婚約指輪とは一生に一度、

結婚したいと思う女性へ婚約の証、

及びプロポーズのプレゼントとして贈られる特別なプレゼントであり、記念品。

 

通常のプレゼントとは違い、冠婚葬祭的にカテゴリーされやすいものでもあるので、

しっかりした物をしっかりした形で贈る必要性があります。

 

それらを踏まえて大きな指標となるのが、予算感。

つまりどんな金額、予算で婚約指輪を贈るか。ということです。

 

婚約指輪といえば、給料の3ヶ月分。などと、

様々な説やイメージが錯綜している現在ではありますが、

今回の記事では月収帯毎に考える、最適な婚約の予算や、

最適な婚約指輪のクラスなどについてご紹介したいと思います。

 

これから婚約指輪の購入を検討されている方は、

ぜひご参考ください。

 


 

 

 まず平均的な予算を知ろう。

 

婚約指輪_価格

 

それぞれの人によって月収や年収は異なりますし、

貯金額などもかなり異なってくるかと思います。

 

各月収帯や資産状況における詳しい婚約指輪の最適予算などについては、

後ほど詳しくご紹介しますが、まずは婚約指輪における平均予算。

つまり相場感を知っておきましょう。

 

現在(2015年)における婚約指輪の平均相場は、約30万円となっています。

これは全国で結婚された方の平均値です。

 

つまり多くの方が婚約指輪の予算を30万円ほどと考えており、

約給料の1ヶ月分ほどで検討される方が多い印象というわけです。

 

ここから分かることは、

婚約指輪を検討するにあたっての最低予算は大体30万円から検討する。

ということです。

 

もちろん必須ではなく、20万円台から検討することもできますが、

おすすめの最低予算は約30万円。という認識で大丈夫でしょう。

 

 

 

予算よりもダイヤモンドクラスを重視

 

ダイヤモンド

 

婚約指輪の平均予算は30万円なわけですが、

婚約指輪購入(選び)において大切なのはダイヤモンドのクラスです。

 

 

婚約指輪_ダイヤモンド

 

婚約指輪はダイヤモンド選びと言われるように、

他のリングとは異なりダイヤモンドが主役のリング。

 

つまり価値あるダイヤモンドを贈って、

身につける手段が婚約指輪でもあるわけです。

 

婚約指輪はどんな予算感にするかも大切ですが、

市場相場感において適切以上のダイヤモンドクラスであることや、

そもそも予算に合わせて最適なダイヤモンドであるか。

という事が大切になってきます。

 

簡単に言ってしまえば、

予算30万円と40万円の方がいたとして、

購入する場所やブランドなどが違えば、ダイヤモンドクラスが同等だったり、

逆転してしまう。ということもよくあり得るわけです。

 

予算に対して、最適なダイヤモンドクラスが設定されているか。

そのダイヤモンドは贈りたい婚約指輪においてふさわしいクラスか。

しっかりと見極めるようにしましょう。

 

 

 

 最適なダイヤモンドクラスとは?

 

婚約指輪-カラット-エンゲージリング-1カラット

 

婚約指輪選びはダイヤモンド選びであることは、既にご紹介しましたが、

どんなダイヤモンドクラスが最適なクラスかについてもご紹介しておきます。

 

婚約指輪の全国平均相場(平均予算)である約30万円に対して、

最適なダイヤモンドクラスとは、0.3カラットとなります。

 

つまり婚約指輪としてふさわしい平均的な婚約指輪とは、

予算30万円に関わらず、0.3カラットのダイヤモンドということとなります。

 

ただ気をつけておきたいのは、

ダイヤモンドはカラットだけでその価値が決まらないということ。

これを利用して悪質なお店とかだと、カラット以外のクラスが粗悪なものを、

あたかも素晴らしいダイヤモンドとして販売しているケースもあるほどです。

 

ダイヤモンド_4C

 

 

 

ダイヤモンドの価値には4Cと呼ばれる国際的な基準が定められています。

その基準とは4つで、

 

・カラット(CARAT):大きさ(重量)

・クラリティ(CLARITY):透明度

・カラー(COLOR):色味

・カット(CUT):研磨

 

の4つです。

つまりより大きく、無色透明で、美しいカットが施されたダイヤモンドであればあるほど、

そのダイヤモンドの価値は高くなるわけです。

 

これを知らずに、ただ0.3カラットだけで選んでしまうと、

黄色味がかった美しくないカットが施されたダイヤモンドである可能性があります。

 

必ずダイヤモンド選びは、下記を条件として選びましょう。

 

・カラット:0.3カラット以上(0.2からでも良い)

・クラリティ:SIクラス以上(肉眼で内包物が確認できない下限クラス)

・カラー:Hクラス以上(肉眼で無色な下限クラス)

・カット:GOOD以上(良い研磨とされる下限クラス)

 

上記を条件とすれば問題ないでしょう。

ただしカラット増減によって最適最上なクラスとは異なります。

 

0.3カラットを例えとするならば、

 

・クラリティ:VSクラス以上

・カラー:F以上

・カット:VERYGOOD以上

 

がおすすめクラスです。

0.3カラットよりカラットが高くなると、価値と価格の調整が起こりますので、

カラット以外の部分を下げたり上げたりして調整されます。

 

ただ基本的には上記でご説明した下限クラス以上で選べば、問題ありません。

 

 

 

 月収毎に最適な婚約指輪予算

 

EIKA_FJEC_カラット比較

 

少し前置きが長くなりましたが、続いては、本題です。

各月収毎におすすめな婚約指輪の予算についてです。

 

各月収帯ベースにしてありますが、それぞれ最低予算としてのおすすめです。

あとは貯金だったりと個別の事情に合わせて選ぶと良いでしょう。

 

【月収20万〜25万の方】

・婚約指輪予算:20万円以上

・ダイヤモンドのカラット:0.2カラット〜

 

【月収25万〜35万の方】

・婚約指輪予算:30万円以上

・ダイヤモンドのカラット:0.3カラット以上

 

【月収35万〜40万の方】

・婚約指輪予算:35万以上

・ダイヤモンドのカラット:0.3カラット以上でカラット以外にこだわる。

 

【月収40万〜50万の方】

・婚約指輪予算:40万以上

・ダイヤモンドのカラット:0.4カラット以上

 

 

【月収50万〜60万の方】

・婚約指輪予算:50万以上

・ダイヤモンドのカラット:0.5カラット以上

 

 

【月収60万〜70万の方】

・婚約指輪予算:60万以上

・ダイヤモンドのカラット:0.6カラット以上

 

 

【月収70万〜100万の方】

・婚約指輪予算:70万以上

・ダイヤモンドのカラット:0.7カラット以上

 

 

【月収100万以上の方】

・婚約指輪予算:100万以上

・ダイヤモンドのカラット:1カラット以上

 

 

基本的な各月収帯毎の予算感やダイヤモンドクラスがこのようになります。

お察しの通り、予算10万アップ毎に0.1カラットアップが、最適価格で、

良い買い物ができた。という指標になります。

 

上記を1つの判断材料として頂き、

あとは各クラスにこだわったり、イメージや想いに合わせて、

うまく調整すると良いでしょう。

 

 

 

 最適価格で婚約指輪を贈るなら。

 

EIKA_FJEC_大輪ローズボックス

 

月収帯や貯金額、想いなどによって婚約指輪の予算は変動しますが、

いずれにしても共通しているのは、予算に対して最適なダイヤモンドクラスであり、

相手にも納得してもらえるイメージの良いものを贈ること。

 

最適な予算感かつ最上のダイヤモンドで、

相手の好きを叶える婚約指輪を贈るなら、

EIKAフラワージュエリーのエンゲージメントコレクションです。

 

 

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

 

世界最高級のバラと婚約指輪専用のダイヤモンドが融合し、

その究極の組み合わせによって、プロポーズなどのプレゼントシーンにおいても、

最高にサプライズな演出を叶える特別なコレクション。

 

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

 

 

バラは枯れないようにプリザーブド化されており、

EIKAの高級ジュエリーケースに収められているため、

開いた瞬間の喜びはもちろん、贈った後も枯れずに楽しむことができます。

 

EIKA_FJEC_鑑定書

 

 

バラ中心に輝くダイヤモンドは、

全て世界流通から選び抜かれた最高のダイヤモンドのみ。

公式機関が発行する重厚な鑑定書もつけられます。

また予算に合わせて最適かつ最上なダイヤモンドがセレクトされているのも魅力です。

 

 

 

 

EIKA_KONYAKUYUBIWA_POST_14514engagementring-original2

 

婚約指輪_エンゲージリング_ランキング_ブランド_人気_EIKA

 

さらにエンゲージメントコレクションには、

贈った後に相手の好きな婚約指輪を無料でオーダーメイドできるサービスが付いており、

まさに相手にぴったりな婚約指輪までも叶えることができるわけです。

 

1つのプレゼントで2度嬉しいサプライズに、

きっと喜んでいただけるでしょう。

 

フラワージュエリーエンゲージメントコレクションについて、

詳しくはEIKA公式ブランドサイトをご覧ください。

 

> EIKA公式ブランドサイト・エンゲージメントコレクション詳細

 

 

 


 

 

婚約指輪選びにおいて、どうしても先行してしまいがちなのが、

予算だけにフォーカスしてしまうこと。

 

もちろん予算感は大切ですが、

最も大切なのは予算に対して最適なダイヤモンドクラスであり、

婚約指輪にふさわしいクラスのダイヤモンドであるかです。

 

また、婚約指輪を贈ることにおいて大切なのは、

贈る側の方の想いをいかに素敵にプレゼンテーションできるか。

 

 

ぜひ最高のプロポーズと婚約指輪を叶えて、

お二人にとって生涯の思い出となる日を築いていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

 

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>
究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>