婚約指輪(エンゲージリング)といっても様々なものがあり、値段や価値もピンキリです。

無数に存在する婚約指輪から1つの指輪を選ぶにあたっては、

まず多くの方が婚約指輪のブランドから探されることとなるでしょう。

 

婚約指輪のブランドといっても、基本的にはジュエリーブランドとなります。

いわゆる宝飾品を専門的に扱っている店舗やメーカーといったイメージになります。

 

一部の宝飾店(ジュエリーブランド)では、

婚約指輪や結婚指輪などブライダルリングと呼ばれる指輪を専門的に扱っていたりもします。

 

いずれにしても指輪を購入する男性にとっても、

指輪を受け取る女性にとっても大切なのは、そのブランドが良いイメージかどうか。

もしくは商品やサービスが良いイメージをもたらすものかどうかが重要になってきます。

 

今回の記事ではイメージの良い婚約指輪ブランドや、

イメージが良い形で贈ることができる婚約指輪ブランドで、

最高のプロポーズを叶える方法についてご紹介したいと思います。

 


 

 

 

 高級なイメージ=良いイメージ?

 

婚約指輪_ダイヤモンド

 

まず良いイメージの婚約指輪ブランドとはどういったブランドになるのでしょうか。

多くの方がそこで高級なイメージのブランド=良いイメージ。と考えるかと思いますが、

それは正確には間違いでもあります。

 

もちろん高級なイメージがあるブランドで、その認知力が高いブランドであれば、

誰に贈ってもある程度のイメージは担保できます。

 

しかしどんなことにもいえますが、高くて良いのは当然。

良いイメージというのは、その物自体の質が高いかどうかによって決まります。

 

つまり高級ブランドの婚約指輪を購入しても、

そのブランドの中で比較的下のラインにあたる指輪だったりすれば、

それはかえってマイナスなイメージになることもあるわけです。

 

 

 

婚約指輪とは、ジュエリー。

ダイヤモンドという宝石が主役であり、価値ある宝石を贈って身につける手段でもあります。

 

そもそもダイヤモンドとはブランドによって価値が決まるのではなく、

世界共通で定められているグレーティングシステムによって決まりますので、

高級ブランドで買えば良いダイヤモンドというわけではなく、

あくまで高級ブランドは価値が最高級のものだけを選んでいる。というイメージになります。

 

高級ブランドになればブランドフィーと呼ばれる費用などもかさんできますので、

一般的な国内ブランドよりも高いのに、ダイヤモンドの価値は同等・下という現象もおこります。

 

高級なイメージだけを先行せず、

その婚約指輪自体の価値がいかなるものか。そのブランドがどれくらい努力しているかで判断しましょう。

 

 

 ダイヤモンドの保証と、最適価格。

 

婚約指輪-エンゲージリング-1カラット-ダイヤモンド

 

とはいえ一生に一度であり、最初で最後の購入でもある婚約指輪において、

良いイメージのブランドか、良いイメージを与える商品かを見極めるのは難しいかと思います。

 

そこで判断基準にしていただきたいのが、

その指輪に使われているダイヤモンドの質とクラスが保証されているかどうかと、

その婚約指輪ブランドが最適価格でより豊富な選択肢を与えてくれるかどうかについてです。

 

 

EIKA_FJEC_鑑定書

 

ダイヤモンドの保証については、

写真のようなブランドではなく公式鑑定機関が発行する鑑定書が付けられているかが重要です。

ダイヤモンドの価値は世界共通のグレーティングシステムである4Cによって決まります。

これはどのブランドも共通です。

 

ダイヤモンド_4C

 

 

4Cとは、

 

・カラット(CARAT / 重量)

・カラー(COLOR / 色味)

・クラリティ(CLARITY / 透明度)

・カット(CUT / カット・研磨)

 

という4つのCのこと。

簡単に言ってしまえば、より大きく・無色透明で、良いカットが施されていれば良いわけです。

 

このグレーティングシステムによってダイヤモンドの価値が決まり、取引価格も決まります。

ブランド(メーカー)はそこから仕入れ、自社の利益や製作費等を加算して販売するわけです。

 

つまり例えば婚約指輪の平均相場である30万円で考えた場合、

高級ブランドではなかなか選択肢が限られるもしくは皆無となってきますが、

一般的な国内ブランドでは、より豊富な選択肢を用意することができます。

 

国内ブランドで30万円で購入したダイヤモンドリングが、

海外高級ブランドでは50万以上で販売されていることもよくある話ですね。

 

どこを優先的にするかは各人次第ではありますが、

ダイヤモンド自体がブランドな宝飾品においては、

なるべく最適価格でより豊富な選択肢を得られる方がおすすめですね。

 

 

優れたサービスで、良いイメージを。

 

ダイヤモンド_原石_カット_ラウンド

 

高級なブランド、一般的なブランド、安さを売りにするブランド。

ブランドにも様々なものがありますが、大切なのは外枠のイメージではなく、

その物自体の価値がもたらすイメージと、大事なのは優れたサービスにあります。

 

この点は国内ブランドは非常に良いイメージがあります。

現代においては、ほとんどの場合、女性が自分の好きな婚約指輪を選びたいと思っています。

これはゼクシィなどのマーケティングデータでも明らかです。

 

つまりプロポーズは指輪以外で行い、

後から二人もしくは彼女の好きな婚約指輪のデザインを選んでもらう。

という方法が最も一般的で支持されている方法なのです。

 

婚約指輪_エンゲージリング_ブランド_サービス_刻印

 

そこで昨今スタンダードともなってきているのが、

婚約指輪ブランドによるリングのオーダーメイドサービス。

つまり既製品ではなく、ご自身にぴったりで好みな形を0から作りましょう。というサービスです。

 

ありふれたものではなく、自分だけの指輪になるわけですから、

非常に優れたサービスであり、良いイメージの婚約指輪となります。

 

国内のブランドでは特にこのオーダーメイドサービスが盛んであり、

彼女にぴったりな一品を叶えたいと、多くの男性からも支持を集めています。

 

既製品をただ販売する婚約指輪のブランドよりも、

こういったフルコーディネートサービスを安心の価格でサービスしてくれる婚約指輪ブランドは、

今最も人気でイメージの優れたブランドと言えるでしょう。

 

 

 プロポーズから全てを演出する。

 

プロポーズ_旅行_海外_サプライズ

 

物に対するイメージは先行的なものはありつつも、

結局はその物に対する想いがいかに強いものであるかによってきます。

 

そういった点においても、婚約指輪をオーダーメイドで叶える方法は優れた手段であり、

それらをしっかりと提供している婚約指輪のブランドであればイメージも最高です。

 

しかしオーダーメイドにすることで1つだけ難点があります。

それはプロポーズで贈ることができなくなってしまうことです。

オーダーメイドが良いとは思っていても敬遠してしまう方の理由はこれです。

 

ダイヤモンド

 

しなしながら、プロポーズからオーダーメイドまでを素敵に演出する方法があります。

その方法がダイヤモンドプロポーズと呼ばれる方法です。

 

先にご紹介した通り、婚約指輪の主役がダイヤモンドであることを活かし、

ダイヤモンドのみでプロポーズをして、あとからそのダイヤモンドをベースに、

彼女の好きな婚約指輪をオーダーメイドで叶えるという方法です。

 

この方法の優れた点は、

なんといってもプロポーズ時の演出が非常に優れていること。

憧れのダイヤモンドでプロポーズできるだけでなく、

あとからオーダーメイドできる。というポイントが非常にサプライズな演出となるからです。

 

現在こういったダイヤモンドでプロポーズしたり、

仮止めのリング(プロポーズリング)でプロポーズできるサービスなどが、

様々なブランドや店舗から展開されています。

 

次の項目ではダイヤモンドプロポーズにおいて最も人気でサプライズな商品をご紹介します。

 

 

華やかなダイヤモンドプロポーズなら

 

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

 

ダイヤモンドのみでプロポーズしたり、

仮止めのプロポーズ専用リングでプロポーズする方法は数多くありますが、

いずれも華やかさやインパクト、イメージに欠けます。

 

最高に華やかで素敵なイメージを叶えることができるダイヤモンドプロポーズなら、

EIKAフラワージュエリーのエンゲージメントコレクションです。

 

EIKA_FJEC_大輪ローズボックス

 

世界最高級のバラと婚約指輪専用のダイヤモンドがセットとなり、

究極の組み合わせでプロポーズに感動のサプライズをもたらします。

 

ラグジュアリーブランドEIKAの高級ジュエリーケースを開けば、

目の前に広がる華やかで美しいバラ。そしてバラ中心には輝くダイヤモンド。

 

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

 

 

バラには南米エクアドル産の最高級ローズ品種が使用されており、

さらにプリザーブド化されているため、枯れることなく保存ができてしまいます。

 

さらにエンゲージメントコレクションでは、

中心に輝くダイヤモンドをベースにして、

彼女の好きな婚約指輪を無料でオーダーメイドできるサービスが付いているため、

まさに最高のプロポーズから婚約指輪までの全てを叶えることができます。

 

1度で2度うれしいサプライズと、

究極の組み合わせとサービスによって、良いイメージを強くのこします。

 

これからプロポーズされる。

婚約指輪のブランドや指輪を探される方は、

ぜひ一度ご参考ください。

 

ダイヤモンドには全て公式機関が発行する鑑定書が付けられるだけでなく、

全てが最高品質のダイヤモンドのみが採用されており、最適価格に設計されています。

 

フラワージュエリーについて詳しくは、EIKA公式ブランドサイトをご覧ください。

 

 

> EIKA公式ブランドサイト・エンゲージメントコレクション詳細

 

 


 

 

 

イメージの良いブランドと悪いブランド。

イメージの良い婚約指輪とそうではない指輪。

 

それは指輪自体の価値や洗練さ、そしてブランドのサービスなどをトータルに検討する必要があります。

ぜひ素敵な婚約指輪ブランドで、最高の指輪を叶えていただければ幸いです。

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>