婚約指輪と聞くと、プロポーズでプレゼントするシーンを想像しがちですが、実はそれ間違いだって知っていますか??

婚約指輪はプロポーズ用のプレゼントではなく、婚約記念品なのです。


プロポーズプレゼントじゃない?!

プロポーズ_プレゼント_失敗

婚約指輪がプロポーズプレゼントではない?!と聞いて想像とは異なったり、びっくりされる方もいらっしゃると思います。無理もありません。ジュエリーブランドや宝石店の広告や映画やドラマは未だにプロポーズで婚約指輪を差し出すシーンを放映したり広告で打ち出したりしていますから、イメージについてしまうのもしょうがないと思います。

しかしこれ間違いです。
そもそもプロポーズとは提案段階。そこにおけるプレゼントはまだ婚約が決まっていない中での提案プレゼントになります。

プロポーズで相手にOKをもらって初めて、婚約が成立します。
そこで登場するのが、婚約記念品です。そして婚約指輪は婚約記念品です。
つまりプロポーズでプレゼントするのは、正しい方法ではないのです。

プロポーズプレゼントには向いてない

プロポーズ-失敗-サプライズ

とはいえイメージがそうならプロポーズで婚約指輪をプレゼントしてもいいのでは?と思われるかもしれません。

しかし婚約指輪はプロポーズプレゼントには全くもって向いていない商品なのです。

理由は明確です。


・サイズは本人が計測しないと分からない
・失敗した時の金銭的損失が大きすぎる
・好みのデザインも本人が見ないと分からない



上記以外にもありますが、上記だけでも理由は十分ですね。
プロポーズはサプライズであるべきものなのは当然ですが、プレゼントもまたサプライズが前提となるものです。

その時、婚約指輪はあまりにもリスクが高すぎる商品であり、プロポーズでプレゼントするメリットは双方にないわけです。

決して無理に勢いで贈ることはやめましょう。

提案に相応しいサプライズプレゼントを

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

では指輪以外にどんなプロポーズプレゼントが最適なのでしょうか。この点も明確です。

プロポーズに最も相応しいプレゼントは、ダイヤモンドプロポーズです。
他の記事でも詳しく書いてますので、詳しくはそちらを参照して頂ければと思いますが、婚約指輪の主役はあくまでダイヤモンドなので、その主役素材たるダイヤモンドのみでプロポーズプレゼントすれば、サイズやデザインを気にせずにサプライズをすることができます。

また提案のタイミングなので、素材状態であることはとっても大きな意味を持ちますし、相手にも伝わりやすく、より素敵なプロポーズプレゼントとなるでしょう。

ダイヤモンドプロポーズに関する記事はこちら>

婚約指輪はプロポーズのプレゼントではなく、婚約記念品。
この前提をしっかりと認識して選べば、より素敵な失敗のないプロポーズやプレゼントを叶えることができるでしょう。

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>