プロポーズといえば、指輪のケースをパカッと開いて行う。

という先行的なイメージは誰もがお持ちだと思います。

これからプロポーズを計画される方も、まずはそんなイメージをお持ちなのではないでしょうか。

 

ほとんどの方がプロポーズを計画するにあたって、まずは婚約指輪(エンゲージリング)をどうするか悩むことから始まりますが、

実際に指輪でプロポーズされる方はほとんどいないのが事実でもあります。

 

なぜなら指輪という特性上、相手の指にぴったりでなくてはいけませんし、

彼女の薬指のサイズから好みのデザインまで熟知している方はほとんどいないからです。

 

そこで現代におけるプロポーズ方法及びプロポーズプレゼントの方法として主流ともなっているのが、

婚約指輪ではなく指輪以外でのプロポーズ、指輪なしでのプロポーズ方法です。

 

指輪でのプロポーズというイメージが強すぎたため、戸惑う場面もありますが、

プロポーズをされるなら絶対に指輪ですべきではありません。

 

その理由や、おすすめのプロポーズ方法、

彼女にとって最適かつ喜ばれる婚約指輪を叶えてあげる方法について、今回はご紹介したいと思います。

 


 

 

 1. サイズが違ったは、致命的な要因になる。

 

彼女_糸_サイズ_赤い糸

 

婚約指輪でプロポーズすべきではない1つ目の理由は、「指輪のサイズ」についてです。

そもそもプロポーズはサプライズに行うものであり、サプライズでなければプロポーズとは言えません。

 

そのサプライズという制約がある中で、指輪のサイズを聞き出したりすれば、大抵の場合プロポーズがばれてしまいます。

それにそもそも彼女の左手薬指の指輪のサイズを完璧なサイズでご存じの方もなかなかいないかと思います。

 

指輪のサイズは号数で規格化されているんですが、

女性の指のサイズは変わりやすいですし、一見ぴったりな指輪も、付け心地が緩かったりきつかったりしています。

 

婚約指輪はファッションリングではなく、宝飾品。

一生モノの宝物であり、特別な時に見つけるフォーマルな装飾品でもあります。

確実にお相手の方の左手薬指にぴったりで、付け心地が良いものを選ばないと、身につける楽しみは半減してしまいます。

 

サイズが違った指輪でプロポーズすれば、結局のところサイズ直しになることとなり、

追加費用はもちろん、スマートな演出が台無しになってしまう致命的な要因にも繋がります。

 

また危険な要因として、彼女にさりげなく指のサイズを聞き出す。という方法があります。

リングはそれぞれの幅だったり仕様的な部分で付け心地が変わってきますし、

最新のリングサイズを熟知している女性もまた希有な存在。

つまりせっかくリスクを負って聞き出した情報が間違っていた。なんてことはよくあるケースなんですね。

 

眠っている間に糸で計測・・なんてアナログな方法は絶対に採用すべきではありません。

間違いなくずれてしまいます。

 

 

 2. 好みのデザインは、変わる。

 

婚約指輪-指輪-サイズ-測り方

 

婚約指輪でプロポーズすべきではない2つ目の理由は、「指輪のデザイン」についてです。

つまり相手の方の好きなデザインを叶えてあげることが必須となります。

これに関しては答えはありません。人それぞれです。だから厄介なのです。

 

趣味趣向を知ってはいても、危険な部分があります。

なぜなら大抵の場合、相手の方はブライダルリングと呼ばれる婚約指輪と結婚指輪をしっかり品定めする機会が初めてだからです。

 

つまり理想はあっても、実際に見てみたら方向性が大きく変わった。

なんてケースの方が多いんですね。

 

つまり日常的なお付き合いの中で、彼女の好みを熟知していたとしても、

婚約指輪という初めての機会に触れて、実際の理想と選ぶデザインは変わることが多いというわけです。

 

筆者は年間1000組ものお客様とブライダルリングのお打ち合わせをさせて頂いておりますが、

ご来店頂くまでに描いていた理想から、実際にリングをみて全く異なるデザインの指輪を選ばれる方は半数に上ります。

 

贈ったその時には気に入っていても。

ずっと持ち続ける中で、やっぱりあのデザインが良かった・・なんて失敗は避けましょう。

 

結局のところ、選ばれたリングよりも、自分で選んだリングの方が納得して、愛着も湧くんですね。

 

 

3. 婚約指輪は、婚約記念品である。

 

婚約指輪_エンゲージリング_着用_時期_おすすめ_タイミング

 

婚約指輪でプロポーズすべきではない3つ目の理由は、「婚約記念品であるという概念」についてです。

そもそも婚約指輪(エンゲージリング)とは婚約記念品であって、プロポーズプレゼントではありません。

欧米からの文化流入によって、プロポーズで指輪を。という方法が流行しただけの話に過ぎません。

 

婚約記念品とは、その名の通りで、

婚約を記念して新郎側から新婦側へ贈る贈答品のことです。

 

だからこそ、ダイヤモンドという宝石が主役のリング(ダイヤモンドリング)=婚約指輪(エンゲージリング)なわけです。

婚約を記念するにふさわしい、しっかりと価値のあるダイヤモンドを贈る手段、そして身につける手段が婚約指輪ということです。

 

この点において婚約指輪以上に優れた婚約記念品はありません。

コンパクトに、贈った後も生涯に渡って活用でき、価値も高い。贈る側も、贈られる側も嬉しいからこそ、

古くより婚約指輪は婚約記念品として通例となったんですね。

 

つまり、ルールではありません。

指輪以外で婚約記念品を贈る方法も大丈夫ですが、婚約指輪以上のものがなかなかない。ということです。

 

これらの事から、婚約指輪はプロポーズプレゼントのようにイメージが誤解されていることが多いものの、

婚約指輪はあくまで婚約記念品なので、プロポーズでリスクを介してまで贈るメリットは何もないのです。

 

 

 エゴにならないように、喜ばれるように。

 

 

指輪でプロポーズをすべきではない3つの理由にてご紹介致しましたが、

それでも指輪でプロポーズしたい方もいらっしゃると思います。

ヒトそれぞれのストーリーがあると思いますので、そこは自由に発想をしていただければと思いますが、

指輪でのプロポーズは基本的におすすめできない。と考えて頂いて良いでしょう。

 

プロポーズとは、男性から女性側へ結婚の意思を伝え、それを承諾してもらう機会。

つまり大切なのは、いかに相手の女性に喜んでもらえるかどうかです。

 

指輪でのプロポーズ。それがエゴになってしまってはいけません。

相手が絶対に指輪でのプロポーズで喜んでもらえるなら、採用しても良いでしょう。

 

実際、ほとんどの女性がせっかく婚約指輪をもらえるなら、自分で・二人で選びたい。と考えています。

理由は先にご紹介した通りです。

 

婚約指輪は女性にとってそれくらい特別なものであり、実際に持ち続けるのは相手の方。

選択肢を残してあげる取り計らいはきっと喜んで頂けるでしょう。

 

プロポーズとそのプレゼントはエゴにならないように、

相手にとってより喜ばしいものであるようにしましょう。

 

 

 二人が幸せになれる、指輪以外のプロポーズとは。

 

プロポーズ_バラ_花束

 

では実際に指輪以外のプロポーズプレゼント方法とはどんなものがあるのでしょうか。

大切なのは、贈る側・プロポーズする側の男性も、贈られる側・プロポーズされる側の女性も双方が幸せを感じられることです。

 

ダイヤモンド

 

 

指輪以外のプロポーズなら、「ダイヤモンドプロポーズ」です。

ダイヤモンドプロポーズとは、婚約指輪の主役であるダイヤモンドのみでプロポーズを行い、

後からそのダイヤモンドをベースにして、相手の好きな婚約指輪をオーダーメイドで叶えてあげる方法です。

 

このダイヤモンドプロポーズなら、

プロポーズのその時も憧れであるダイヤモンドで演出できるだけでなく、

後から相手の好きなリングを作れるという選択肢を残すことができます。

また主役のダイヤモンドを贈っているので、男性側も予算の管理がしやすいことも大きな魅力ですね。

 

いきなり二人で指輪を選びにいくと、男性側は予算が怖かったり。

女性側も気を遣ってしまいますが、ダイヤモンドプロポーズなら、存分に好きなデザインを選ぶことができます。

 

指輪以外のプロポーズプレゼントには様々なものがありますが、

ダイヤモンドプロポーズ以上に優れた選択肢はないと言えるでしょう。

 

 

 最上のダイヤモンドプロポーズを採用する。

 

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

 

いかがでしょうか。

指輪でプロポーズという先入観・固定概念によって、多くの方がせっかくの高額な婚約指輪や、

特別なプロポーズという機会において失敗してしまっています。

ぜひ様々なリスクを回避して、お二人にとって素敵なプロポーズを行いましょう。

 

最後にご紹介するのは、ダイヤモンドプロポーズにおける最上の方法についてです。

 

最高のダイヤモンドプロポーズなら、EIKAフラワージュエリーのエンゲージメントコレクションです。

世界最高級のバラと婚約指輪専用のダイヤモンドが融合し、

究極の組みあわせで感動のサプライズプロポーズを叶えます。

 

EIKA_FJEC_大輪ローズボックス

 

 

ラグジュアリーブランドEIKAの高級ケースにおさめられた、

バラの名産地として名高い南米エクアドル産の最高級ローズ。

プリザーブド化されているため、枯れることなく生花の美しさを残し続けます。

 

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

 

EIKA_FJEC_鑑定書

 

 

バラ中心にセットされたダイヤモンドは、全て婚約指輪としてふさわしい天然最高品質のものだけが採用されており、

公式鑑定機関が発行する重厚な鑑定書も付けられ、その価値を永久的に保証します。

全て無色透明で美しいカットが施されたダイヤモンドのみが採用されているため、ご予算に合わせてカラットを選べるのも魅力です。

 

EIKA_FJEC_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

EIKA_KONYAKUYUBIWA_POST_14514engagementring-original2

 

 

さらにフラワージュエリーエンゲージメントコレクションには、

贈られたダイヤモンドをベースにして、後から相手の好きなリングを無料でオーダーメイドできるサービスが付けられており、

1つのプレゼントで全てを叶えることができます。

 

プロポーズも完璧に。指輪も完璧に。

二人にとって嬉しい方法を。

 

フラワージュエリー・エンゲージメントコレクションについて詳しくは、

EIKA公式ブランドサイトをご覧ください。

 

> EIKA公式ブランドサイト・エンゲージメントコレクションの詳細

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>