚を踏まえて、婚約指輪から二人でちゃんと決めたいという意向を伝えるのは、相手にも好印象に他なりません。

 

むしろそこまで考えてくれていたんだ!と喜んでくれます。

本来、婚約指輪はプロポーズのアイテムではなく、婚約記念品なのですから。

 

 

サプライズはダイヤモンドだけで充分

婚約指輪-ダイヤモンド-カット-シェイプ-ラウンドブリリアントカット

指輪がないといっても、サプライズさを備えたプロポーズプレゼントは重要なことに変わりはありません。

しかし指輪がないからといって、プロポーズのためだけのプレゼントを用意する必要もありません。

 

主流となりつつある、ダイヤモンドでプロポーズすればOKです。

婚約指輪の主役はダイヤですから、ダイヤモンドだけでのプレゼントでも充分なサプライズになります。

 

ダイヤモンドプロポーズに関する記事はこちら>

 

 

デザインを選べて、2度嬉しい

婚約指輪_結婚指輪_指輪選び

 

ダイヤからプロポーズし、先にご紹介したように、婚約指輪のデザインは二人で楽しく決めようとプレゼンテーションします。非常にスマートに、暖かい想いを感じて頂けるでしょう。

 

さらにダイヤモンドからプロポーズしているので、プレゼントの演出効果がデザイン選びにまで波及します。

ダイヤモンドサプライズ、デザインを選べるという2度の嬉しさがあるからです。

指輪だと、ピークが最初だけですが、工夫は大事ですね。

 

 

彼女も納得、大満足に。

少しの工夫と、先入観からの脱却をするだけで、プロポーズする側もされる側の彼女も納得のいく、大満足なサプライズプロポーズを、指輪なしで叶えることができますね。

 

指輪なしが主流だからといって、高価な他のプレゼントを用意する必要性もありません。

ただでさえ、婚約指輪は高級品なのですから、うまく分散して活用すべきです。

大切なのは、二人とも楽しめる方法だという事なのです。

 

ダイヤモンドプロポーズおすすめ記事はこちら>

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>