婚約指輪(エンゲージリング)といっても、ダイヤモンドが主役のリングなだけにそのクラスや価値、値段は様々です。最低ラインのクラスや費用感はあっても、上限はダイヤモンド次第なので100万から1000万オーバーなど限りなく存在しています。

現代における婚約指輪の平均相場を蓋開けてみると、大体約30万円となっており、婚約指輪といえば30万円くらいが平均的一般的で、それ以上で検討されている方が多いです。もちろんこれはあくまで平均なので、20万円台、10万円台で婚約指輪を選ばれている方もいらっしゃいますが、最低でも20万円台、一般的には30万円台からというのが妥当なラインと言えるでしょう。

そんな中で昨今においては、100万円、1カラットを超えるハイクラスな婚約指輪が人気急上昇中なのをご存知でしょうか?

なぜ今100万円、1カラットを超える高額な婚約指輪が人気を集めているのか、その理由や1カラット以上の婚約指輪がおすすめな理由などについてご紹介したいと思います。


 数字的に分かりやすい高級ラインである。

そもそも1カラットオーバーの婚約指輪は、100万円以上が相場。

なぜ1カラットオーバーの婚約指輪が人気なのかというと、まずこれら数字的に高級なものだと分かりやすいということがあります。

金額には「安い」「一般的」「高級」というイメージ的な金額のラインが存在しています。

例えばボールペンなら100円だと安いライン、100円〜500円だと一般的、そして1000円を超えるものだと高級なイメージといったところでしょうか。その物の種類や相場感によって金額的なイメージは大幅に変わりますが、必ずそういったイメージ的なラインというものが存在しているわけです。

それが婚約指輪指輪となると、30万円未満の婚約指輪は比較的安価なイメージで、30万円〜50万円くらいの婚約指輪なら、一般的で貰ったら嬉しいイメージ。そして100万円を超える婚約指輪なら、高級で誰もが驚くクラスなイメージとなります。

つまりどうせ30〜50万円出すのなら、100万円1カラットの婚約指輪にして、より感動してもらおう!と考える方が多くなってきたんですね。

 永遠の価値であり、宝物だから。

エタニティリング-婚約指輪-結婚指輪

1カラットオーバー、100万円を超える婚約指輪が人気を伸ばしている理由について、何も数字的な魅力やイメージの訴求だけではありません。

そもそも婚約指輪とは婚約記念品。

婚約したことを象徴し、記念して男性から女性へ贈る究極のプレゼントでもあり、女性にとっては人生でも最たる憧れとも言えるプレゼントでもあります。

婚約記念品という特別なシーンには特別なプレゼントである必要性があり、ダイヤモンドという宝石が主役の婚約指輪はまさに最適だというわけです。また価格価値的な側面だけでなく、永遠に輝き続けるというイメージも最適です。

それら理由から婚約指輪は世界中で支持され、もはや伝統的な領域にまで達した婚約指輪の主役であるダイヤモンドなどの宝石は、故意にクラッシュさせない限りは、永遠に消えることのない輝きを保持し続けます。

つまり一般的な消費されて消えていくものと全く異なり、通貨のように持っておけばずっと価値を保ち続けるものなのです。価値が時の経過とともに崩れていってしまうなら、高額な買い物は避けたいイメージですが、経年劣化のない宝石だからこそ、一生物の価値として、より高級なものを選びたい!と考える方が非常に増えてきました。

30代で婚約し、結婚すれば、結婚生活だけでも5、60年。そしてお子様がいらっしゃれば、お子様へと継承していけるのが、婚約指輪です。

そんな時代の流れにおいて輝きを失うことなく、ずっと継承していけるものを選びたい。そう考えて1カラット、100万円オーバーの婚約指輪を選ばれている。というわけです。

 将来の保険として。

婚約指輪_セレブ_芸能人_エンゲージリング_ソリテール_ソリティア_ダイヤモンド

また稀ではありますが、将来の保険として1カラットオーバーの婚約指輪を選ばれる方もいらっしゃいます。

先にご紹介した通り、宝石は経年劣化することなく価値を保持し続けます。(よほどの暴落がない限り)よくビジネスでも通貨ではなく宝石や貴金属などで取引されるケースがありますが、宝石や貴金属は資産でもあります。

ある程度貯蓄があり、高級な資産を選べるならば、1カラット以上の高い価値を持つ婚約指輪を選んでおいて、将来的に最悪の事態があったら、利用できるようにしておこう。と考えるわけです。

海外は分かりませんが、一昔前まではこう考えるのが通例でもありました。

結婚生活4、50年。良い時もあれば悪い時もあります。経済的に余裕がある時もあれば、ない時だってあります。だからこそ余裕がある今のうちに資産としの意味合いをもたせて贈っておき、将来何かあったらそれを担保にしておこう。という考え方です。

非常に現実的であまり考えたくないことかもしれませんが、非常に合理的な考え方だと思います。

高級車は走行距離やモデルチェンジでみるみる内に値下がりしていってしまいますが、宝石や貴金属はそうではありません。むしろ相場が上がることもよくあります。

何より美しいから、贈りたい。

婚約指輪_ダイヤモンド_カラット_0.5カラット_デザイン

金銭的価値や将来の担保としてなど、現実的な見解をされる方以上に多いのが、1カラットを超えるダイヤモンドの婚約指輪がとても美しいという理由です。

平均相場である30万円だと0.3カラットクラスになるのですが、それでもバランスのよい美しいダイヤモンドではあります。

しかしダイヤモンドのカラットとは重量であり、直径ではありません。

これが1カラットを超えると飛躍的に大きくなり、その輝きも美しさの次元を超えます。その人がつけているダイヤモンドリングのカラットは見た目で分からなくても、誰もが1カラットオーバーの婚約指輪を見れば、その美しさに心を奪われるでしょう。

世界で最も愛する特別な女性だから、何よりも美しい婚約指輪を贈りたい。そんな素敵な考え方をされる男性も増えてきているのでしょう。

大抵の方が婚約したり結婚すれば婚約指輪を受け取りますので、そんな方々と差別化を図りたい。より素敵な気持ちを表現したい。というわけです。

 1カラット以上の婚約指輪を贈るなら。

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

いかがでしょうか。

もし予算的に100万円以上をかける事ができるなら、1カラットオーバーの婚約指輪(エンゲージリング)を検討してみてはいかがでしょう。

1カラット以上の婚約指輪など、最高の喜びと美しさをプレゼントできる婚約指輪を贈る方法なら、EIKAフラワージュエリーのエンゲージメントコレクションです。

EIKA_FJEC_大輪ローズボックス

世界最高級の枯れないバラと、婚約指輪専用の美しいダイヤモンドがセットとなり、その究極の組み合わせで感動のプロポーズプレゼントを叶えます。

EIKA_KONYAKUYUBIWA_POST_14514engagementring-original2
婚約指輪_エンゲージリング_ランキング_ブランド_人気_EIKA

さらにエンゲージメントコレクションには、贈ったダイヤモンドをベースにして後から相手の好きな婚約指輪を、無料でオーダーメイドできるサービスが付いているため、究極のサプライズと最適最上な指輪までも叶えることができます。

EIKA_FJEC_カラット比較

予算に合わせて最適最上なダイヤモンドがセレクトされており、1カラットオーバーのダイヤモンドについても、最高クラスのダイヤモンドが用意されています。(予算は20万円代〜1カラットオーバーで100万円から)

そしてダイヤモンドについては全て公式機関(G.I.Aや中央宝石研究所など)が発行する、重厚な宝石鑑定書がつけられ、その価値を永久的に保証します。

EIKA_FJEC_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

荘厳で美しいバラの中心に輝くダイヤモンドで、究極のプロポーズを。

そして優れたオーダーメイドサービスで、相手にぴったりなリングを。

フラワージュエリーエンゲージメントコレクションについて詳しくは、EIKA公式ブランドサイトをご覧ください。





人気が伸びている背景には、必ず確かな理由があります。

婚約指輪選びの理由をしっかりと見極め、より素敵な婚約指輪やプロポーズを叶えていただければ幸いです。






「合わせてオススメしたい記事」



ダイヤモンドでパーフェクトプロポーズを>



究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>