彼女との結婚を意識し始めたら、気になるのが「婚約指輪」ではないでしょうか。

一生に一度の贈り物だからこそ、思い出に残るようなこだわった指輪を選びたい人も多いはず。

受け取る側の女性も、素敵な婚約指輪に憧れる人は多いといわれています。

しかし、実際に選ぶとなると、たくさんの種類があるのでどれを選べば良いのか迷ってしまうかもしれません。

そこで、婚約指輪の意味や選び方、おすすめのデザインなどをご紹介します。参考にしてみてください。


婚約指輪とは?婚約指輪の歴史について

 

婚約指輪_エンゲージリング_歴史

作者名/Shutterstock.com

 

 

婚約指輪とは、結婚の約束の証に男性から女性へ送る指輪のことです。

一般的にプロポーズをするときに渡したり、結婚の約束を交わしたりした後に2人で一緒に選びに行くことが多いようです。

ところで、なぜ婚約の証が指輪なのかをご存じでしょうか?婚約指輪の歴史は古く、古代ローマ時代にまで遡ります。

当時は、約束のしるしとしてお互いに鉄の指輪をはめるという習慣がありました。

その後、2世紀になると金の指輪が作られて、恋人同士の愛の証として使われるようになったのです。

15世紀頃になると、王族や貴族の間で婚約指輪を贈る習慣が定着しましたが、一般庶民にその習慣が広まったのは、19世紀頃に入ってからといわれています。

それから20世紀にかけて、欧米ではダイヤモンドを婚約指輪として贈る習慣が広がっていきました。

日本で婚約指輪を贈るのが一般的になったのは、1960年代に入ってからです。

当時はパールの指輪が主流で、1970年代に放送されたCMがきっかけでダイヤモンドの婚約指輪を贈る人が増えました。

婚約指輪と結婚指輪の違いは?

 

婚約指輪_エンゲージメントリング_結婚指輪_マリッジリング

作者名/Shutterstock.com

婚約指輪のほかに、結婚式で交換する「結婚指輪」がありますが、婚約指輪だけじゃいけないの?と感じる人もいるかもしれません。

結婚の約束の証として女性に贈る婚約指輪と違い、結婚指輪は「結婚」の証として男女がペアで身に着ける指輪です。

結婚指輪の歴史も古く、9世紀にはローマで花嫁と花婿が結婚指輪を交換したという記録があります。

さらに13世紀のヨーロッパでは、結婚指輪を交換する習慣が一般化していたといわれています。

日本でこの習慣が始まったのは明治時代で、一般庶民に結婚指輪の交換が広がったのは戦後からのようです。

婚約指輪の平均金額は30~40万円なのに対して、結婚指輪の平均金額は1本10万円前後なので、婚約指輪の方が特別な指輪を選ぶ人が多いといえるでしょう。

結婚指輪は日常的に身に着けるので、シンプルなものが好まれます。

一方、結婚の約束の証の意味をもつ婚約指輪は、2人の記念の指輪でもあるので、一生物の宝物として特別なときにも身に着けられるような豪華なものが好まれるのです。

サプライズで指輪を渡したい!指輪選びで失敗しないポイントは?

 

プロポーズ_失敗

作者名/Shutterstock.com

特別な意味を持つ婚約指輪ですが、最近は2人でデザインを一緒に選びに行くカップルが増えているようです。

それでも、サプライズで指輪を渡して彼女を喜ばせてあげたいと考える男性も多いのではないでしょうか。

とはいえ、サプライズで指輪を贈ることは、生まれて初めてという人も多いはず。

そこで、必ず事前にチェックしなければいけないのは、指輪のサイズです。

指輪のサイズを知っている場合にはクリアできる問題ですが、知らない場合は何とか彼女に気付かれずに調べたいところですね。

しかし実際に左手の薬指の完璧なサイズを知っている人は珍しいもの。

婚約指輪_ブランド_EIKA_エンゲージリング_プロポーズ_プレゼント_フラワージュエリー

そこで人気なのが、ダイヤモンドプロポーズです。

婚約指輪の主役であるダイヤモンドのみでプロポーズを行い、そのダイヤモンドを利用してプロポーズ後に相手の好きなデザインを選ぶという方法です。

非常に人気なプロポーズと婚約指輪を贈る方法ですが、EIKAフラワージュエリーのエンゲージメントコレクションなどを活用すると良いでしょう。

婚約指輪にはダイヤモンドを!

 

婚約指輪_ダイヤモンド_カラット_0.5カラット_デザイン

作者名/Shutterstock.com

指輪のサイズと好みを聞いたら、どんなデザインの指輪を贈るかも大切なポイントです。

婚約指輪に決まりはありませんが、宝石の付いたデザインが人気で、特にダイヤモンドが好まれます。

色の付いた宝石はたくさんあるのに、なぜダイヤモンドが選ばれるのでしょうか?

ダイヤモンドが選ばれる理由は、上記で挙げたようなCMの影響だけではないのです。

ダイヤモンドは宝石のなかでも硬度がある石なので、簡単に壊れたり傷ついたりしません。

そのため、「この愛は壊れることがない」という意味を込めて、婚約指輪にダイヤモンドを選ぶ人が多いといわれています。

さらに、ダイヤモンドの宝石言葉は「変わらぬ愛」「純愛」「不変」などがあります。

一生の愛を約束するのにふさわしい意味を持つことも、選ばれる理由のひとつといえるでしょう。

ダイヤモンドにはカラット(重さ)・カラー(色味)・クラリティ(透明度)・カット(輝き)で質を評価する、「4C」という評価基準があります。

これらの評価が高くなればなるほど、高価な宝石ということです。

永遠の愛を誓う証にぴったりな宝石といえるでしょう。

婚約指輪のデザインは?

 

婚約指輪_ダイヤモンド_カラット_0.5カラット_デザイン

作者名/Shutterstock.com

婚約指輪のデザインはいくつかありますが、大きく分けると5つあります。

ダイヤモンドが人気の宝石ですが、ピンクやブルーなど色の付いたダイヤモンドや、天然の色石を使った「色石リング」を選ぶ人もいます。

彼女の誕生石にこだわって選びたい人には、ぴったりなデザインでしょう。

(ただし主流はあくまでダイヤモンドなので、それ以外は冒険になります)

ダイヤモンドを1粒だけセットしたシンプルなデザインは「ソリティア」といい、1粒ダイヤを立て爪で留めたタイプです。

リングアームや爪のデザインによって印象が変わります。

それから、メインの石の脇に0.03カラット以下の小粒なメレダイヤを添えた「メレ」は、メレダイヤの形や数でイメージも変わるので、セミオーダーで作る人が多いデザインです。

リングアームにメレダイヤを敷き詰めたデザインは「パヴェ」といいます。

メレダイヤだけを敷き詰めたタイプや、中央にメインのダイヤをセットしたタイプがあり、ゴージャスな印象の指輪です。

そして、婚約指輪としておすすめしたいのが「エタニティ」です。

エタニティは同じサイズとカットのダイヤをリングアームに並べた、終わりのない永遠の愛を意味するデザインです。

変わらぬ愛を意味するダイヤモンドと、ぴったりなデザインといえるでしょう。

エタニティリングがおすすめの理由は?

 

 

エタニティリングは、結婚10周年記念に贈られる「スイートテンダイヤモンド」に多く率いられているデザインです。

エタニティリングは見た目が華やかな印象ですが、ストレートなタイプが多いため、ほかの指輪との重ね着けも可能です。

婚約指輪は豪華なものが好まれるので、パーティーや結婚式でしか着けないというケースもあります。

しかし、エタニティリングは結婚指輪と重ね着けしても違和感がないので、使う機会も増えるでしょう。

一般的には、フルエタニティという指輪の全周にダイヤモンドが並べられたデザインを指しますが、

半周だけダイヤモンドを並べたハーフエタニティもあります。予算に限りがある場合は、ハーフエタニティでも十分華やかな印象になります。

リングのデザインも、ひとつの爪で両サイドのダイヤを留め、輝きを全面に出す「共有爪留め」や、

4つの爪で留めて安定感を出す「4爪留め」と、爪がなくサイドの金地レールでダイヤを挟み込む「レール留め」があります。

ダイヤの数や留め方のデザインの組み合わせでもイメージが変わるので、彼女の好みに合わせて選べるでしょう。

普段から身に着けやすいタイプで、予算や好みに合わせてデザインを選べることから、エタニティリングがおすすめなのです。

2人にとって大切な思い出となる婚約指輪には、まさに一生物のエタニティリングを贈ってみてはいかがでしょうか。