何事にも先入観や誤解、勘違いはあるものです。
そしてそれは婚約指輪も例外ではありません。婚約指輪は誤解されているケースも多く、誤解勘違いを持ったまま検討してしまうと後悔に繋がりやすいです。

婚約指輪で起こりがちな勘違いたちの代表例をご紹介したいと思います。


結婚指輪とは別物である

婚約指輪_結婚指輪_エンゲージリング_マリッジリング_違い_デザイン

よく婚約指輪と結婚指輪を混同されているケースがありますが、婚約指輪と結婚指輪は全く違う指輪です。

婚約指輪は、婚約記念品で結婚指輪はペアリングです。

婚約指輪は結婚することが決まったことを祝して贈られる婚約記念品として価値の高い宝石をまとったファインジュエリーとしてのダイヤモンドリングが通例的です。あくまでプレゼントという形なので、結婚指輪と違い、生涯持ち続け継承していくに相応しい価値の伴ったジュエリーであることが前提となります。

対して結婚指輪は、結婚の誓いを二人で身につけるペアリング。あくまで誓約を表現した指輪なので、シンプルな貴金属のみのデザインであることが通例です。小さなダイヤモンドを散りばめるデザインも人気ですが、あくまでデザイン用なので、宝石に対して鑑定書などはつけられません。婚約指輪が贈り物なのに対し、結婚指輪は二人でわかつものなんですね。

そのため、例えば結婚指輪があるので、婚約指輪はいらないというのは勘違いです。逆も同じです。ただもちろん絶対的ルールではありません。婚約指輪も結婚指輪も持たないという選択肢もあります。が、やはり何か象徴する物がないと、気持ちも締まらないというのが現実です。

2つとも持つことのメリットのほうが高いといえるでしょう。

婚約指輪は身に着けなくなる?

結婚指輪_婚約指輪_重ね付け_エンゲージリング_マリッジリング

最も多い勘違いが、これです。婚約指輪は結婚指輪があるから身に着けなくなるではないかというものです。

前述の通り、これは勘違いです。2つとも確かに左手の薬指に対して身につける指輪ですが、結婚後は重ね付けして楽しみます。そして重ね付けして完成形となるというものでもあります。(写真のように)

そもそも結婚指輪は常時着用が基本(とはいえ自宅などでは外して決まった場所に置いておくのもおすすめ)ですが、婚約指輪は特別なジュエリーなので、毎日身につけるという前提ではそもそもありません。

高級時計を普段から常に身につけませんよね。(もちろんそういう方もいらっしゃいますが、そういうライフスタイルの方は婚約指輪などのジュエリーも普段遣いします)

婚約指輪も一緒です。価値の高いジュエリーなので、毎日着用しないからもったいないというものではありません。オシャレして出かけるとき、結婚式など大人になるにつれて増えていくフォーマルな行事などに結婚指輪と重ね付け身につけていきます。

女性であれば価値の高いダイヤモンドリングを一つ持っておくととても便利です。婚約指輪が普及したのはこれが大きな理由の一つ。

普段から毎日身に着けないから意味がない。というものではないんですね。男性だって高級時計を1つ持っておくと、便利なはずです。そして有用性が高いですからね。

婚約指輪はシンプル、結婚指輪は贅沢はだめ。

結婚指輪_婚約指輪_重ね付け_エンゲージリング_マリッジリング

時々これら勘違いから、婚約指輪はなるべく予算をおさえて、結婚指輪を贅沢なものにしようというケースが時々見受けられますが、これは基本的にやってはいけない方向性です。

前述の前提の通りですが、婚約指輪は贅沢さ、結婚指輪は普段遣いを前提とするため、矛盾がおこってしまいます。

結婚指輪を贅沢(ダイヤモンドがたくさん入ったようなリング)にしてしまうと、常時着用する結婚指輪なのに、それが困難になってしまいます。

ダイヤモンドは爪やテンションで繊細に留められるため、たくさんダイヤモンドのとまった結婚指輪にしてしまうと、外す機会がどんどん増えていきます。家事をしているときなどです。

手に負荷のかかる作業をしているときに着用すると、石落ちの原因につながります。

婚約指輪は贅沢に、結婚指輪はシンプルに。が基本的な前提です。

婚約指輪を予算相場から決めるのはおかしい

婚約指輪-ショップ-お店-宝石店

一昔前、婚約指輪の相場は給料の三ヶ月分とされていました。これ実は、広告のキャッチコピーによるものです。全く意味のない操作された相場感です。

そもそも予算相場から婚約指輪を決めるのは、おかしいです。それに一番だめな選び方です。

当然ですが、販売する宝石店やブランドによって同じクラスのダイヤモンド、同じようなデザインの婚約指輪デザインでも、販売価格は大きく差がつくからです。予算に合わせてしまうと、色々と最適な婚約指輪を選びづらくなってしまいます。

婚約指輪-ダイヤモンド-プロポーズ-エンゲージリング-カラット-0.7


大切なのは、まずカラットです。婚約指輪は価値と主張性がしっかりとあるダイヤモンドを贈り、それを身につける手段です。そうなると、0.3カラット以上ないと意味がありません。(実際0.2カラットや0.1カラットの婚約指輪もよく販売されていますが、費用対効果悪いです)

つまり相場よりも0.3カラット以上で検討することが大切。ちなみに現時点で婚約指輪を最適価格で購入できたとしたなら、0.1カラットあたり10万円が判断基準となります。これを覚えておきましょう。

0.3カラットなら30万円前後。0.5カラットなら50万円前後。これが高級ブランドになると同じようなクラスでも倍以上の価格になることも少なくありません。

0.3カラット以上で、より大きくより美しく、より豊富なデザイン選択肢から選ぶことができれば、最高ですね。

EIKAなら、0.3カラット〜10万円台より手配が可能です。

指輪じゃなくても良い

ダイヤモンド_ネックレス_婚約_女性_着用イメージ

そもそも婚約指輪は指輪でなくても大丈夫です。
あくまで主役は価値の高いダイヤモンドですので、それをまとったジュエリーであれば何でも良いです。

最近だと婚約ネックレスのように、ネックレスとして選ばれる方も増えてきました。ブレスレットでもいいですし、石として保管したっていいです。

大切なのは、二人のライフスタイルに合わせてどんな形状が最上最適な選択肢か。です。

とはいえ圧倒的に指輪を選ばれる方が多いのは、やはり映えるのは指輪だからです。(小さい部位に身につけると、ジュエリーはより目立ちます)

形は変えられるから安心を

ジュエリー_デザイン_リメイク

これも先入観的勘違いですが、婚約指輪のデザインは一度決めたらずっとその形という訳ではなく、むしろその逆が正解です。

婚約指輪のデザインは変えられるからです。これは婚約指輪に関わらずジュエリー全般に言えることですが、ジュエリーは劣化したり中古の概念がないため、何度でも再精錬できます。

ダイヤモンドはそのままに、貴金属の枠は下取りに出して、新しいデザインへとリメイク・リフォームすることができます。ジュエリーの素晴らしさは本来、この変容性にあります。

しかしその恩恵は、形を変えられるだけではありません。すでに素材を保有しているため、リメイク・リフォームは非常に安価に行うことができます。

例えばEIKAであれば、新しい婚約指輪へのリメイクを2万円台から行うことが可能。これもジュエリーが価値があり、再活用できる素材のみで構成されているからこそ得られる大きな恩恵です。

なので、とにかく今身につけたい、ときめくデザインで選んで大丈夫ですよ。

EIKAブランドサイトはこちら>


いかがでしょうか。意外とご覧になっている方も勘違いしていたことがあったのではないでしょうか。ジュエリーは小さく、ずっと持ち続け、形すら変えていくこともできる、非常に優れたアイテムです。

ぜひうまく活用して、より優れた婚約指輪を叶えて頂ければ幸いです。


「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>