プロポーズを決意してから、多くの方が悩んでしまう場面があります。

それはプロポーズのプレゼントについてです。

 

本来のイメージであれば、婚約指輪を差し出してプロポーズというのが一般的な発想ですが、

指輪といっても相手の指のサイズだったり好みが分かりづらいため、多くの方が悩んでしまう。というわけです。

 

そこで次に検討されるのが、指輪以外(指輪の代わりとなる)のプロポーズプレゼント。

サイズや好みが分かりづらい婚約指輪で賭け的にプロポーズプレゼントするよりも、

婚約指輪はプロポーズの後にして、指輪の代わりとなるプロポーズプレゼントを贈ろうという方法です。

 

しかしここでも悩みが発生しがち。

本来指輪という演出のもとで成り立っていたプロポーズがなくなった段階で、

どうやったら演出効果が高く、相手にも喜んで貰えるプレゼントを選べるのかが難しいポイントです。

 

そこで今回の記事では、

プロポーズにおいて指輪の代わりとなる最高のプロポーズプレゼント方法についてご紹介をします。

 


 

 

 指輪の代わりでも、妥協すべからず。

 

プロポーズ-サプライズ

 

まず大前提として、婚約指輪の代わり(指輪以外)のプロポーズプレゼントであっても、

それが取り急ぎ感のある妥協的なプレゼントであってはいけません。

 

率直に言ってしまえば、安すぎるプレゼントは絶対にNGな傾向です。

理由は明確で、そもそもプロポーズこそが最も特別な場面であり、

その特別感を演出するのが、プロポーズプレゼントであるわけです。

 

プロポーズという一生に一度に近い特別な場面において、

そのプレゼントが安物すぎるものであったり、ロマンチックさからかけ離れたものであれば、

相手の印象も悪くなってしまい、プロポーズ失敗の要因にもなりかねます。

 

指輪以外だったとしても。指輪の代わりとなるプレゼントだったとしても。

婚約指輪同様に、相手から喜ばれるプロポーズプレゼントに相応しいものを用意するようにしましょう。

 

 

 予算をかけすぎて、自分の首を絞めないように。

 

婚約指輪-結婚指輪-オンラインショップ-ネット通販

 

安物すぎるプロポーズプレゼントは避けたいですが、

余り高価なものを贈りすぎると、それはそれで問題になってしまいます。

 

最終的に婚約指輪も検討されているなら、プロポーズのプレゼントと婚約指輪という2つの商品を用意しなくてはなりませんし、

その分予算も上がってしまいます。

 

また指輪の代わりとなるプレゼントにお金をかけすぎてしまえば、

相手の方からその分を婚約指輪の予算に充当して欲しかった・・という意見にもなってしまうでしょう。

 

このあたりのバランスをしっかりと精査して、

バランスが取れている素敵なプロポーズプレゼントを選ぶようにしましょう。

 

 

 ダイヤモンドで、全てを解決。

 

ダイヤモンドプロポーズ

 

 

前提が長くなってしまいましたが、

指輪以外でも相手に喜ばれて特別感の演出できるプレゼントを用意するのは、とても難しいことのように思えます。

しかしそこはダイヤモンドに注目すれば全てを解決することができてしまいます。

 

ダイヤモンド_婚約指輪_妻_贈り物_バラ_花束_フラワージュエリー_サプライズ_夫婦_プロポーズ_ダイヤモンドリング

 

 

そもそも婚約指輪(エンゲージリング)というのは、

価値がある美しいダイヤモンドが主役となったリングのこと。

 

つまり婚約指輪は、婚約を記念して価値の高いダイヤモンドを贈り、それを身につける手段。

そして婚約指輪に対する憧れとは、美しく輝くダイヤモンドにあります。

 

婚約指輪_エンゲージリング_ブランド_サービス_刻印

 

 

敢えてプロポーズのプレゼントと婚約指輪を分けて考える必要性はありません。

主役たるダイヤモンドのみでプロポーズを行い、後からそのダイヤモンドをベースにして、

相手の好きな婚約指輪のデザインを指にぴったりな形でオーダーメイドしてあげれば良いのです。

 

この方法はダイヤモンドプロポーズと呼ばれ、現代においては通例ともなってきている人気な手段です。

ダイヤモンドプロポーズなら、指のサイズや好みを気にせずに素敵なプロポーズプレゼントを叶えられますし、

何より相手の好きなデザインを後から叶えられるという選択肢が非常に女性にとって喜ばしいものです。

また1つのプレゼントで全てを叶えられるため、

予算的なパフォーマンスも高いと言えるでしょう。

 

 

 仮のリングで贈るのは、かっこわるい?!

 

婚約指輪_プロポーズ_ダイヤリング_サプライズ

 

 

そんなダイヤモンドプロポーズにおいては、各社から様々なサービスが展開されていますが、

よくあるプロポーズ専用のリング(プロポーズリング)はあまりおすすめできません。

ダイヤモンドプロポーズをされるなら、指輪でプロポーズという固定概念を取り払うようにしましょう。

確かにイメージは強いですが、それが本当に必要かどうかは疑問です。

 

サイズの調整ができる仮のプロポーズ用リングなどは、

せっかくスマート化されたダイヤモンドプロポーズ方法をややこしくしているだけだからです。

 

玩具みたいなリングで渡されれば、せっかくセットされているのが本物のダイヤモンドだったとしても、

そうは見えなくなってしまいます。

 

ダイヤモンドプロポーズが素敵なのは、

素材を贈り、答え(デザイン)という選択肢を相手に残している配慮にあります。

そしてリングを二人の共同作業で完成させられるという点にあります。

 

仮のリングで贈れば、ややこしい説明ばかりをしなくてはならず、かえって悪印象です。

指輪という先入観にとらわれず、ぜひシンプルに素敵な方法を採用してみてください。

 

 

 華やかなダイヤモンドプロポーズを。

 

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

 

最後にご紹介するのは、ダイヤモンドプロポーズを究極の形で行う方法について。

華やかな最高のダイヤモンドプロポーズをするなら、EIKAフラワージュエリーのエンゲージメントコレクションを強くおすすめします。

 

EIKA_FJEC_大輪ローズボックス

 

 

世界最高級のバラと婚約指輪専用のダイヤモンドを融合させ、

その究極の組みあわせによって、華やかさを極めた感動のサプライズプロポーズを叶えます。

ダイヤモンドだけだと演出的に物足りなさを感じてしまう方にも強い味方となります。

 

バラはラグジュアリーブランドEIKAの高級ジュエリーケースにおさめられており、

プリザーブド化されていて枯れないため、そのまま思い出のアイテムとして残り続けます。

 

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

 

EIKA_FJEC_鑑定書

 

またバラ中心に輝くダイヤモンドは、それだけを着脱できる仕様となっており、

全て最高品質のダイヤモンドだけがセレクトされ、公式鑑定機関発行の鑑定書も付けられます。

 

EIKA_FJEC_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

EIKA_KONYAKUYUBIWA_POST_14514engagementring-original2

 

 

さらにフラワージュエリーエンゲージメントコレクションでは、

贈られたダイヤモンドをベースにして、後から相手の好きな婚約指輪を無料でオーダーメイドできるサービスが付けられているため、

1つのプレゼントで全てを叶えることができるようになっています。

 

指輪を超えるプロポーズプレゼントと、相手の好きを確実に叶えるサービス。

フラワージュエリーエンゲージメントコレクションについて詳しくは、

EIKA公式ブランドサイトをご覧ください。

 

>EIKA公式ブランドサイト・フラワージュエリー詳細はこちら

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>