プロポーズや婚約記念品として必須な贈り物(プレゼント)とも言える婚約指輪(エンゲージリング)。

婚約指輪は女性にとって不変の憧れでもある指輪であり、いつか愛する男性からダイヤモンドの輝くリングを・・と夢に描いている女性がほとんどであり、そんな女性が感動してくれる最高のプレゼントが婚約指輪なわけですね。

ただ婚約指輪といってもブランドやメーカー、デザインやクラスに至るまで、その数は無数にあるわけで、選びづらいというのも悩みとして感じられます。

贈る方法も様々ですが、昨今にわかに多くなってきているケースが、既に持っているダイヤモンドを持ち込みでリングにして贈る。という方法。

お母様や祖母から受け継いだダイヤモンドを婚約指輪に、と考えるケースも珍しくありません。

そこで今回の記事では、既に持っているダイヤモンドを、持ち込みで婚約指輪にするおすすめの方法などについてご紹介したいと思います。


ストーリー性も抜群の持ち込みダイヤ。

ダイヤモンド_ダイヤモンドプロポーズ

既に持っているダイヤモンドがどのような経路であなたの手に渡ったのでしょうか?大抵の場合はお母様や祖母など家族親族から受け継いだものではないかと思います。

そういった場合、これから家族になろうとしている女性にプロポーズの贈り物として渡そうとしているのですから、意味合い的にもストーリー性は抜群に良いですし、家宝的なものを受け取った女性も感動してくれることでしょう。

また逆に相手の女性の方で、同様にお母様や祖母から受け継いだダイヤモンドを持っておられるケースもあるでしょう。

その多くはリングやネックレスなど、宝飾品として完成品になっている場合も多いかと思いますが、それらをリメイクやリフォームして婚約指輪にモデルチェンジしたいという方も多いというわけです。

時を超えて受け継ぐものは縁起が良いですし、心温まるプレゼントとなるでしょう。

受け継いだダイヤ、婚約指輪で渡さなくてもよい。

婚約-ネックレス-ダイヤモンド

受け継いだダイヤモンドの活用法としては、何も婚約指輪だけに絞る必要性はありません。

むしろ最近では、結婚記念日のプレゼントとして活用する方が増えてきています。

これは少々現実的なお話になってしまいますが、最近では離婚率が高くなってきている傾向にあるため、ある程度結婚生活が落ち着いてきたタイミングで。と考える方が増えてきた印象です。

少しネガティブなお話が先行してしまいましたが、結婚記念日に受け継いだダイヤモンドをリングやネックレスなどへ活用するのは、とても優れた方法だとは思います。

結婚前はお互い他人。結婚後は家族。

恋人期間中のようなイベントはどんどんと少なくなってきてしまい、特別なプレゼントを贈るシーンも若干少なくなってきます。そういった中で結婚記念日とは非常に秀逸で素敵な機会ですから、婚約指輪としてではなく、結婚記念日に妻への感謝のプレゼントとして、受け継いだダイヤモンドをリングやネックレスなどへ活用するのも一つの良い方法と言えるでしょう。

 そのままよりも、リメイク・リフォームを。

婚約指輪_エンゲージリング_ブランド_サービス_刻印

先にもご紹介しましたが、受け継いだダイヤモンドは、ダイヤモンド単品でない場合が多いです。

リングやネックレスなど完成品としてセットされているケースがほとんどでしょう。

もちろん、それをそのままプレゼントするのも良いですが、やはり世代をまたいでいるため、若干古くさかったり、今の流行にはそぐわない印象のデザインが多かったりします。

ジュエリーは身につけて初めてその価値が披露されるものですから、同じプレゼントするなら相手の女性が常に身につけてワクワクするようなものにしてあげましょう。

その方法としては、リメイクやリフォームという方法です。

日本国内のジュエリー関連会社なら、大抵はこのサービスを提供しています。

つまりダイヤモンドを素材としてもういちど戻し、改めてそのダイヤモンドをベースにして相手の好きなネックレスやリングなどのデザインを叶える、というオーダーメイドの方法です。

指輪だったものをネックレスにしたり、シンプルな指輪を新しい華やかなデザインの指輪など、その選択肢は無限ですから相手のイメージに合わせて、好きな形を作り込むことができます。

しかし最近ではクラシックな印象のあるデザインが人気を再燃させており、そのまま贈る。という方法でも良いとは思います。

これは相手の価値観やその物の状態に合わせて最適なプランを検討しましょう。

そのまま贈る場合でも、せめてクリーニングにだして、新品同様に輝きを戻してあげましょう。

形を変えるなら、ダイヤモンドプロポーズという選択肢

婚約指輪-エンゲージリング-プロポーズ-デザイン

実際、受け継いだダイヤモンドを活用してプロポーズを行う場合、以下の方法でプロポーズされる事が予測されます。

  1. 受け継いだダイヤモンドでプロポーズを行い、その後ダイヤモンドを持ち込む
  2. ダイヤモンド以外でプロポーズを行い、その後相手と一緒に受け継いだダイヤモンドを持ち込む
  3. 受け継いだダイヤモンドをリメイクし、新しいデザインの指輪でプロポーズを行う



基本的には相手が心から喜んでくれる方法であれば問題ありませんが、サプライズプロポーズを検討している場合に多く見られる3の場合、相手の好きなデザインやサイズを内緒でリサーチするのはかなりのリスクを伴いますので注意が必要です。

形を変えてプロポーズしたいなら、ダイヤモンドプロポーズという方法を活用してみましょう。

ダイヤモンドプロポーズとは、婚約指輪の主役がダイヤモンドであることを活かして、ダイヤモンドのみでプロポーズし、あとから相手の好きな婚約指輪をオーダーメイドするというプロポーズプレゼントです。

この方法であれば、最高のプロポーズと理想の婚約指輪の両方を素敵に叶えることができます。


1や2はプロポーズする相手に好きなデザインの婚約指輪にしてほしい、クラシックなデザインが彼女の好みにマッチしていると言った理由から、持ち込みダイヤモンドでダイヤモンドプロポーズする方法も素敵ではありますが、プロポーズ(婚約)という瞬間には新鮮で新しいダイヤモンドでのプロポーズが女性にとってはより良い印象になる場合もあります。

受け継いだダイヤモンドをプレゼントする場合、

  • ダイヤモンドプロポーズなど新しい贈り物に形をかえてプレゼントする
  • 受け継がれたダイヤモンドは婚約指輪ではなく、今後の結婚記念日などのプレゼントなどにする



この考え方が最もおすすめな方法といえます。

 華やかなダイヤモンドプロポーズを叶えるなら。

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

華やかなダイヤモンドプロポーズを叶えたいなら、枯れないバラとダイヤモンドが融合したEIKAフラワージュエリーのエンゲージメントコレクションがオススメです。

EIKA_FJEC_大輪ローズボックス

世界最高級のバラと、婚約指輪専用のダイヤモンドが融合し、その究極の組み合わせで最高にサプライズなプロポーズやプレゼントを叶えます。

EIKA_FJEC_カラット比較

ダイヤモンドは予算に合わせて様々なクラスが設定されており、全て公式機関の鑑定書がつく最高品質のダイヤモンドのみが採用されています。

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

ラグジュアリーブランドEIKAの高級ジュエリーケースを開けば、美しいバラと輝くダイヤモンド。きっと感動のプロポーズを叶えるでしょう。

EIKA_FJEC_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク
EIKA_KONYAKUYUBIWA_POST_14514engagementring-original2

さらにエンゲージメントコレクションには、無料で相手の好きな婚約指輪をオーダーメイドできるサービスが付いており、1度で2度うれしい仕掛けが施されています。







EIKA_リメイク

また、受け継がれた(持ち込み)ダイヤモンドを使用してフラワージュエリー・エンゲージメントコレクションをオーダーすることができます。(※リメイクサービス付き)

お持ちのダイヤモンドがフラワージュエリーにオーダーできるかどうか簡単に調べることも可能です。







宝石とは親から子、子から孫へと、受け継がれていく家代々の宝物という考え方が本来の意味でもあります。

受け継がれたダイヤモンドでプロポーズを検討している方の参考になれば幸いです。



「合わせてオススメしたい記事」



ダイヤモンドでパーフェクトプロポーズを>



究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>