プロポーズする人気のタイミングといえば、2人が付き合った記念日や記念月にプロポーズするという方法です。

他人から恋人へ、そして恋人から夫婦へ。

2人が恋人になった特別な記念日はまさに最上のプロポーズのチャンスとも言えるでしょう。今回はそんなプロポーズにぴったりなタイミングである一年記念に彼女へプロポーズするための具体的な進め方と人気の秘密をご紹介します。


一年の記念にプロポーズが人気の理由

1週年_記念日_1年目

二人が付き合った記念日にプロポーズが人気な理由は、当然のごとくその日が二人にとって特別な日だからです。

結婚とは基本的に、知り合い期間(友人期間)、恋人期間(彼氏彼女)を経て、婚約し、そして結婚。という流れになります。言ってしまえば、二人が付き合った記念日こそ、二人にとって結婚における本当の始まりでもあります。

二人が他人から恋人になったという特別な出来事は、彼氏にとっても彼女にとっても非常に思い入れの深い日でしょう。そんな日に合わせて永遠の愛を告白するプロポーズをすれば、それだけで素敵な演出になりますし、何より相手に感動してもらえるでしょう。

また、最近では婚活アプリなどで最初から結婚を意識(前提)として彼女とお付き合いしている、という方も増加しています。特に付き合う時点で結婚を意識している場合、これからの人生を共に歩んでいけるかどうかを時間をかけて築いていくわけです。

彼女のことを見ているからこそ、ある程度の期間でプロポーズも視野に入り、その結果プロポーズのタイミングとして”一年目の付き合った記念日”はぴったりのタイミングになります。

一年記念プロポーズのコンセプトを決めよう!

プロポーズ


プロポーズをする場合、彼女とその日をどう過ごしたいのかをイメージして見ましょう。

自宅や旅行先でリラックスムードで彼女へプロポーズや、レストランや夜景スポットと言ったような華やかでロマンチックムードの中で感動プロポーズを彼女にプロポーズしたいか、でプロポーズ計画の方向性が明確になります。

多くの方はレストランといったような華やかな場所でプロポーズする・される、というイメージを持たれている方もおられるかとは思いますが、最近ではリラックスムードで二人きりの中でプロポーズしたい・されたいという方も増えてきています。

彼がやりたいプロポーズを叶えてもよし、彼女の理想プロポーズを叶えるもよし、当然のことかもしれませんが、まずはどんなプロポーズを叶えたいのか?というコンセプトから決めていきましょう。


一年記念らしいプロポーズを叶える具体的な方法

プロポーズ_サプライズ

クリスマスや誕生日などのイベントでなく2人の付き合った記念日プロポーズを計画するなら、一年記念らしいプロポーズに挑戦してみましょう。

  1. プロポーズは記念日当日に
  2. 一年記念日のデートをまずは思いっきり楽しもう
  3. 2人にとって特別な場所に行く
  4. 一年記念を選んだ理由をプロポーズの言葉に盛り込む


このような方法であれば一年記念らしいプロポーズを叶えることができるのではないでしょうか。ここからさらに具体的にご紹介していきましょう。

1、プロポーズは記念日当日に

記念日プロポーズで重要なのは、記念日の当日にプロポーズを行うことです。

当日に行うことが、大きな意味とメッセージ性を持ちます。その日が記念日を楽しむ何かだという認識が相手にあれば良いわけです。ぜひ記念日にサプライズプロポーズを検討される際は、可能な限り当日のプロポーズを計画してみましょう。

どうしても二人の都合などで難しい場合は、7日前後であれば問題ないと思います。例えば直近の土日祝日に記念日デートとして設定すれば良いでしょう。

2、一年記念日のデートをまずは思いっきり楽しもう

付き合って初めて迎える彼女との記念日。まずは彼女との一年記念のデートを思う存分楽しみましょう。

プロポーズをしたいという気持ちばかり先走ってしまったり、緊張のあまり怖い顔になってしまったりなど、プロポーズ計画を遂行するためばかりに集中してしまうと、その態度をみた彼女が不機嫌になってしまったり、何かしようとしてるのかな?と感づかれてしまう可能性も出てくるでしょう。

3、2人にとって特別な場所に行く

二人が恋人期間中に作った、出会った思い出の場所でプロポーズするのも良いでしょう。より付き合った記念日にプロポーズすることに意味がうまれ、演出効果も高く、相手に素敵なメッセージを伝えることができます。

  • 初めて特別なデートをした場所
  • 特別なディナーをした場所
  • 旅行に行った場所
  • 遊びに行った場所・・・


いろいろあるかと思います。

その中でも特に思い入れの強い場所でプロポーズすると良いでしょう。そうすればその場所は恋人同士の思い出の場所から、結婚後も思い出の場所としてストーリーを刻んでいきます。

4、一年記念を選んだ理由をプロポーズの言葉に盛り込む

記念日のプロポーズは、ぜひ記念日ならではの言葉で行うと良いでしょう。さらに心が伝わるプロポーズとなります。プロポーズの言葉を選びやすいのもメリットです。

今日で、付き合って○年目。これからは結婚記念日として数えていきたいです。結婚してください。

といった言葉などがおすすめ。記念日は彼女にとっても特別な日。その日にしっかりとプロポーズされることは、とても嬉しいことです。


サプライズを演出する!記念日プロポーズにぴったりのプレゼントなら

サプライズ_プロポーズ_婚約指輪_予算

また記念日に限ったことではありませんが、プロポーズのプレゼントにも工夫を入れてみましょう。

プロポーズプレゼント=婚約指輪。
多くの方がプロポーズに贈るプレゼントでイメージされるのがダイヤモンドが美しく輝く婚約指輪です。

婚約指輪の役割とは、価値あるプレゼント(婚約記念品)を贈る事で婚約という目には見えない約束を確かなものにする為の婚約の証です。婚約指輪の必要性について様々言われていますが、現在においても婚約指輪はプロポーズに最も人気なプレゼントです。

しかし、せっかく完璧なプロポーズを計画していたとしても、指輪でプロポーズをしてサイズやデザインを失敗しては本末転倒です。

サプライズ演出としてもおすすめしたい、ダイヤモンドでプロポーズする方法をご紹介します。

EIKA_フラワージュエリー_エンゲージメント_婚約指輪_プロポーズプレゼント_ダイヤモンドプロポーズ

婚約指輪の主役を担うダイヤモンドのみでプロポーズし、その素材を元に彼女と二人で婚約指輪のデザインを叶えるという方法。

ノーリスクなのはもちろんですが、二人で歩む結婚を象徴する婚約指輪ですから、二人で形を決める前提があることは、とても素晴らしいメッセージになりますよ。

さらには、完成した指輪で完璧な指輪でサプライズもできてしまいますから、一石三鳥。

指輪でプロポーズに彼女が憧れているなら、なおさらダイヤモンドプロポーズすべきです。

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー


南米エクアドル産最高級ローズ(プリザード)と婚約指輪の主役であるダイヤモンドが融合したEIKAフラワージュエリー エンゲージメントコレクションであれば、自宅でもレストランでもどんな場所でもサプライズ感を演出できます。
そして初回無料で相手の理想の婚約指輪を叶える事ができる”リメイク体験”がプレゼントされている為、指のサイズやデザインが分からなくてもサプライズプロポーズを叶える事も可能です。







”指輪”ではなく”ダイヤモンド”という、想像を超えたプレゼントを彼女に贈った時、今までにプレゼントしたことのないサプライズや感動の瞬間を演出できるのではないでしょうか?


贈ったことのないプレゼント、一年記念だからこそできるプロポーズ方法で素敵なプロポーズを叶えてみてくださいね。




「合わせてオススメしたい記事」



パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>



究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>