今、婚約指輪の相場や値段・予算は、お給料の何ヶ月分なんですか?
そんなご質問を時々いただきますが、実際にはどうなのでしょうか?
正しい婚約指輪の相場について最新の動向を解説します。


そもそもお給料の何ヶ月分なんて相場は存在しない。

婚約指輪_価格

そもそも婚約指輪の最適な予算、実際の相場について、お給料という単位は存在しません。故に、お給料の何ヶ月分という相場はそもそも存在しませんから、そのような概念は捨てて大丈夫です。

元々、お給料というのは、人それぞれ大なり小なり変わりますよね。月収20万円の方もいれば、月収100万の方もいれば、月収1000万の方もいらっしゃるわけで、そもそもお給料というのは何の物差しにもなりません。

それにお給料を軸に婚約指輪を検討すること。すなわちは実質的な価値と最適性関係なく、お金の価値だけで購入するものを検討するのは、前提的に適切ではありません。

ひとそれぞれに最適な商品、婚約指輪というものは当然ながら変わります。例えばお給料がとても高い方でも、その分高い婚約指輪が最適かといえば違います。

高ければ高いほど良いとはならない。

婚約指輪-ショップ-お店-宝石店

そもそも高い婚約指輪になればなるほど、高ければ高いほど婚約指輪は良いかというとそういうものではありません。

もちろん、婚約指輪の値段が高くなるほど、ダイヤモンドのカラットや価値は高いものが入手できます。しかしお二人にとって、お相手の方にとって、どんなものが最適なのかは値段の大きさだけでは決まりません。

余りにも大きいダイヤモンドの婚約指輪をもらっても、相手が大きすぎてもうちょっと普段も使いやすいものを望んでいれば最適な婚約指輪とはなりません。

もちろん逆も存在します。
いくら相場に見合った婚約指輪で選んだとしても、彼女がもっと大きなカラットのものや贅沢なものを婚約指輪に対する理想として持っているケースもあります。

大切なのは、相手がどのような婚約指輪だと喜ぶか。どんな価値でどんな見た目のものが喜ばれるのか。それを軸にすることが大切です。

ただ高いものをプレゼントするのは誰にだってできます。
大切なのは、自分にとって最適だと思えるものを相手がちゃんと見極めてくれたという気持ちであり、それを感じてもらうことが最優先事項です。

平均予算は、約30万円。

結婚指輪_婚約指輪_重ね付け_エンゲージリング_マリッジリング

では実際に具体的な最新の婚約指輪の相場については、約30万円です。
これはしばらく特に変わっていません。

筆者がご相談頂くお客様も、30万円〜50万円あたりのご予算が最も多いです。

婚約指輪_エンゲージリング_ソリテール_ソリティア_着用_ダイヤモンドリング


実はこれ、30万円で検討しているわけではありません。
婚約指輪というのは、ダイヤモンドが主役。写真のようにです。
価値が高く、一石で輝きの主張性が高い婚約指輪を婚約記念品として贈り身につけて保有し続け、そして継承していけるのが婚約指輪です。

つまり主役のダイヤモンドがこれらの機能を果たさなくては婚約指輪として意味がなくなります。その上で大切なのは、美しく0.3カラット以上あること。

0.3カラットを下回ると主張性が一気に少なくなるため、婚約指輪のダイヤモンドは、0.3カラット以上がデザイン面でも機能面でも必須です。

0.3カラットの最適価格は約30万円ほど。
つまり、0.3カラット以上で検討される方がほとんどのため、結果として予算が30万円〜が平均値になっています。

0.3カラット以上で、予算は30万円程度から。
これが現在における適切な相場であり、婚約指輪の基本予算となります。

EIKA_婚約指輪_エンゲージリング_箱_パッケージ


EIKAなら、20万円台から最上級の選択肢の入手が可能であり、さらに贅沢なデザインも統一で提供する世界初のサービスを展開しているため、理想のデザインを叶えやすくなっています。

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

またプロポーズであれば、ダイヤモンドから行うべきですので、そのあたりもお忘れなく。

EIKAダイヤモンドプロポーズページ>

お給料の三ヶ月分。そんな言葉が概念としてあったのは、世界大手ジュエラーによるCMのキャッチコピーからです。

元々そんな相場は本質的に存在しませんので、ご安心ください。二人にとって最適な婚約指輪、彼女が最も喜ぶ婚約指輪を叶えることに集中しましょう。

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>