ファッションなどにもブランドがあるように、婚約指輪にもブランドがあります。

ブランドとは、その商品の信頼性や価値(イメージ)を保証するものです。

 

基本的にブランドを名乗るという事は、それらを保証する事が前提となっていますが、

ブランドといってもピンキリで存在しているのが実情です。

 

婚約指輪のブランドと一重に言っても、国内外合わせれば無数にブランドは存在しており、

自分にとって最高のブランドをゼロから見つけるのは難しいように思います。

 

そこで、本ページでは、

 

婚約指輪のブランドって一体何なのか?

 

という疑問にお応えしたいと思います。

 


 

 

婚約指輪は、ジュエリーブランドで。

ダイヤモンド_婚約指輪_妻_贈り物_バラ_花束_フラワージュエリー_サプライズ_夫婦_プロポーズ_ダイヤモンドリング

 

婚約指輪のブランド=ジュエリー(宝飾)ブランド

 

となります。

 

婚約指輪とは貴金属と宝石で構成される、ジュエリーを代表する商品カテゴリーだからです。

 

ジュエリー(宝飾)を専門としていないブランドでも、

派生ブランドとしてジュエリー部門を抱えており、婚約指輪を展開しているケースも多々あります。

 

しかし、比較的価値の高い婚約指輪(エンゲージリング)。

ぜひともジュエリーを専門的に扱う、ジュエリーブランドで選ぶ事をおすすめします。

 

なぜかと言うと、ジュエリー専門ブランドには下記のような理由があるからです。

 

 

・宝石に対する知識や技術を専門的に扱っているため、クオリティが高い。

・専門的に展開しているため、様々なケーススタディ(実績)を持っている。

・内部に工場を持っている場合が多いため、サービスも優れている。

・ジュエリーを専門的にしているため、婚約指輪に対する対外的なイメージが良い。

 

宝石とは、流通からその商品の生産に至るまで、超専門的な分野です。

 

例えば車のメーカーが、インテリアブランドを展開していたとして、

引っ越しの際に優れたインテリアを探すのであれば、

やはりインテリアを専門的に展開しているメーカーから探し始めるかと思います。それと同様の概念です。

 

主に専門分野が宝飾(ジュエリー)以外にあるブランドやメーカーは、専門的な分野以外について、

あくまでブランドネームやイメージを作るだけで、実際の商品は別のメーカーが作っているケースがほとんどです。

 

実際に見てみたい方は、セブンイレブンへ行ってみてください。

歯ブラシや、歯磨き粉、ティッシュに至るまで、今では陳列されている商品のほとんどにセブンイレブンのロゴが入っています。

 

それらのブランド名は、セブンイレブンですが、実際の商品はそれぞれ専門的なメーカーが作っているのです。

 

 

 

専門的なブランドで選ぶ、大切な理由。

 

 

とはいえ、結局手に出来る商品は一緒なのだから、

別に専門的なブランドでもいいじゃないかと思われるかもしれません。

 

ここには大きな落とし穴がある場合があります。

ティッシュなど日用品ならいいですが、婚約指輪などのジュエリーはずっと持ち続けるものです。

 

宝飾(ジュエリー)を専門的に展開しているブランドやメーカーには、

独自の実績を積み重ねた、優れたノウハウがあります。

 

例えば不意に婚約指輪が壊れてしまった場合、

宝飾を専門的に展開しているブランドやメーカーであれば、基本的に直せないという事はありませんし、

専門ブランドならではの、手厚いアフターサービスなどが受けられます。

 

専門的なブランド以外だと、同じ修理やメンテナンスでも、

お客様は購入したブランドへ商品を持って行き、そこからさらに実際に作ったメーカーへと渡る事になります。

 

こうなると、時間やお金が無駄にかかってしまうケースも考えられるのです。

 

基本的に一生のお付き合いをする婚約指輪(エンゲージリング)

それに婚約指輪はただの買い物ではなく、大切なヒトへの贈り物でもあります。

 

ならば、宝飾(ジュエリー)を専門的に展開しているブランドやメーカーで選び、

その後の保証や安心、そしてイメージをしっかりと伝えてあげた方が良いでしょう。

 

 

ジュエリーブランドにも、様々ある

EIKA_婚約指輪_エンゲージリング_エンゲージ_彼女_悩み_シンプル_デザイン_ダイヤモンド_華やか

 

ジュエリー専門ブランドにも、多種多様なブランドが存在しており、

そのクラスやランクなどもピンキリです。

 

名だたるハイジュエリーブランドもあれば、国内で著名なブランド、独自の方向性を持つブランドなど様々です。

各ブランドによって何をメインしているかが異なります。

 

例えば、

 

・高級感を優先している

・安心感を優先している

・独自のデザイン性を優先している

・お得感を優先している

 

など各ブランドによって様々です。

婚約指輪のブランド選びとは、ご自身がどのような目的を持っているか。で選びましょう。

高級感を求めるなら、相手の欲しいブランドなら、その意向は様々かと思います。

 

 

 

高級感を優先しているブランド

EIKA_FJEC_サイドストーンデザイン

 

高級感を優先しているブランドとは、

誰もが知っているようなハイブランド等が、まず思いつくと思います。

 

高級感を優先。と書いた事には理由があります。

 

なぜなら婚約指輪とは基本的に、

貴金属であるプラチナと、宝石であるダイヤモンドの2つの素材で構成されているからです。

 

プラチナも宝石であるダイヤモンドも、世界共通でそのグレード(クラス)が決められているので、

ブランドによって相違があるわけではありません。

 

名だたるブランドでも、国内のブランドや小さなショップだったとしても、

同じクラスのダイヤモンドと貴金属であるプラチナを使用した商品であれば、価値的には一緒になるからです。

 

高級感を優先するという事は、イメージでの差別化を図っているかどうかの違いなのです。

ハイブランドであれば、

 


 

 

カルティエ (Cartier)

 

フランスのジュエリー、時計の高級ブランド。

 

 

ハリー・ウィンストン(Harry Winston)

 

アメリカ・ニューヨークに本店を構える宝石商。

 

 

ヴァンクリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)

 

 

フランス・パリに本店を構える、ジュエリー、時計、香水を扱う高級ブランド。

 

 

ブルガリ(BULGARI)

 

イタリア・ローマで創業した、高級宝飾ブランド。

 

 


 

 

 

などがハイジュエリーとして著名であり、他にも様々な高級宝飾専門ブランドがあります。

これらブランドは婚約指輪のブランドとしても著名であり、価格もぐんと上がります。

 

とにかく高級で分かりやすさを選びたいのなら、おすすめしたいラインです。

 

しかし、前述の通りブランドフィーと呼ばれる価格が高いため、

同じクラスの婚約指輪だったとしても、国内の婚約指輪(ジュエリー)ブランドであれば、もっと賢い買い物ができます。

 

そのため最近では、

 

1. ハイブランドである程度品定め

2. 国内の婚約指輪(ジュエリー)ブランドなどで、同等の商品を購入

 

という流れも増えてきています。

理由は、先述の通り、婚約指輪の価値とはダイヤモンドのクラスで決まる事によります。

 

 

婚約指輪の専門ブランドも

 

ブランドの中には、婚約指輪や結婚指輪、いわゆるブライダルリングを専門とするブランドもあります。

これらはブランドというよりは、店舗(ショップブランド)というイメージです。

 

婚約指輪もジュエリーなので、ジュエリーブランドに違いはないのですが、

通常婚約指輪以外のファッションジュエリーなど多様な商品を展開するブランドが多い中で、

こういった専門ブランドは、婚約指輪と結婚指輪の2つをさらに専門的に扱っているブランドです。

 

専門性を高める事で、コストも安くなり、他社と比べて安価に購入する事ができる場合が多いです。

 

 

ファクトリー系ブランド

婚約指輪-エンゲージリング-オーダーメイド

日本国内においても、ブランドは多種多様にあります。

しかし、宝飾を生産する工場は別で、限りがあります。

 

そのため、婚約指輪専門ブランドだったとしても、結局他社工場で生産しているケースが非常に多いです。

結果、最近ではファクトリーブランドが人気を集めています。

 

ならば、婚約指輪を作っているところに直接頼む方がいいじゃないか

というニーズからです。

 

これに伴って、工場が自身でブランドを立ち上げ、

良質でコストパフォーマンスの高いサービスと商品を届けるようになってきました。

 

 

 

 婚約指輪のブランド選びは、目的を決めてから

 

婚約指輪のブランド

 

ジュエリー(宝飾)ブランドといっても、様々なのをご理解頂けたでしょうか。

大切なのは、購入されるご自身の目的や想いを、しっかりと決める事です。

 

お相手の方の欲しいブランドが分かっていれば、そのブランドから検討する事も良いでしょう。

特に分かっていなければ、ご予算や贈る時に感じて欲しい目的を決めてみましょう。

 

感じて欲しい目的とは、

 

・高級感を感じて欲しい。

・とにかく想いを素直に感じて欲しい。

・高価なのは無理だけど、頑張った事を感じて欲しい。

 

など様々です。

婚約指輪ブランドによって、同じクラスの婚約指輪でも、価格には雲泥の差が産まれます。

 

 

何を目的として、何がご自身や贈る相手にとって、最も優れた買い物なのか。

ぜひ一度ご検討頂き、素敵な婚約指輪ブランド、婚約指輪を見つけて頂ければ幸いです。

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>