婚約指輪(エンゲージリング)といっても様々なクラス、種類、デザインのものがありますが、

多くの方がまず悩まれる要素として、ブランドがあります。

 

婚約指輪のブランドは国内外に無数に存在しており、それぞれによって特色や価格帯やイメージが異なるためです。

しかしほとんどの方が初めての婚約指輪選びなため、どのようなブランドが最適なのかを判断するのは困難なもの。

 

いずれにしても大切なのは、相手の方が貰って嬉しいブランドであるかどうかです。

そこで今回の記事では、婚約指輪ブランドの選び方や、相手がもらって嬉しい婚約指輪のブランドについてご紹介をさせて頂きます。

 


 

 

相手がファンなブランドはあるか?

 

ブランド_カルティエ_マリッジリング_結婚指輪

 

まず婚約指輪のブランド選びにおいて最初にチェックすべきこと。それは、相手の方がファンであるブランドの有無についてです。

相手が欲しいと思っている、憧れているブランドがあれば、そのブランドから選ぶのも一つの手です。

 

日頃からファッション等において好んで購入し、身につけているブランドがあれば、そのブランドのファンであることが大半。

彼女が好きなブランドをチェックするのは、敢えて相手に聞かなくても分かりやすいものです。

 

ただここで言うブランドとは、世界的に著名なハイブランドである傾向になります。

なぜなら、ファッションから宝飾まで幅広く取り扱っているブランド=高級志向で有名なブランド。というイメージになるからです。

 

相手の好きなブランドが必ずしも婚約指輪などのジュエリーを展開しているとは限りませんので、

その場合はこの方法を活用するのは難しいでしょう。

 

また気をつけておきたいのは、指輪のブランドとして彼女が欲しいかどうかです。

ファッションで好きなブランド=ジュエリーで好きなブランドとはならないケースも多いですね。

 

例えばルイヴィトンやシャネルなど、世界中の女性を虜にしているハイブランドがありますが、

婚約指輪などのジュエリーであれば、別のブランドが良いと分けて考えている女性は多いんですね。

せっかく指輪を貰えるなら、あっちのブランドが良かった。なんてなってしまっては本末転倒ですので、気をつけましょう。

 

例えば前述のブランドが好きな女性だったとしても、

指輪などのジュエリーについては、宝飾をメインとして展開しているブランドを好む方も多いです。

例えばブルガリやハリーウィンストン、カルティエなどがその代表格と言えるでしょう。

 

バッグはここ。ファッションはここ。雑貨ならここ。

そしてジュエリーなら、ここ。と用途に合わせて好きなブランドを組み合わせる方が多いことを知っておきましょう。

 

 

予算に合わせて、婚約指輪ブランドを選ぶ。

 

婚約指輪_ダイヤモンド

 

相手の趣味趣向を叶えたい。と考えるのは当然ですが、婚約指輪のブランドといってもピンキリです。

そもそも出せる予算についてある程度上限がある方が大半かと思いますが、

相手の趣味にかなうブランドが余りにも高級なブランドで、予算にあわなければ意味がありません。

 

例えばハイジュエリー専門のブランドとして著名なハリーウィンストンやカルティエ、ブルガリなどになれば、

平均的な予算はかなり上がってきます。相手がそのブランドに対して憧れを抱いていて、予算的に問題がなければ選べますが、

実際問題としてそうで無い場合は、検討内容に含めない方が良いでしょう。

上を見てしまうとキリがありませんし、何より迷いの連鎖というスパイラルに陥ってしまいます。

 

また高級ブランドであればあるほど、比較対象にされやすかったり、

その中でも安めのものを選びづらくなってしまいます。

 

確かに誰もが知る高級ブランドの指輪は女性にとって憧れのものかもしれませんが、

そこはお二人の関係ですので、それ以外のブランドだったとしても理解して頂けるでしょうし、喜んで頂けるでしょう。

 

 

ダイヤモンドが、ブランドを理解する。

 

 

そもそも婚約指輪のブランドについて本質を理解する必要性もあります。

婚約指輪(エンゲージリング)とは、ダイヤモンドなど価値のある宝石が主役のリングのことを基本的にさします。

 

つまり価値のあるダイヤモンドを婚約記念品として贈り、それを婚約の証として身につけ、

生涯の宝物とするのが婚約指輪の本質。

 

知名度やイメージでのブランドという見方はありますが、

そもそも婚約指輪のブランド力とはダイヤモンドという宝石自体にあるものです。

 

人気のあるブランドではなく、しっかりとしたダイヤモンドである。

ことがその物の価値であり、相手の喜びに直結するものとして考えると良いでしょう。

 

簡単に言ってしまえば、婚約指輪のブランドとはダイヤモンドにあり、

優れたダイヤモンドを保証して提供している宝飾店・メーカーが優良なブランドである。という考え方になります。

 

そのブランドの熱狂的なファンであることを除いては、

例えば先にご紹介した誰もが知る高級ブランドで0.3カラットの婚約指輪を贈るよりも、

名は知られていないけれど、美しい0.5カラットの婚約指輪を贈った方が良いわけです。

結局はダイヤモンドの実力となります。

 

多くの女性が婚約指輪を貰ったら、周囲の方がまず聞くのは、何カラット?

となるのはそれが理由ですね。

 

婚約指輪のブランド選び=優秀なダイヤモンド選び。

そう考えて選ぶとよりスムーズでしょう。

 

 

ダイヤモンド選び優先で、コスパ最高に。

 

婚約指輪-エンゲージリング-ダイヤモンド

 

ブランドの高級なイメージや認知力から選んでしまうと、予算も高額になりがちですが、

ダイヤモンドという素材選びかた検討すると、コストパフォーマンスも飛躍的に増加します。

折角同じくらいの価値なら、コスパよく最良の品を手配した方が良いに決まっています。

 

ケチる必要性はありませんが、賢く購入することで、

例えばプロポーズの演出や場所にかける費用などもさらに充実化できますね。

 

国内にも無数の婚約指輪ブランド(ジュエリーブランド)が存在していますが、

下記を基準にして探せばまず問題ないでしょう。

 

「ダイヤモンド」

0.3カラット以上で、無色透明で良いカットが施されているダイヤモンドに限定。

(カラー:Hクラス以上、クラリティ:SIクラス以上、カット:GOOD以上限定)

 

「価格」

0.3カラットで30万円、以降0.1カラットアップ毎に、10万円のアップ。

 

上記のダイヤモンドクラスは、全国でも最も人気なダイヤモンドクラスであり、平均相場となっています。

また価格については、最適な価格で購入できた場合の相場です。

上記を基準にしてブランド選びをすれば、必然と選択肢も狭まり、選びやすくなりますね。

 

高級ブランドになれば、そもそも0.3カラットあたりのリングがなかったり、

費用感も20%アップ以上になってきます。

 

重要なのは、必ず商品に公式鑑定機関(G.I.Aや中央宝石研究所等)が発行する鑑定書が付けられていることを確認しましょう。

 

 

デザインはどうする?オーダーメイドが最強。

 

ジュエリーデザイン

 

では上記条件や考え方を武器にして、お二人にとって最適な婚約指輪のブランドを探されるわけですが、

クラス以外にも厄介なのがデザインについてです。こればかりは答えは本人のみが知る部分なため、非常に悩ましいところ。

 

上記条件に合うブランドは様々にありますが、

いずれも数多くの指輪デザインを提供はしているでしょう。

しかしデザインの幅が豊かであることが最良であるとは限りません。

 

筆者は年間1000件以上の婚約指輪や結婚指輪に関する商談をさせて頂いておりますが、

実際に女性の方が好みなデザインについて答えがないケースが大半だったりします。

 

理由は明確で、ブライダルリングをほとんどの方が初めて見る機会であるからです。

理想やイメージはあったけれど、実際に並べられたら答えが分からなくなってしまった。という女性が大半です。

 

初めてばかりのことで、広大な選択肢をいきなり与えられてしまっては、ただ悩むだけです。

悩みに悩んで時間だけが経過してしまい、本来ワクワクするはずだった指輪のデザイン選びが、苦痛になってしまった。というケースも多いですね。

 

そうならないためにもおすすめで人気な方法が、

婚約指輪をオーダーメイドで叶える。という方法です。

 

実際に現代においては、多くの方が指輪をオーダーメイドで作る傾向にあります。

オーダーメイドであれば自分のイメージに合わせて1つずつデザインをこしらえていくため、

選択肢から選ぶよりもワクワクしながら進めていくことができます。そして何より1点物のリングは愛着が湧きます。

費用感についても、既製品の婚約指輪を購入するのと、オーダーメイドで婚約指輪を作るのとでは、大差はありません。

またオーダーメイドにすることで、結婚指輪との相性や重ね付けを想定したデザインなども美しく決まります。

 

婚約指輪は、オーダーメイドを得意とするブランドで選ぶことをおすすめします。

 

 

オーダーメイドを素敵に贈る。

 

ジュエリーデザイン

 

オーダーメイドリングは非常に良い手段であはありますが、

物が最初から手にできるわけではないため、プロポーズプレゼントとして機能させることができません。

しかしオーダーメイドの婚約指輪を素敵にプロポーズからスタートする方法があります。

 

最高のプロポーズと婚約指輪を叶えるなら、

EIKAフラワージュエリーのエンゲージメントコレクションが人気でおすすめです。

 

 

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

 

世界最高級のバラと婚約指輪専用のダイヤモンドが融合。

その究極の組みあわせによって、感動のサプライズプロポーズを慣行することができます。

先ほどもご紹介した通り、婚約指輪主役であり、憧れのダイヤモンドでサプライズにプロポーズできます。

 

 

EIKA_FJEC_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

EIKA_KONYAKUYUBIWA_POST_14514engagementring-original2

 

 

さらにエンゲージメントコレクションでは、

贈られたダイヤモンドをベースにして、後からお相手の方の好きな婚約指輪を無料でオーダーメイドできるサービスが付いており、

1つのプレゼントで全てを叶えることができます。バラはプリザーブド化されているため、ボックスのまま枯れることなく、飾っておくことができます。

 

 

主役のダイヤモンドやローズ、そしてパッケージ等に至るまで、

全てラグジュアリーブランドEIKAの高級素材のみが使用されているのも魅力的なポイントです。

もちろん鑑定書付です。

 

フラワージュエリーエンゲージメントコレクションについて詳しくは、

EIKA公式ブランドサイトをご覧ください。

 

> EIKA公式ブランドサイト・フラワージュエリーについて詳しく

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>