指輪でプロポーズ。確かにイメージどおりで、素敵かもしれません。

しかし指輪以外で、指輪なしでプロポーズすることが主流となった現代にも、相応の十分すぎる理由達があります。

むしろそれら理由を邪魔者扱いしてしまうと、本来の目的であった理想的なプロポーズすら困難となってしまいますから、無視はできません。

 

本サイトではその理由達について色々とご紹介してきましたが、その1つの理由に結婚指輪という問題があります。

指輪でプロポーズしてしまうと、結果として理想の結婚指輪を選べなくなる可能性が高いからです。

 


 

婚約指輪と結婚指輪の関係

 

EIKA_重ね着け_ストレート

 

婚約指輪をプロポーズ等で検討される段階に、結婚指輪まで加味して検討される方はほとんどいません。

これはとても大きな問題であると思います。そしてこの問題の大元は、宝石店やブランドにあると言えます。

 

EC1005 _EIKA_婚約指輪_MC1007_セットリング_重ね付け

 

そもそも婚約指輪と結婚指輪はセットで考えることが前提。

なぜなら、婚約指輪も結婚指輪も、左手の薬指に身につけるという共通のルールがあるから。

結婚後には、普段から結婚指輪を身に着け、外出時などに婚約指輪をその上から重ね付けして身につけることが前提となります。

 

EIKA_婚約指輪_結婚指輪_重ね着け_ペアリング_ダイヤモンド_エンゲージ_マリッジ

 

婚約して、結婚する。結婚におけるこの2つの必然的プロセスをそれぞれ象徴するのが、婚約指輪と結婚指輪です。

そして婚約指輪はまだ結婚していない相手に結婚の提案をし、その思いを可視化し、その記念を生涯に渡って輝かせる婚約記念品であり、プレゼント。

 

EIKA_エンゲージリング_マリッジリング_結婚指輪_重ね着け_ブライダルリング

 

結婚指輪は、二人が結婚したことを証明する、誓約のペアリングです。

つまり婚約指輪は相手のものであり、結婚指輪は二人のもの。

この2つのリングは2つの目的をそれぞれ持ちながら、結婚という1つの大きな目的を共有する指輪なのです。

ですから、婚約指輪だけ。結婚指輪だけという考え方をしてしまうと、本来の目的も理想も叶えることができなくなります。

 

宝石店やブランドは、財布の蓋を握っている状態の男性へ、とにかく婚約指輪を先んじて販売したいです。

結婚指輪はおいておいて、まずは婚約指輪を。なんて提案がほとんどのお店でされています。

ユーザーに対して、最上の提案がされていない状態が現代でもあります。

 

どちらも二人で選ぶべき

 

EIKA_婚約指輪_結婚指輪_重ね着け_ペアリング_ダイヤモンド_エンゲージ_マリッジ_オリジナル_オーダーメイド

 

指輪でプロポーズというイメージが強くても、実際に婚約指輪は二人で選ぶことが通例となっています。

それでもイメージから指輪でプロポーズしてしまう方は一定数跡を絶ちません。

結論は1つだけ。婚約指輪も結婚指輪も、デザインは必ず二人で選ぶことです。

 

結婚指輪を二人で選ばれる方はほぼ100%なのに、婚約指輪を二人で選ぶケースは過半数といったところ。

婚約指輪も結婚指輪と同様に、二人で決めるべきと考えるべきです。

婚約指輪は結局のところ、相手が身につけるもの。相手にとっての理想とは、相手にしか分からないのです。

 

重ね付けという重要性

 

婚約指輪-エンゲージリング-プロポーズ-デザイン-重ね付け

 

前項目でもご紹介しましたが、婚約指輪と結婚指輪は、重ね付けをしていくことになります。

基本的にそれ以外の選択肢はありません。あったとしても、妥協案です。

例えば結婚指輪と重ね付けしたくないデザインだから身につけない。

結婚指輪と重ね付けできないから、別の指や手に身につけるといった具合です。

 

婚約指輪-エンゲージリング-プロポーズ-デザイン-重ね付け

 

デザインには相性というものがあります。

婚約指輪も結婚指輪もジュエリーという非常に小さな作品。

ちょっとした要素の違いに、相性が大きく左右されています。

 

婚約指輪でプロポーズしてしまうと、婚約指輪のデザインが相手の意向とは別の場面で決まってしまいます。

そして結婚指輪の検討を開始すると、想像以上に選択肢がなくなっていくことになります。

そうなると悲劇です。

 

せっかく指輪でプロポーズが成功しても、結果として相手にとって嬉しくない選択肢となる可能性が高いからです。

これは二人にとっても避けなくてはならないことです。

 

婚約指輪_結婚式_プロポーズ

 

そして理想的な重ね付けなんて、一緒に検討しなくては彼女にとっても分からないことなのです。

以上のことから、婚約指輪でプロポーズすると理想的な結婚指輪すら選べなくなってしまう理由となります。

 

ダイヤモンドの輝く指輪でプロポーズされれば、誰だって最初は嬉しいものです。

しかしその印象のピークを最初にもってくるメリットは誰にあるのでしょうか?誰にもありませんよね。

結婚とは、人間関係とは積み重ねていくもの。

 

婚約指輪も結婚指輪も同様で、選択肢を広く保ちながら、理想を協力して築いていくことが大切です。

仮に指輪でプロポーズしなくて、彼女がイメージと異なると感じたとしても、これら理由を理解した時に、むしろ印象はよくなるでしょう。そういうものです。

 

実際に筆者が対応するお客様が、彼女に指輪でプロポーズされたいとリクエストされたというケースは多いです。

しかし必ずダイヤモンドプロポーズの方法でご提案しています。

そして、100%の方がお二人ともに喜ばれる結果となります。

 

プロポーズ_プレゼント_失敗

 

よくこんな例えをご紹介しています。

例えばモーターショーに出品されているコンセプトカーはかっこいいですよね。

けれど実際に公道を走ってライフスタイルの一部とされる場合には足りていないことが多いものです。

だからあくまでコンセプトカーなんです。と。

 

指輪も一緒です。指輪でプロポーズというのは、コンセプトカーなんです。

あくまで理想の指輪を叶えましょうというものなんですね。

 

ダイヤ素材からプレゼントする

 

ダイヤモンド_ルース_輝き

 

しかしながら、唯一のイメージであった婚約指輪でプロポーズという選択肢をなくされてしまうと、困ってしまうという現実問題もありますよね。この点は安心して頂いて大丈夫です。その方法が確立されているからです。

 

ダイヤモンドプロポーズ-婚約指輪-エンゲージリング-プロポーズ-サプライズ

 

その確立された方法とは、「ダイヤモンドプロポーズ」です。

実際、プロポーズにプレゼントがなければ締まりませんし、別の何かをプレゼントしても予算を圧迫します。

さらにいきなり二人で指輪選びにいっても、ダイヤモンドから検討すれば予算コントロールが難しくなります。

 

ダイヤモンド_ローズ_ピンク

 

しかし婚約指輪の主役素材であるダイヤモンドのみでプロポーズすれば、万事解決します。

ダイヤモンドのみでプロポーズし、これから二人で二人の想いと理想を叶える形を決めに行こうと伝えます。

そして予め決まったダイヤモンドに対して、二人でデザイン選びを行います。

 

宝石店-婚約指輪-選び-カップル

 

プロポーズ時にはサイズやデザイン面での懸念が一切なくなり、さらに理想の指輪も叶えられます。

合計の予算も明確となり、男性側も無理をしなくて良いですし、彼女もその点の懸念がないことで、理想のデザイン選びに没頭できます。

 

フラワージュエリー-マスターコレクション

 

EIKAは10年以上前からこの方法をプロポーズを含め、あらゆるジュエリーギフトにおいて提案してきました。

現在ではダイヤモンドプロポーズされた方だけでも、数万人の方々が理想のジュエリーを叶えられています。

EIKA以外では最近ですね。現在でも指輪で販売されたい店舗のほうが多く見受けられます。

 

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

 

EIKAのフラワージュエリーなら、バラとダイヤモンドがセットとなり、さらに初回オーダーメイド無料で理想のジュエリーまでの全てを世界で唯一叶えられる選択肢を提供しています。

 

EIKA_フラワージュエリー_エンゲージメント_婚約指輪_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

贈るも最上のサプライズに。贈った後に、どんどんと盛り上がっていく。

リングへのオーダーの際には、結婚指輪も合わせてコーディネートできるため、理想の婚約指輪から結婚指輪まで全てワンストップで叶えることができます。

さらにEIKAのジュエリーは世界で初めてリメイクし続けられるサービスを、オンライン・店頭全てで提供。

近くに店舗がなくても、関係なく叶えることができます。

 

 

EIKAフラワージュエリーはこちら>

 

婚約指輪と結婚指輪、双方が理想形ではじめて最上のブライダルジュエリーとなります。

ぜひ合わせてご参考ください。

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

 

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

 

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>