婚約指輪(エンゲージリング)は、婚約記念品として贈られる唯一無二の一品として、多くの女性にとっては憧れとなる一生の宝物として愛されるダイヤモンドリングです。

プロポーズに相応しい婚約記念品として贈られる婚約指輪は、ダイヤモンドとベースメタルで構成されており、指輪やネックレスなど様々な方法でプレゼントされます。

2008年創業のジュエリーブランドEIKAで実際に選ばれてきた婚約指輪デザインのデータから作成したランキングを元に、婚約指輪のデザイン選びについてご紹介します。

特別な婚約指輪だからこそどんな風に選べば良いのか参考にしてみてくださいね。


 婚約指輪人気ランキング第1位:サイドストーンリング

EIKA_EC1028_婚約指輪

EIKAで実際に選ばれている婚約指輪人気ランキング第1位は、サイドストーンリングです。

サイドストーンとはその名の通り、センターの主役のダイヤモンド(大きめ)の横に、比較的小さなダイヤモンド(メレダイヤモンド)をアクセント的にセットしたリングの総称となり、通常のリングよりも遊び心があり、可愛らしさや女性らしさの演出ができるため、非常に人気の婚約指輪デザインです。

最近ではお仕事をされている女性がほとんどですので、あまり贅沢すぎると気が引けてしまう・・という女性にもぴったりなデザインであり、華やかさを主張しすぎず、ほどよい主張があるリングですね。

サイドストーンとしては、左右に1石ずつはもちろん、両サイドに2石や3石ずつセットしていくこともできます。

また、アーム(リング本体)を曲線的に描いたり、直線に描いたりと、アレンジの幅やデザインの幅が無限に存在しています。

 婚約指輪人気ランキング第2位:エタニティリング

EIKA_EC1001_婚約指輪

EIKAで実際に選ばれている婚約指輪人気ランキング第2位は、エタニティリングです。

贅沢なデザインとして昔からずっと憧れの的であるエタニティリングは、指輪をつけると手元が一気に華やかになり全てダイヤモンドの輝きで満たされる非常に贅沢なリングです。

一般的にエタニティリングは他の婚約指輪デザインよりも高級で非常に高くなりますが、その分贅沢さや高級感はピカイチです。より最高の選択肢で贈りたい・選びたい。という方には最もおすすめできる婚約指輪のデザインといえるでしょう。

エタニティデザインの婚約指輪の場合、本来は指輪の全周にダイヤモンドを配置するフルエタニティである方が言葉の意味(永遠が続く)として婚約シーンには相応しく、つける方の自己満足度は高まるのですが、サイズ直しができなかったり、ダイヤモンドが落ちやすかったりという難点があります。(費用面も高額になりやすい傾向にあります。)

そのため、見える部分は全てダイヤモンドを敷き詰められ、さらにサイズ直しやダイヤモンドの石落ちリスクを最小限にした、婚約指輪の半周にダイヤモンド配置したハーフエタニティが通例となっています。(写真はハーフエタニティの婚約指輪の着用画像です。)

また、余談ではありますがエタニティデザインは結婚指輪との重ね付けにも非常に適しています。

 婚約指輪人気ランキング第3位:ウェーブリング

EIKA_EC1011_婚約指輪_0.5ct

EIKAで実際に選ばれている婚約指輪人気ランキング第3位は、ウェーブリングです。

ウェーブラインとは、その名の通りアーム(リング本体)が曲線を描いているリングの総称です。

ウェーブラインにすることで、より繊細なデザインを楽しむことができるリングデザインなため、常に人気上位にヒットするデザインです。

サイドストーンと組み合わせたり、エタニティをウェーブに仕立てることで、またひと味違ったデザインを実現することもできます。

 婚約指輪において人気なダイヤモンドのカラットは?

EIKA_FJEC_カラット比較

EIKAで実際に選ばれている人気デザインランキングについてトップ3をご紹介しましたが、婚約指輪はダイヤモンドが主役のリングであり、主役であるダイヤモンドを先に決めておくことでデザイン選びも比較的スムーズになり、どんな風に身につけたいかというイメージも湧きやすくなります。

ここからは、同じくEIKAで選ばれているダイヤモンドクラスをカラット(大きさ)に絞って人気ランキング形式でご紹介しておきましょう。


1位:0.3カラット

EIKA_EC1024_婚約指輪
EC1030_0.3ct

全国の婚約指輪における平均相場(予算)は約30万円で、0.3カラットのダイヤモンドクラスが最も人気なダイヤモンドクラスとなっています。

大きさと価値のバランスが優れていることが人気の所以です。

女性の中には婚約指輪が人生で初めてのジュエリーという方も少なくなく、つけやすいという点においても0.3カラットは優秀な大きさとなり、合わせてダイヤモンドを取り巻くデザインが比較的主張されるのが0.3カラットという大きさです。

2位:0.5カラット

EIKA_EC1019_婚約指輪_カラット比較

ダイヤモンドカラット人気ランキング2位は、0.5カラット。

平均よりも大きめのダイヤモンドで特別感やしっかりした価値を贈りたいという方に人気のクラスで0.5カラットを超え始めるとダイヤモンドが誰が観ても大きく感じてきますので、おすすめです。

また、ダイヤモンドと婚約指輪デザインが同等に主張される大きさということも魅力で、指輪だけでなく首元を飾るネックレスなどにリメイクしたりする場合においても大変バランスの取れるカラットでもあります。

3位:1カラット

EIKA_EC1019_婚約指輪_1ct

生涯の贈り物として婚約指輪をプレゼントされたいという方に、常に人気なダイヤモンドクラスである1カラットは、まさに宝石!というにふさわしい大きさと素晴らしい輝きを放つクラスです。

婚約指輪は一生モノ。そして代々受け継いでいくリングでもありますので、そういった永遠の価値に相応しいものを。と考える方にとっては非常に優れたクラスです。

平均的・一般的で、恥ずかしくないクラスなら0.3カラットを、少し特別感を演出するなら、0.5カラット以上を。

最高に特別なダイヤモンドを演出したいなら1カラット、といったイメージになりますが、年々婚約指輪の平均価格は上昇傾向にあります。

せっかくの特別な記念品であり、安定した高い価値を持つ宝飾品だからこそ、しっかりしたクラスを贈りたいというイメージを持ってらっしゃる方が増えてきているからですね。

婚約指輪選びは彼ひとりで選んではいけない

婚約指輪-エンゲージリング-オーダーメイド-EIKA-コレクション

ここまでEIKAで実際に選ばれている婚約指輪の人気デザインをご紹介しましたが、婚約指輪選びはそんなに簡単に選べるものではありません。

特にサプライズプロポーズを計画されている方の場合、相手の好きなデザインやサイズを彼自身が決めなければなりませんし、高額な婚約指輪をなんとなくこれかな?という考えで購入することで失敗のリスクを伴う可能性も潜んでいます。

また、女性にとっても婚約指輪を選ぶことは初めての経験となり、普段身につけるファッションジュエリーとは全く違うジャンルですから、いくら画像検索をしてイメージを膨らませていても実際にジュエリーショップに行って、0.3や0.5といった異なるダイヤモンドカラットを試着して、それに付随してデザインを選ぶ中で、当初思い浮かべた婚約指輪のイメージとは全くことなるデザインの婚約指輪を選んだという方も少なくありません。

年間100件以上の接客をしている筆者も、シンプルなウェーブの指輪をイメージされて来店された彼女が実際試着した結果、エタニティデザインを選ばれたという事例があります。

ですから、たとえ彼女から好きなデザインを聞き出せたとしても実際に試着していない場合には、思ってたのと違うという場合や、リングサイズも最新の情報でなければ、せっかくプレゼントしてもサイズが合わなかったという可能性もあります。

せっかくの婚約指輪だからこそ、サプライズで渡したい気持ちはもちろん理解できますが、婚約指輪は彼女がつける指輪でもありますから、彼一人ではなくプロポーズが成功してから彼女と一緒に選ぶ方が、二人にとって良い決断になる可能性が高いでしょう。

婚約指輪の主役であるダイヤモンドを贈ろう!

婚約指輪-エンゲージリング-ダイヤモンド

プロポーズや婚約は結婚のファーストステップですから、ぜひ素敵な日を演出して頂きたいものですが、リングサイズやデザインの問題、彼女にとっても同じプレゼントされるなら自分で好きなものを叶えたいと考えています。

そこでお勧めしたい方法が、婚約指輪の主役であるダイヤモンドのみでプロポーズし、後から相手の好きな婚約指輪をオーダーメイドで叶えてあげる、というダイヤモンドプロポーズと呼ばれる方法です。

ダイヤモンドプロポーズという方法を活用することで、プロポーズという瞬間にダイヤモンドという価値ある贈り物を用意することができますし、そのダイヤモンドで彼女と一緒にデザイン選びする事が出来るため、サイズやデザインで失敗するということも基本的はないということになります。

ダイヤモンドプロポーズなら、最高のプロポーズから婚約指輪までを叶えることができるため、昨今においてはスタンダードともなってきているプレゼント方法です。

また、ダイヤモンドでプロポーズすることは、ある程度の費用感を彼自身で舵取り出来るようになる為、予算コントロールもしやすくなります。

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

例えば、枯れないバラと婚約指輪専用のダイヤモンドが融合し華やかなダイヤモンドプロポーズを叶えられるEIKAフラワージュエリーのエンゲージメントコレクションであれば、贈ったダイヤモンドをベースにして、相手の好きな婚約指輪を無料でオーダーメイドできるサービスが付いているため、まさに1つのプレゼントで全てを叶えることができます。

EIKA_EC_理想のリングへリメイク
EIKA_KONYAKUYUBIWA_POST_14514engagementring-original2

EIKAからセレブレーションダイヤモンドとして、サイドストーン、エタニティにセットされている極小のダイヤモンド(メレダイヤモンド)をプレゼントしています、。

このサービスがあることによって、彼女に追加費用がかかるからこそ結局好きな婚約指輪デザインを選べなかったという不満や、もやもやを感じさせることなく、本当に欲しい婚約指輪を楽しみながら選んでいただく事ができます。

ダイヤモンドには全て公式鑑定機関が発行する鑑定書が付けられ、予算に合わせてダイヤモンドクラスを選ぶだけで済みます。フラワージュエリーエンゲージメントコレクションについて詳しくは、EIKA公式ブランドサイトをご覧ください。






今支持されている人気の方法で、最高のプロポーズと婚約指輪を。

ぜひ素敵な一日を計画して頂ければ幸いです。



「合わせてオススメしたい記事」



パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>



究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>