婚約指輪(エンゲージリング)を贈る。

それは男性にとって生涯の中でも最も特別な贈り物(プレゼント)となります。

生涯においても重要性が圧倒的に際立ったプレゼントが、婚約指輪です。

そんな婚約指輪をプロポーズにプレゼントしようと考えている方もいらっしゃるでしょう。

それは大きな誤りです。もしそう考えられていたなら、この記事をご覧になって幸運だったと言っても過言ではありません。

 

婚約指輪はデザインよりも、価格やダイヤモンドのカラットよりも、贈り方が重要なのです。

 


 

指輪でサプライズが全て台無しにする

プロポーズ_プロポーズ失敗_サプライズ_失敗

 

 

そもそも婚約指輪の贈り方と聞いて、ほとんどの方がイメージされる贈り方・方法は、プロポーズでサプライズにと考えるでしょう。

そのイメージは完全に間違った解釈です。

むしろ指輪でサプライズプロポーズすることで、プロポーズの思い出も婚約指輪の素晴らしさも全て台無しにする可能性が高いからです。

 

まず前提として、絶対に婚約指輪を勝手に決めない。婚約指輪でプロポーズしないと、固い決意をしましょう。

ここからはそれを前提としてお話致します。

 

 

指輪でプロポーズするとサイズをミスる。

 

婚約指輪_ダメ_入らない_サイズ

 

まず当たり前ですが、婚約指輪でサプライズプロポーズすると、指輪のサイズを確実に失敗するでしょう。

基本的に100%の確率と考えてください。

 

現実のお話を致しますと、実際に相手が自分でサイズを計測しても、サイズを見誤ってしまう可能性が高いのです。

つまり本人ですら失敗するのに、第三者が完璧なサイズでプロポーズに婚約指輪を用意することは、不可能なのです。

 

当たり前のお話をしていますが、それでも安易にサイズを決めてしまい、失敗してしまう方が跡を絶ちませんので、強くお伝えしておきます。

 

婚約指輪_結婚式_プロポーズ

 

婚約指輪はファッションリングなどとサイズの考え方が変わる可能性が高いです。

なぜなら婚約指輪はダイヤモンドが主役で、重さが一点に集中している指輪であることが通例です。

つまり少しでもサイズが緩ければ回転してしまい、不快感になります。

逆に少しでもサイズがきつければ、そもそも身につけなくなってしまいます。

そしてサイズ直しにも限界がありますから、それを前提として、保険的に考えて選ぶべきでもないのです。

 

 

デザインをミスする、妥協になる。

 

婚約指輪_プロポーズ_サイズ_デザイン

 

婚約指輪のデザイン。

愛する彼が決めてくれたデザインも、最初は嬉しいかもしれません。

しかし残念なことに、それは最初がピークなだけです。

最悪、気に入らないデザインであれば、ほとんど身につけずに終わってしまうでしょう。

婚約指輪は平均価格でも30万円以上の高額商品。

デザインでミスするなんて、あってはならないことです。

 

 

それに理想的なデザインについて、女性にとっても分からないものですよ。

ほとんどの女性にとって婚約指輪がファーストジュエリー。

ファッションジュエリーは愛用していても、婚約指輪等のファインジュエリーは別物なのです。

 

実際、デザインのイメージを持っていた女性の方のほとんどが、実際に検討されると違う選択肢を選ばれます。

そんなものです。大切なのは、本人が吟味すること。二人で吟味することしか方法はないと知ることです。

 

 

素材から贈るが重要です

 

ダイヤモンド_婚約指輪_輝き

 

他にも様々な理由があり、挙げ始めたらキリがないのですが、婚約指輪の贈り方を誤ってしまうと、失敗に繋がりやすく、そもそも指輪でプロポーズは前提的方法ではないことをご理解頂けたかと思います。

指輪でプロポーズなんて、50年前に打ち出された広告から生まれたコンセプト。

もはやそんな方法は古く、贈る方法はしっかりと進化しているのです。

 

ダイヤモンドプロポーズ-婚約指輪-エンゲージリング-プロポーズ-サプライズ

 

婚約指輪の贈り方としては、2つのステップがあります。

ファーストステップは、婚約指輪の主役素材であるダイヤモンドのみを贈ることから。

そしてセカンドステップは、そのダイヤモンド素材に二人で形(デザイン)を決めることです。

これを一般的にダイヤモンドプロポーズと呼びます。

 

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

 

婚約指輪から逸脱したプロポーズプレゼントなんて用意する必要もありません。

婚約指輪そのものに答えがあるのです。

 

ジュエリーデザイン

 

婚約指輪を贈るなら、素材からプレゼントする。それが最上の方法であり、唯一の優れた方法と断言します。

実際、ダイヤモンドプロポーズが現代において非常にポピュラーな方法となりましたね。

 

安易に婚約指輪を独断し、完成した状態でプレゼントしてしまえば、彼女にとっても二人にとっても、わざわざ選択肢を潰していくのと同じです。

 

素材からスタートすることによって、全ての選択肢を残しながら、優れたプロポーズもできるわけですね。

 

EIKA_フラワージュエリー_エンゲージメント_婚約指輪_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

EIKAフラワージュエリーなら、サプライズから初回オーダーメイドまで全てがセットになっているので、最上のパフォーマンスも得られるでしょう。

 

EIKAフラワージュエリー>

 

贈り方で、全てが決まります。

当たり前ですが、贈り方が最も前提となり重要だからです。

婚約指輪もプロポーズも、生涯において非常に特別な場面です。

安易な方法をとらず、必ず二人にとって投資価値の高い方法を採用しましょう。

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

 

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

 

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>