サプライズプロポーズといえば、指輪。というイメージからはじまった指輪でプロポーズ。

しかし、ダイヤモンドをまとった高級な婚約指輪はサイズや好みのデザインなど男性にとってもリスクが高すぎるだけでなく、女性にとっても理想のデザインを叶えづらいということで、敬遠ムードに。

さらにそこから生まれたのが、ダミーの婚約指輪というアイテム。リスクがあるなら、いっそダミーの指輪でプロポーズしてしまおうというもの。

ですが、余りにも勢いだけなプレゼント方法であり、考えられる最悪なプロポーズプレゼント方法と言っても過言ではありません。

 


 

ダミーでプレゼントは前提でおかしい

 

プロポーズ_プレゼント_失敗

 

つい指輪でプロポーズ=リスク高い。リスク高いからそれを回避=ダミーという流れで考えてしまいがちですが、その考え方は前提から間違っています。

そもそもプレゼントはその時が本番なのに、それがダミーなんておかしいからです。

ダミーの指輪でプロポーズしても、その特別な瞬間の記念品となるプレゼントなのにその役割を叶えることができません。

そもそも玩具でプロポーズされるくらいなら、指輪から離れた方が良いですよね。

 

先入観とは恐ろしいもので、婚約指輪という先入観からつい自然と受け入れてしまいがちですが、絶対にダミーの婚約指輪でプロポーズをしてはいけません。

誰にとってもメリットがありません。

 

 

男性側の都合にしか感じられない

 

プロポーズ-失敗-サプライズ

 

ダミーの婚約指輪ということは、リスクを回避した証となります。

サプライズで嬉しいプレゼントという印象ではなく、相手が怖がってリスク回避した、ただの妥協プレゼントと感じられてしまうでしょう。

プレゼントとは想いの象徴なのです。

人の心は目で見ることができませんし、触れることができませんから、その想いに相応しい物で表現する。それがプレゼントです。

つまりダミーの婚約指輪でプロポーズプレゼントするということは。その愛が妥協的であるとという表現になってしまい、かえって最悪な印象となるでしょう。

 

 

指輪に固執する理由もメリットもない

 

プロポーズ_失敗

 

当然ですが、婚約指輪は婚約記念品として、あくまで婚約が確定した時の記念品。

ですからプロポーズにおいて指輪に固執する理由は何もありません。

デザインもサイズも分からないという前提があるのに、選ぶ理由はないです。

元々プロポーズ=指輪というルールはどこにもなく、ただのイメージですからね。

指輪で贈る必要がないのに、ダミーの指輪を選ぶというのはまさに本末転倒な結果となります。

 

 

ダイヤから始める。が正解。

 

ダイヤモンド_ルース_輝き

 

プロポーズプレゼントは基本的に思い思いのギフトを選べば大丈夫です。

しかし自由な選択肢も困り物ですよね。

最もおすすめなのは、ダイヤモンドプロポーズ一択です。

いずれにしても婚約記念品として婚約指輪は最も人気ですし、おすすめですから、最終的に叶えることになります。

元々婚約指輪は、ダイヤモンドが主役の指輪ですから、その主役となるダイヤモンド素材からプロポーズプレゼントすれば万事解決ですし、スマートです。

 

オーダーメイド_婚約指輪_リング作成_デザイン_ワックス原型

 

素材をプレゼントして、プロポーズが成功したら二人でデザインを決めれば良いのです。

何も別でダミーリングを用意する必要も、代わりになるプロポーズプレゼントを探す必要もありません。

 

 

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

 

EIKAのフラワージュエリーは、ダイヤモンドプロポーズから理想のジュエリーまでの全てを叶える世界で唯一の商品。

合わせてご検討ください。

 

EIKAフラワージュエリー>

 

 

ダミーの指輪は、本来の意味を見失ったプロポーズプレゼントの筆頭格。

先入観にとらわれず、ベストな方法を採用しましょう。

 

 

「合わせてオススメしたい記事」
パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>