婚約指輪はプロポーズのあとで二人で決めれば理想のデザインを必ず叶えることができます。

しかしただ二人であとから選べばそれで良いというわけでもありません。せっかくのプロポーズですからプロポーズのサプライズも万全に、指輪も理想を叶えられる完璧な計画をたてなくてはなりません。

プロポーズ後に理想の指輪も叶えて、さらにサプライズも完璧に叶える方法をご紹介しましょう。


婚約指輪は後で二人で決めるが主流で原則

これまでのプロポーズと言えば、事前に男性が婚約指輪を購入しておいて、プロポーズ当日にリングケースをパカっと開いてプロポーズを行うというようなイメージがあったかと思います。

しかし現在において言えば、プロポーズと婚約指輪選び、この二つをイベントとして分ける傾向にあります。

まず最初にサプライズ的にプロポーズを行い、成功したら二人で婚約指輪を選びに行くという段取りです。この方法は大変合理的ですし、何より二人にとって無理なく素敵なプローズと婚約指輪を決めることができるのですから、この方法が選ばれているのは当然の方法とも言えます。

婚約指輪でプロポーズというのは、実は婚約指輪を購入する側にとってリングサイズやデザインなどにおいて失敗のリスクや理想の婚約指輪をプレゼント出来ないといったデメリットの多いプロポーズギフトと言わざるを得ないのです。

また、現代は体験の時代。婚約指輪選びというのは生涯においても早々にない特別な機会となりますから、二人で体験しないともったいないと考える方も多いようです。

実際にジュエリー選びというのは女性にとってとてもワクワクするイベントとなりますから、これらの考え方からも婚約指輪というのはプロポーズの後で二人で決めるという流れが通例化している背景をまずは理解しておきましょう。

現在においても婚約指輪でプロポーズという方法が定番というイメージがありますが、あくまでも過去のイメージでしかないのです。

婚約指輪は後で。でも、起こるリスクがある

男性_驚き_サプライズ

婚約指輪はプロポーズの後に二人で選ぶ、この方法を活用することで相手の理想の婚約指輪を一緒に選ぶ事が出来るため、失敗のリスクもデメリットからも解放され、間違いなんて起きない方法なのですが、残念ながらここにもリスクというのが存在しています。

それは、「婚約指輪の価格」にあります。

婚約指輪_プロポーズ

婚約指輪の価格は平均相場でも約30万円。これは言葉の通り平均相場ですので基本的には予算が30万円という考え方になります。

婚約指輪というのは非常に高価なジュエリー(宝飾品)であり、多くの男性にとって最高額の贈り物になるはずです。そしてプレゼントされる女性にとってもそれは同じ事が言えます。

例えば実際に婚約指輪を選びに行ったとして、高額なものだと100万、1000万円を超える婚約指輪も簡単にショーケースに並んでいます。婚約指輪といっても価格はピンキリ。

プロポーズの後に二人で婚約指輪を選びに行く事自体は良いのですが、逆を言ってしまうとダイヤモンドグレードやデザインによって婚約指輪の価格は大きく変動してしまうので、男性にとっては相手がどんな婚約指輪を選ぶのか、予算内で決めてくれるかドキドキしてしまいます。

女性にとっても価格面を気にしてしまい本当に欲しい婚約指輪を選べないという問題が起きてしまうのです。

 

女性_悩む_一人

たとえ彼が「好きなものを選んでいいよ!」と言ってくれたとしても、「本当はこのデザインが良いけれど、高価だし、プレゼントされるものだから妥協しないと・・・」という心理が働いてしまうんですね。当然といえば当然のお話です。

男性_悩む_一人

そしてプレゼントする男性側にとっても同じです。

大きな価格変動の起きる婚約指輪を選びにきたものの、予算を超えるような指輪も多く、生きた心地がしないという本音があります。そして関係なくジュエリーの販売スタッフは、より高価な婚約指輪やダイヤモンドをおすすめしてきます。

つまり、婚約指輪を二人でいきなり選びにいくというイベントは、その反面でお互いを気遣うあまりに楽しみづらいイベントにもなり得るということです。

この点に配慮できるかできないかが、プロポーズ後に婚約指輪を後から購入する上で非常に大きなポイントとなります。

婚約指輪を後から選びに行くのであれば、できる限り予算や価格を気にせずに、プロポーズ後に理想の指輪選びを二人で楽しめることが理想です。

そしてそれを叶えられる唯一の方法があります。

ダイヤモンドサプライズから始める

女性_サプライズ_驚き

プロポーズでサプライズはしたい。指輪のデザインは彼女の納得のいくものを、プロポーズのあとで二人で決めていきたい。

けれどなるべく予算内にお互いが気持ちよく収められるようにしたい。

ここは言い切ります。

欲張りにいきましょう。それに値する高額な商品なのですから、当然の権利として考えて大丈夫です。臆する必要性もありません。

そしてそれら全てを叶える方法としては、この1択です。

ダイヤモンド_ローズ_ピンク

 「ダイヤモンドプロポーズ」

婚約指輪の主役素材となるダイヤモンドのみで、まずはサプライズプロポーズを始める事からスタートしてください。そしてプロポーズが成功したら、二人で宝石店へ出向き(オンラインで完結も可能)、デザインを決めましょう。

ダイヤモンドというコストの大半を占める素材は購入済みなので、予算を気にすることなく、楽しいデザイン選びが可能になります。

プロポーズ後に二人でいきなり宝石店にいくと、ダイヤモンド選びから始めることとなります。ダイヤモンドの価格の幅が非常に広いため、ここが問題になってしまうのですが、ダイヤが先に決まっていれば、デザイン選びに彼女も専念することができ、結果として非常に有意義な指輪選びを可能にすることができます。

またダイヤからプレゼントできるので、サプライズもちゃんと叶えられます。あとからこれを元に二人でデザインを選べるということを知ったら、さらに喜びますよね。

さらにダイヤからスタートできるので、指輪以外にネックレスなども自由に選択することができます。これも大きなメリットといえるでしょう。

EIKA_フラワージュエリー_エンゲージメント_婚約指輪_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

大切なのは、一定の条件を先に決めておくこと。

それをサプライズプレゼントに流用することです。それがダイヤモンドという素材のみでプレゼントすることになります。

婚約指輪はプロポーズの後で。しかし完璧にプロポーズからサプライズに叶えましょう。結果として、それが理想的な婚約指輪を叶えることに繋がります。






「合わせてオススメしたい記事」



パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>




究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>