婚約指輪(エンゲージリング)とは、婚約記念品やプロポーズプレゼントとして贈られ、

婚約の証しとして相手の方が左手の薬指にはめる指輪のことです。

 

しかしこれは入り口のお話。

ダイヤモンドなど価値の高い宝石が主役であることが通例である婚約指輪は、

女性にとって憧れであり、生涯の宝物として持ち続ける指輪でもあります。

 

だからこそ婚約指輪はその場凌ぎのデザイン、その時の好みだけに合わせて選ぶのではなく、

ずっと愛用していくためにどのようなデザインを選ぶか。どのようなクラスで贈るかが重要です。

意外とこの点に気づかずに選ばれる方は多く、後から後悔してしまったなんて声も沢山お聞きします。

男性からしてもせっかく贈った高価な婚約指輪ですから、ずっと愛用して欲しいですよね。

 

そこで今回の記事では、ずっと愛用することを前提として、

どのような婚約指輪を選べば良いかについてご紹介をしたいと思います。

 


 

 

 流行に流されすぎない。

 

婚約指輪_ダイヤモンド

 

筆者が常にお客様へ最初へお伝えしていること。それは、流行に流されすぎないということです。

今流行とされる婚約指輪のデザインだけに的を絞って選んでしまうのは、後の後悔に最も繋がりやすいケースだからです。

 

ファッションの流行というのはめまぐるしいすビードで動きます。

今年流行っていたデザインやブランドのファッションアイテムが、1年後には古くさいというイメージになっていることは非常に多いものです。

これは指輪などジュエリー・アクセサリーにも言えることなんですね。

結局のところジュエリーもアクセサリーも身につけるものですから、ファッションアイテムなわけです。

 

今こんなデザインが流行っているから、これにする。確かにそのセレクトは間違ってはいません。

しかし一生共にするリングである以上、年を重ねてもそれが最適なデザインかどうかについては別問題となります。

 

次の項目でもご紹介しますが、デザインというものには基本があり、その基本こそが最も重要な検討材料。

基本を知り、そこからアレンジやイメージを膨らませていくことが最良の手段と言えるでしょう。

 

 

アクセサリーではなく、ジュエリーとして検討。

 

婚約指輪-ダイヤモンド-カット-シェイプ-ペアシェイプ-マーキス-婚約指輪

 

普段身につけるカジュアルなアクセサリーなどであれば、その時の流行に合わせて、買い換えていきます。

しかし高価なジュエリーはそういうわけにはいきません。

 

婚約指輪は基本的に高価なジュエリー商材。

アクセサリーとしてではなく、ジュエリーとして考えましょう。

 

最近の流行として、ファッションアクセサリーやファッションジュエリー(コスチュームジュエリー)については、

かなり華奢でシンプルなデザインが人気の傾向にあります。

 

そこで多くの方が最初に考えるのは、それらに合わせた華奢でシンプルなリングからの検討です。

しかしジュエリーは大人の装身具。アクセサリーなどとは違い、価値のあるものを身にまとって大人の振るまいをする手助けをする。という目的があります。

 

日常のものではなく、特別なイベント(例えば結婚式やフォーマルなパーティーなど)において、

大人の装いをするために、ジュエリーは何にも代えがたい強力な味方となります。

 

太めのリングなどにする必要性はありませんが、

ジュエリーとして最低限価値が視認できる贅沢さは必要不可欠だと考えておきましょう。

 

最近は様々なアクセサリーブランドなどがブライダルリングに参入してきており、

アクセサリーのように身にまとえるエンゲージリングの販売を行っています。

それらは可愛らしいものではありますが、ジュエリーとして目的が少し変わってきてしまいます。

好みや価値感に合わせてですが、こういった前提も踏まえておくと良いでしょう。

 

 

アクセサリーというのは流行が移り変わりやすいもの。

ジュエリー・特にエンゲージリング(婚約指輪)やマリッジリング(結婚指輪)は不変の価値です。不変の価値にそぐうデザインを選べば選ぶほど、

ずっと愛用していく上でも重宝するデザインとなるでしょう。

 

20代。30代は良くても、そのデザインが40代、50代になっても身につけられるか。

ここを重点的に考えると良いでしょう。

 

 

 クラシック。基本を、知る。

 

婚約指輪_ダイヤモンド

 

婚約指輪選びで最もおすすめなのは、常にスタンダードとされる婚約指輪のクラシカルな基本デザインから選ぶという方法。

婚約指輪には基本となるデザインが存在しています。

 

1. ソリティアリング(ソリテール)

 

婚約指輪_ソリテール_EC1019

まず婚約指輪として皆さんが思い浮かぶデザインです。

フランス語で一つだけ。という意味を持った最もシンプルな婚約指輪デザインであり、

時代を超えて常に支持されているデザインです。

 

2. ウェーブリング

 

婚約指輪_ウェーブ_EC1010

 

アーム本体が曲線を描いたもの全てをウェーブリングと呼びます。

曲線の描き方によって様々なアレンジや好みに合わせることができるだけでなく、

指をしなやかに細く魅せてくれるデザインとしても愛用されています。

 

3. サイドストーンリング

 

婚約指輪_サイドストーン_EC1028

 

主役のダイヤモンドの両サイドや片側などに小さめのダイヤモンドをアクセント的にセットするリングの総称です。

全体のアクセントが増すだけでなく、好みに合わせて輝きのアレンジをすることができます。

現代においては良いところ取りなサイドストーンリングは最も人気なデザインと言えるでしょう。

 

4. エタニティリング 

 

婚約指輪_エタニティ_EC1001

 

リングの半周もしくは全周全てにダイヤモンドをセットし、指へ身につけると、ダイヤモンドの輝きで満たされるデザインです。

婚約指輪として最も贅沢なデザインとされており、憧れの対象です。永遠を意味しています。

 

EIKA_EC_理想のリングへリメイク

 

 

実はこれら4つのデザインが婚約指輪の基本デザインとされており、

これらからのアレンジによってほぼ全ての婚約指輪を創出することができます。

 

無数にある婚約指輪は、これらクラシカルな基本デザインからまずは方向性を決めると良いでしょう。

クラシカルかつシンプルな前提となるデザインを選ぶことの特典は他にもあります。

 

婚約指輪_エンゲージリング_ダイヤモンド

 

 

それはシンプルにこだわることで、ダイヤモンドを最大限に際立たせることができ、

なおかつ今後好きなアクセサリーリングやファッションジュエリーを手にした時にも組合せやすいことです。

 

生涯を共にする婚約指輪はシンプルにして、

ずっと愛用したりアレンジして楽しみ続けられるデザインを選びましょう。

 

 

 婚約指輪をダイヤモンドから贈る。

 

婚約指輪_ダイヤモンド_4C_カラット

 

婚約指輪の選び方についてご紹介をさせて頂きましたが、

もちろんこれらはあくまでプロとしての視点であり、大切なのはそれぞれが最も納得するデザインを選ぶことです。

しかし、婚約指輪は男性から女性へプロポーズなどサプライズにプレゼントしたいもの。

相手に選んでもらう場合では、サプライズを慣行するのが困難にもなってきます。

 

そこでおすすめしたいのは、ダイヤモンドを贈ってプロポーズを行う方法。

つまり、ダイヤモンドプロポーズという手段です。

 

婚約指輪_エンゲージリング_ダイヤモンド

 

 

そもそも婚約指輪とはダイヤモンドが主役のリングですから、

主役かつ憧れのダイヤモンドのみでプロポーズを行い、

後からそのダイヤモンドをベースにして相手に好きな婚約指輪をオーダーメイドしてもらう方法です。

 

この方法によってサプライズに最高のプロポーズプレゼントを叶えることができるだけでなく、

相手に選択肢が残してあるという配慮がとても喜ばれます。

またサイズや好みのデザインも確実に最適なもので叶えることができるでしょう。

これからプロポーズや婚約指輪選びをされる男性の方は、ぜひ検討してみてくださいね。

 

 

 

 最高のダイヤモンドプロポーズなら。

 

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

 

最高のダイヤモンドプロポーズを叶えるなら、

EIKAフラワージュエリーのエンゲージメントコレクションです。

 

世界最高級のバラと婚約指輪に相応しいクラスのダイヤモンドがセットとなり、

その究極の組みあわせによって、サプライズプロポーズを叶える代物です。

 

EIKA_FJEC_大輪ローズボックス

 

 

バラの名産地として名高い南米エクアドル産の最高級ローズが採用され、

EIKAの最高級ジュエリーケースへとおさめられているだけでなく、プリザーブド化しているため、

生花の質感から枯れることがありません。

 

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

 

EIKA_FJEC_鑑定書

 

バラ中心にセットされているダイヤモンドは着脱可能な仕様となっており、

全て世界流通から選び抜かれた最高品質のダイヤモンドのみが採用されています。

公式鑑定機関が発行する鑑定書も付けられます。

 

EIKA_FJEC_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

 

EIKA_KONYAKUYUBIWA_POST_14514engagementring-original2

 

 

さらにフラワージュエリーエンゲージメントコレクションには、

贈られたダイヤモンドをベースにして、後から相手のすきな婚約指輪を無料でオーダーメイドできるサービスが付けられているため、

1つのプレゼントで全てを叶えることができます。

 

オーダーメイドは先にご紹介した基本デザインはもちろん、

セミオーダーからフルオーダーまで全て対応しているため、追加費用なく確実に相手の好みな婚約指輪を叶えることができます。

 

ローズボックスはプロポーズの思い出に。

そしてダイヤモンドは相手にとって最上の婚約指輪に。

 

フラワージュエリーエンゲージメントコレクションについて詳しくは、

EIKA公式ブランドサイトをご覧ください、

 

>EIKAフラワージュエリー・エンゲージメントコレクション詳細はこちら

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>