できちゃった結婚は、授かり婚やおめでた婚とも呼ばれ、現代ではよくある結婚のきっかけにもなっています。

晩婚化が進んでいるため、むしろ良いきっかけとなったと感じるカップルも年々増え続けています。

しかしできちゃった婚の場合、ネガティブポイントとして、とにかく結婚の段取りに対して時間の余裕がないことが挙げられます。

例えば両親への挨拶、両家顔合わせ、結納や結婚式と、ただでさえ結婚は大掛かりなイベントにも関わらず、そこに時間の余裕がないとなれば、混乱は必至。

そういった中で、つい敬遠されがちなのが、プロポーズと婚約指輪です。もう結婚は決まったんだし、色々とお金もかかるし、いいでしょう??と勝手に割愛してしまう方も多い傾向にあります。

しかしできちゃった婚だからこそ、相手の心に届くプロポーズや婚約指輪をプレゼントすべきだと筆者は考えます。

なぜそう思うのか、なぜできちゃった婚だからこそ婚約指輪やプロポーズが重要なのか、ご紹介したいと思います。


できちゃった婚でも結婚と二人の心の区切りは別物である

結婚するのだから、二人の関係には自動的に区切りが付くと思うのは、非常に危険な考えです。

できちゃった結婚の場合、お互いに結婚という区切りに対して自分の心が追いついていないケースがほとんどだからです。もともと結婚を前提にお付き合いしていたとしても、同棲をしていて事実婚状態だったとしても、法律上も夫婦になり、恋人ではなく父と母になるということは、人生において最も大きな変化であり、心がついていけなくて当然なのです。

プロポーズ-言葉-カップル

最初は勢いや忙しさで気が紛れていても、結婚後に落ち着いた時に、別物だったことに気づくケースは非常に多いもので、そうなると二人の関係にもヒビが入りかねません。

特に女性は出産という想像を絶する不安にさらされることになり、身体的にも精神的にも不安定になりやすくなるため、形式的な概念でもある結婚で自動的に区切りができると思っていると、二人の間に溝が生まれたり、結婚に対して心がついていかないままになってしまう可能性が高くなるわけです。

いくら忙しいとしても、いくら結婚することが決まったとしても、二人の中でしっかりと心を用意することは、とても大切なプロセスなのです。だからこそ、もともと結婚には長い時間をかけるようにできたいたのです。

できちゃった婚だからこそ!プロポーズで二人の心にイベントを

プロポーズ_最高_婚約指輪_指輪なし

そんなできちゃった婚で陥りやすい、心の問題。

だからこそ、二人の心を確認し合うプロポーズは、大切なイベントになります。

極端なお話、できちゃった婚でなければプロポーズなしの結婚も問題ありませんが、できちゃった婚なら必ずプロポーズをしましょうと言えます。

なぜ明言できるのか。それは筆者も経験したからです。どんどんと決まっていく結婚の段取り、妻は心配で元気がない。正直プロポーズをする余力なんてないと感じていましたが、友人のアドバイスがきっかけでプロポーズを行いました。

その友人は結婚1周年前に離婚してしまった男性。あの時、もっとしっかりと自分の心を伝えていたら、溝が埋まらないほど深くはなっていなかったと思う。というアドバイスでした。

プロポーズってサプライズするイベントのように思われていますが、本来は違います。結婚しようという提案をする、あなたと結婚して家族になり、生涯共に歩みたいという偽りのない心を伝えて共有する手段です。

結婚というのは、形式的なイベントが続きます。結婚式などもお二人のためというよりは、周囲の方のために近いもの。しかし歩むのは二人なのですから、人生の大きな出来事を決める結婚に対する心を共有することは、絶対に必要不可欠なイベントなわけです。

特にできちゃった婚であれば、結婚に出産とダブルで大きなイベントを乗り越えなくてはいけないのですから、なおさらです。プロポーズをすることによって、二人の心にイベントを作り、二人の心を再確認して安心する機会を作りましょう。

プロポーズ演出などはこだわらなくていい

プロポーズ-自宅-場所

プロポーズは大掛かりなイベントにしなくてはならないものではありません。

大切なのは心をしっかりと伝えることです。そのため、演出や方法にこだわって時間がかかるくらいならば、自宅などで大丈夫です。(もちろん相手の意向や憧れがあれば話しは別ですが、下手に計画が大変になって実行できないくらいなら、自宅などで実行する方が素敵です)

多くの方が、プロポーズは初めての経験だからこそ、どんな方法が良いのか、プロポーズする側も不安があるかと思います。しかし安心してください。とにかく純粋な気持ちを言葉に出して伝えることが、大切なのです。

女性にとっての婚約指輪の重要性

できちゃった婚の場合、婚約指輪は重要なアイテムとなります。

相手のご家族への意思表示にもなりますし、何よりできちゃった婚という慌ただしい段取りの中で諦めかけていた婚約指輪をプレゼントされれば、相手も喜び倍増だからです。

婚約指輪の平均予算は、約30万円ほど。決して安いものではありませんが、鑑定書クラスのダイヤモンドなため、ずっと保有できる点や金銭的価値がある点を考えると、費用対効果は高いです。

下手なジュエリーをプレゼントするくらいなら、婚約指輪クラスのものがおすすめになります。予算的に厳しければ、そもそも贈らないという手段でも良いでしょう。(プロポーズをしっかりして、その点も踏まえて相手には伝えてあげると好印象です)

大抵の場合、婚約したと周囲に報告すると、「婚約指輪はもらったの??どんな指輪でもらったの??」という話題になります。相手に喜んでもらうこと、周囲への意思表示としても、婚約記念品としての婚約指輪は、非常に重要なアイテムとなります。

婚約指輪をプロポーズで渡すことで「妊娠したから結婚するのではなく、順番は逆になってしまったけどあなたを愛しているから結婚したい」という意思表示を明確に伝えられるため、女性は安心するのです。

しかし指輪という形だけが答えではありません。

婚約ジュエリーとしてダイヤモンドから

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

昨今では、婚約指輪ではなく婚約ジュエリーという考え方が強くなってきています。

理由は明確で、指輪以外にもネックレスやブレスレットなど、自分のライフスタイルに合わせた形状のものだと嬉しいという意見からです。

そもそも婚約指輪とは、価値の高い(鑑定書が付いた)ダイヤモンドが主役の指輪のこと。目的はダイヤモンドなので、ダイヤモンドが主役のネックレスなどでも問題ないのです。

特にできちゃった婚だとスケジュールにもよりますが、指輪を着ける機会が必然と少なくなります。(出産などを控えているため)そのため、ネックレスだと毎日身につけることができたりと、有用性が高まります。

EIKA_EC1044_婚約ネックレス

ジュエリーというのは、主役である宝石(婚約指輪でいうダイヤモンド)を軸にしていつでも何度でもリメイク・リフォームすることができるため、結婚式などまでは婚約指輪に、結婚後はネックレスにという方法で形を変えて楽しむことができます。

そして婚約指輪を含め、婚約ジュエリーは彼一人で勝手にデザインを決めるべきでありません。

プロポーズプレゼントというイメージが強いですが、絶対に避けるべき手段です。サイズも好みも完璧に叶えるのは不可能です。そのため、ダイヤモンドプロポーズを活用しましょう。

EIKA_フラワージュエリー_エンゲージメント_婚約指輪_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

主役となるダイヤモンドのみでプロポーズして、形は二人で決めるのです。

その配慮が、これから歩む二人の未来をメッセージ的に感じることができますし、ライフスタイルに合わせて完璧なジュエリーを叶えられます。






できちゃった婚だからこそ、プロポーズや婚約指輪を贈ることは重要性は増し必要不可欠なものとなります。

相手の心に届く婚約指輪をプロポーズプレゼントに贈りましょう。



「合わせてオススメしたい記事」



ダイヤモンドでパーフェクトプロポーズを>



究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>