婚約指輪(エンゲージリング)には多種多様な形・デザインが存在します。そしてそのどれもが答えになり得るものでもあるため、婚約指輪選びはとても迷います。

もちろん、その悩む”工程”もまた、婚約指輪の醍醐味でもありますが、せっかく選んだ婚約指輪で後悔はしたくないですよね。

婚約指輪は基本的に一生物になります。大切なのは、流行に左右されない、いつの時代も人気で最適さを提供してくれるデザインを知っておくことです。


シンプルなデザイン性

EIKA_婚約指輪_エンゲージリング_ダイヤモンドリング_エタニティ_フルエタニティ

まず後悔に結びつきづらい、いつの時代も人気な婚約指輪のデザインとは、大抵の場合、シンプルなデザイン性の婚約指輪を主役です。

シンプル・イズ・ベストという言葉の通りで、ジュエリーはとても小さな作品。特に指輪ともなると最も小さいジュエリー作品の1つですから、シンプルな婚約指輪ほど、飽きはこないですし、爽快です。

だたシンプル =カジュアル
ではありません。贅沢なデザインでもシンプルさのあるデザインはあります。
要は要素がごちゃごちゃになっていないデザインの方が良いということです。

最初はインパクトがあったり独自性があって惹かれても、そういうデザインは比較的後悔しやすいですね。

やはりシンプルエタニティが人気

EIKA-婚約指輪-エンゲージリング-エタニティ

婚約指輪としては、やはりいつの時代もシンプルなエタニティリングが人気で、憧れの強い指輪としても有名です。まさに写真のような装いの指輪。

エタニティリングとは、主役の大きなダイヤモンドをセンターに、脇石(リングのアーム部分にとめるダイヤモンド)が全体に連なっている、リング全体でダイヤモンドの輝きを表現した指輪です。

結婚指輪にもありますが、普段遣いする結婚指輪においては贅沢すぎる代物なので、現代では敬遠される傾向にありますね。

婚約指輪は結婚指輪と違って魅せる!指輪ですから、エタニティリングはその機能と目的を最上級に叶えてくれます。

エタニティリングにも様々ですが、写真のようなシンプルな造形のエタニティリングがおすすめですよ。

婚約指輪-エンゲージリング-プロポーズ-デザイン-重ね付け



結婚後もオシャレして出かける時などには、貴金属メインの結婚指輪と同じ左手の薬指に重ね付けするので、こういう指輪の方が重ね付けしてときめきます。その分活用性も高いですね。

EIKA_婚約指輪_エンゲージリング_エタニティ
画像クリックで詳細ページへ
EIKA_婚約指輪_エンゲージリング_エタニティ
画像クリックで詳細ページへ

ソリテールはシンプルすぎる傾向

婚約指輪_ソリテール_EC1019

婚約指輪といえば、まずこのデザインを思い浮かべる方がほとんどでしょう。いつの時代にも愛され続けているソリテールリングは、ダイヤモンド一つだけ輝かせるシンプルな造形の指輪。

現代においてもほぼすべてのブランドでこのデザインは展開されている、基本中の基本です。シンプルさを求めるなら、これ以上の婚約指輪は存在しません。

しかしこちらの指輪、徐々に物足りなさが出てくる指輪としても有名です。婚約指輪も最初は新鮮ですが、徐々になれてきてパートナーのようになっていきます。これは結婚指輪も同様です。

目が慣れてくると、人は刺激を求めるもの。
ソリテールリングだとシンプルすぎて徐々につまらなさを感じてしまうという方も少なくありません。

婚約指輪選びは、多少行き過ぎかな?と思うくらいでちょうど良いものです。
ただエタニティリングなどになると、こちらのソリテールと比較して、1.5〜2倍もの価格になることがほとんど。予算的な縛りがある場合もあります。

EIKAだとすべて統一価格でサービスされるため、躊躇なく選ぶことができます。

EIKAの婚約指輪 >

EIKA_婚約指輪_エンゲージリング_ソリテール
画像クリックで詳細ページへ
EIKA_婚約指輪_エンゲージリング_ソリテール
画像クリックで詳細ページへ

サイドストーンは良いとこ取り

婚約指輪_サイドストーン_EC1028

脇石を少し並べるサイドストーンの婚約指輪は、まさに良いとこ取りな婚約指輪の種類。エタニティまでいくとダイヤモンドが沢山入ってくるので、デザインの幅は狭まりますが、サイドストーンだとその点豊かな選択肢を得られます。

造形も贅沢さも兼ね揃えたサイドストーンリングは、おそらく国内だと最も人気なデザインの種類でしょう。

EIKA_婚約指輪_エンゲージリング_サイドストーン
画像クリックで詳細ページへ
EIKA_婚約指輪_エンゲージリング_サイドストーン
画像クリックで詳細ページへ

リメイクという選択肢を踏まえて選ぶ

オーダーメイド_婚約指輪_リング作成_デザイン_ワックス原型

そもそも婚約指輪に同じデザインで一生身に付けなくてはならないルールはありません。これを多くの方が誤解しています。

アクセサリーとジュエリーは違うのです。ジュエリーは貴金属と宝石という永遠に劣化しない素材(もしくは再精錬できる素材)で成り立っていますから、本来はリメイクという概念が最もはまる商材なんですね。

年齢を重ねていけば、個人の趣味趣向・価値観は必ず変わっていくもの。それに時代背景やトレンドも変わっていきます。特にジュエリーは身に付けるものですから、ファッションアイテムなんです。ファッションのトレンドの変化って目まぐるしいですよね。

常にその時に応じて最適な形へとリメイクしていく。これが婚約指輪とお付き合いする最も優れた方法なんですね。

しかも主役の宝石はそのまま活用し続けられるんですから、リメイクは非常に安価に行うことができます。(つまりは基本的に制作費ベース)

このリメイクを前提にすれば、今ときめくデザインを選び続けて、後悔するリスクもなくなりますよね。

EIKA_EC_理想のリングへリメイク



EIKAではブランドとして初めてこのリメイクサービスを前提とした商品で展開をしています。リメイクは全国どこからでもオンライン、店頭で可能。

これからの時代に最適な婚約指輪を選ばれるなら、ぜひご参考に。

EIKA婚約指輪 >

いつの時代にも人気な婚約指輪デザインや、これからの婚約指輪との向き合い方、活用の仕方についてご紹介しました。

ぜひ生涯に渡って楽しみ続けられる素敵な婚約指輪を叶え続けてくださいね。

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>