バラは彼女へプロポーズする時に贈られる花として最も人気な花です。

生花であるバラは時間の経過と共に劣化が進み、いつかは枯れてしまいます。

そこで、造花のバラでプロポーズをするという方法があるわけです。

 

今回は、彼女へプロポーズする場合にプレゼントしたいバラについて考えながら、枯れないバラで最高のプロポーズができるギフトをご紹介します。

 


 

造花のメリット

 

バラ_プロポーズ_造花

 

プロポーズにおいて、生花のバラほど華やかで儚いものはありません。

冒頭でご紹介したように生花の美しさは有限です。(だからこそ美しいのかもしれませんが・・。)

二人にとって家族になるための最初の一歩、プロポーズに贈ったプレゼントをいつまでも残しておきたいと考えるのは素敵なことです。

生花の代わりにシルクなどの布でバラなどあらゆる花へと加工された造花という手もあります。

 

造花最大のメリットは枯れずにいつまでも美しいこと。

また、造花だからこそメッセージを入れたり彼女の名前を入れたりカスタマイズが自由だったりします。

一輪タイプや花束タイプ等、用途に合わせて様々な造花が用意されています。

 

 

 

綺麗だけど、実はあまり嬉しくない?

 

 

昔の安価な造花と異なり、最近ではプロポーズ専用の造花も発達し華やかなプロポーズプレゼントとしても人気です。

彼が彼女の為に一生懸命に考えたプロポーズプレゼントということだけで、女性は幸せを感じるもの。

しかし口には出さなくても実は、造花でプレゼントされてもあまり嬉しくない場合もあります。

 

プロポーズという真実の愛を誓う時に造花でプロポーズされたくなかった、という場合や、バラが好きだからこそ生花でプレゼントされたかった等、せっかく枯れないバラでプレゼントしたとしてもあまり嬉しくないと感じてしまう女性もいることを忘れてはいけません。

 

 

枯れない生花、プリザーブドローズ

 

プロポーズ_プレゼント_ローズ_バラ_ボックス_サプライズ_演出

 

生花本来の美しさをいつまでも残しておけるのが、プリザーブドフラワーです。

乾燥させて長持ちさせるドライフラワーとは異なり、バラを収穫してすぐにバラ本来の水分を特殊な特殊な溶液へと置換させることによって生花本来の美しさをいつまでも保ったまま保管することが出来るのがプリザーブドフラワーです。

シルクなどの布で出来た造花でプレゼントするよりも、生花を使用して作り上げられたプリザーブドフラワーであれば、生花本来の美しさをいつまでも楽しむことが出来、プロポーズされた時の思い出と共に残すことが出来ます。

 

 

 

 

枯れないバラとダイヤモンドで最高のプロポーズを叶えるなら

 

プロポーズ_バラ_プレゼント_プリザーブド2

 

大輪のバラの花言葉は”真実の愛”

枯れないバラと、プロポーズに贈りたいダイヤモンドが融合した究極のプロポーズギフトとして最後にEIKAフラワージュエリーをご紹介します。

 

 

EIKA-フラワージュエリー-マスターコレクション

 

EIKA-フラワージュエリー-マスターコレクション

 

世界最高級南米エクアドル産の枯れないバラとダイヤモンドが融合したフラワージュエリーは、婚約指輪の主役であるダイヤモンドでプロポーズをして、後から彼女の好きな婚約指輪へと初回無料でリメイクすることのできる、彼女の好きな婚約指輪を叶えることが出来る最高にサプライズなプロポーズを叶えることの出来るダイヤモンドギフトです。

 

 

 

 

 

プロポーズ_プレゼント_婚約指輪_エンゲージリング_ローズ_バラ_花

 

ブラックボックスの中に収められているので持ち運びにも優れたプロポーズギフトだからこそ、リラックスムードで出来る自宅プロポーズ、華やかなレストランプロポーズなどあらゆる場所でも最高のプロポーズを行う事が出来ます。

EIKAフラワージュエリー詳細はこちら>>

 

 

 

 

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

 

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

 

 

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>