最高の婚約指輪とプロポーズ

婚約指輪やプロポーズの、リアルな情報をお届け!

Category: ダイヤモンドについて

永遠の輝き、ダイヤモンド。ダイヤモンドのクラス4Cや素材についてなど、ダイヤモンドについて詳しくご紹介します。

婚約指輪はラウンドブリリアントカットが人気

婚約指輪(エンゲージリング)は、一石で大きく価値の高いダイヤモンドが主役の指輪。

もちろんそれが絶対的なルールではありませんが、通例となっています。

なぜなら宝石の価値というのはあくまで1石の大きさやクラスで決まるため、婚約記念品として贈る婚約指輪には価値の高いダイヤモンドである必要性があるからです。

また、それを象徴的にするデザインとして、セットするダイヤモンドを主役にする。というわけです。

 

ただ、ダイヤモンドにも様々なクラスや形があります。

今回の記事では、婚約指輪のダイヤモンドとして選ぶべきダイヤモンドのカットや形についてご紹介して参りましょう。

 

Continue reading

婚約指輪における理想的なカラットを徹底検証

婚約指輪において常に議論され、常に婚約指輪を検討している方の疑問としてあるのが、カラットです。

 

ダイヤモンドが主役の指輪である婚約指輪はダイヤモンド選びであり、ダイヤモンドの大きさを決めるカラットは最も見た目の印象を左右します。

そのため、婚約指輪=何カラットなのか。という思考的な方程式が成り立っているのです。

 

しかしどこを見ても、どのブランドや宝石店のホームページを見ても、言っていることは様々です。

それは当たり前で、相手にしている顧客の収入帯やブランドイメージによって大きく変動するからです。

 

そこで今回の記事では、非常にニュートラルな目線で婚約指輪のダイヤモンドは何カラットが理想的なのかを考察してみました。

 

Continue reading

ダイヤモンドの大きさは何で選びますか?

女性の憧れダイヤモンド。プロポーズには必要なアイテム。

ダイヤモンド選びで贈られる方が悩まれる大きな部分がダイヤモンドの大きさです。

 

もちろん贈る側のご予算観と贈られる側の価値観で決めていただくのですが、その中で今回は今まで筆者が接客をさせていただいた中からお客様の声を元に何を元にダイヤモンドの大きさを決定されているのかをご紹介します。

 

Continue reading

婚約指輪とファッションジュエリーにおけるダイヤモンドの違い

婚約指輪(エンゲージリング・エンゲージメントリング)は、婚約の証として男性側から女性側へ贈られる婚約記念品です。

婚約指輪を受け取り、身につけるということは自分自身が婚約した証となります。

使途は明確ですが、婚約指輪が製品上どのような概念になるのかはあやふやになっている現代。

婚約指輪として贈るにはどのような指輪が最適なのか。

はたまた様々なクラスがあるダイヤモンドにおいて、婚約指輪として相応しいダイヤモンドとはなんなのか。

そもそも婚約指輪と他のフアッションジュエリーに代表されるダイヤモンドリングとの違いは何なのか。

今回の記事では婚約指輪に関する根本的概念について詳しくご紹介します。

 

Continue reading

婚約指輪のダイヤモンドにおける、最適な大きさについて

プロポーズされる際や、婚約が決まって婚約記念品を検討されている方は、

まず婚約指輪(エンゲージリング)を検討されるかと思います。

 

婚約指輪は婚約記念品の象徴とも言える品であり、現在においても世界中で選ばれています。

そんな婚約指輪はダイヤモンドなど宝石が主役のリングであるわけで、指輪選びでありつつも、ダイヤモンド選びとも言えます。

 

そこで多くの方がどんな大きさのダイヤモンドが良いのか判断に悩むこととなります。

今回の記事では婚約指輪を贈るにあたって相応しいダイヤモンドの大きさについてや、選び方についてご紹介します。

 

Continue reading

婚約指輪、ダイヤモンドの4Cで優先すべきポイントは?

婚約指輪(エンゲージリング)選びで大切なのは、

なんといっても主役であるダイヤモンドのクラスやグレード。

婚約指輪はダイヤモンドが主役であり、価値があるダイヤモンドを贈り、

それを記念品・宝物として身につけるための手段だからです。

 

つまり良い婚約指輪を選べたかどうかは、ダイヤモンドのクラス次第であるわけで、

いくら高い婚約指輪を贈っても、ダイヤモンドのクラスが悪ければ意味がなくなってしまうわけです。

 

そうは言っても、ダイヤモンドや宝石という専門知識的な分野において、

一般の方が最良の選択肢を独断で選ぶのには非常に敷居が高いもの。

 

多くの方が担当でついたセールスマンのおすすめされるがままに購入してしまっている現実もあり、

それが全て最良の選択肢であったかどうかは定かではありません。

 

そこで今回の記事では、はじめての婚約指輪選び、ダイヤモンド選びにおいて、

優先すべきクラスや、最良の選び方をご紹介させて頂きます。

 

Continue reading

婚約指輪に使用される、ダイヤモンドのカットについて

婚約指輪を購入された方のほとんどがダイヤモンドリングを選んでいます。

 

婚約指輪の主役はダイヤモンド(宝石)ですが、

ダイヤモンドにはクラス以外に、様々な種類がある事をご存知でしょうか?

 

婚約指輪に利用される、もしくはおすすめなダイヤモンドの種類についてご紹介致します。

 

 

Continue reading

1カラットダイヤモンドの、婚約指輪。

婚約指輪の主役はダイヤモンド。

婚約指輪を贈るという事は、価値を贈る事と同様です。

 

ダイヤモンドの価値は、4Cと呼ばれる世界共通のグレーティング基準によって決められています。

 

4Cとは、

カラット(大きさ・重さ)/クラリティ(透明度)/カラー(色味)/カット(研磨)

の4つのCを総合的に評価する選定基準。

 

つまりカラットが高ければ(大きい)高いほど、ダイヤモンドの価値も高まります。

全国の婚約指輪平均相場は約30万円

これをダイヤモンドのカラットに当てはめると、

最多購入層(よく選ばれているカラット)は0.3カラットです。

 

これはあくまで全国平均の婚約指輪の相場であり、カラットですが、

昨今では1カラット以上のダイヤモンドを使用した婚約指輪が人気を集めています。

 

本ページでは、女性にとっても憧れである1カラットの婚約指輪についてご紹介します。

 

Continue reading

ダイヤモンドの価値を決める、4Cとは?

今回のトピックは、「ダイヤモンドのグレーティング(4C)について」です。

ダイヤモンドの物質的な内容については、以前の記事(ダイヤモンドとは?)をご覧ください。

 

ダイヤモンドのグレーティング(品位/クラス)は、世界共通の基準が定められています。ブランドによっては基準外でのこだわりを強く打出しているケースも多いですが、原則としてこの基準から逸脱する事はできません。

 

グレーティングが共通で定められている事により、メーカーはもちろん消費者に至るまで安定した価格でダイヤモンドジュエリーの供給が可能となっており、価値における信頼性をもたらしています。

 

今回の記事では、4Cと呼ばれるダイヤモンドのグレーティングについて詳しくご紹介したいと思います。

婚約指輪に最適な4Cグレードなどは、また追ってご紹介致しますので、まずは根本的な知識としてお考えください。

 

Continue reading

ダイヤモンドとは?

今回はダイヤモンドの「物質そのもの」についてご紹介したいと思います。

永遠の輝きを放つ、ダイヤモンド。そんなイメージは世界中で認知されていますが、物質そのものについて詳しい方は限られるかと思います。婚約指輪に選ばれている宝石は、ほぼ100%がダイヤモンド。いわばダイヤモンドとは、婚約指輪の主役なわけです。

 

ダイヤモンドとは一体何なのか。まずはそれを知る事で、婚約指輪を贈る際のプレゼンテーションにも活用できるかと思いますので、ぜひご覧ください。

Continue reading