婚約指輪(エンゲージリング)といっても無数にその種類はあり、ブランドやお店も沢山あります。

その中から最高の1つを見つけるのは至難の業でもありますが、その時々の人気・トレンドがあるため、

それらからある程度候補を絞って選んでいくことで、より理想の指輪に近づきやすくなります。

 

ただ、人気な婚約指輪といっても各ブランドやメーカー、ショップによって独自な人気商品を打ち出しており、

大事なのはニュートラルに人気なリングをまずは探し出すことです。

 

そこで今回の記事では、婚約指輪における人気なデザインについて、

より専門的な知識をベースに紐解いてご紹介したいと思います。

 

人気のデザイン達から、最高の婚約指輪を選びましょう。

 


 

 

人気のダイヤモンドカラット

 

婚約指輪-カラット-エンゲージリング-1カラット

 

婚約指輪の主役はなんといってもダイヤモンド。

婚約指輪=ダイヤモンドリングですから、どのような大きさのダイヤモンドにするかによって、デザインは大幅に変わってきます。

またこの点についてはデザインだけでなく、予算の大半を決める部分になってきます。

 

大きければ(カラットが高い)大きいほど価値の高いダイヤモンド。

善し悪しで語るなら、大きいにこしたことはありませんが、デザインの趣向が入ってくるとそうもいきません。

 

カラットが大きくなればなるほど、選べるデザインの幅も狭まってきます。

理由は明確で、デザインの大半がダイヤモンドになってくるからです。

ダイヤモンドが大きいほど、ダイヤモンドの主張は高まり、デザインの幅はなくなってきます。

むしろデザインが必要じゃなくなってくるわけです。

 

カラットが小さければ小さいほど、ダイヤモンドの主張も小さくなりますから、

デザインで遊べる幅が広くなってきます。

 

しかしデザインの幅を優先するから、カラットを低くする。という選択肢も本末転倒です。

なぜなら婚約指輪は婚約記念品、婚約の証しとして価値の高い宝石(ダイヤモンド)を贈ることが本来の目的だからです。

そのため、婚約指輪選びはデザイン選びから入るのではなく、ダイヤモンド選びからスタートしましょう。

 

婚約指輪で最も人気なダイヤモンドクラスは、0.3カラットです。

同様に全国の婚約指輪における平均予算は約30万円で0.3カラットとなっています。

 

人気かつ相場となっているのには理由があり、

婚約指輪としてダイヤモンドの輝きがしっかりと楽しめる大きさであり、

デザインの幅も非常に広い。というバランスの取れたカラットだからです。

 

婚約指輪として人気なダイヤモンドクラスから選ぶなら、0.3カラットから検討されると良いでしょう。

 

 

 0.5カラットのススメ。

 

EIKA_エンゲージ_EC1037_ブーケリング_ダイヤリング

 

0.3カラットは婚約指輪用のダイヤモンドとして非常に人気なクラスですが、

最近注目と人気を集め始めているのが、0.5カラットです。実は筆者も非常におすすめしているカラットです。

 

0.3カラットは婚約指輪として人気なラインでもあり、非常に無難で一般的なクラスでもある二面性を持っています。

つまり特別感をしっかりと演出したいのなら、0.5カラットがおすすめになります。

 

見た目の大きさについては、誰がみても大きいという印象を与えるでしょうし、

デザインの幅も0.3カラット同様に選択肢が豊富にあります。

 

逆に0.7カラットを超え始めるとダイヤモンドが巨大になってくるので、

デザインの幅は一気に狭くなっていきます。また、予算も70万円を超えていきます。

 

ご予算が許すなら0.7カラット、1カラットオーバーを視野に入れることはおすすめしますが、

そうではない場合は、0.5カラットが非常に便利なカラットという認識でいれば良いでしょう。

予算感としては、約50万円ほどになってきます。

 

一生物の宝物、そして後世へ受け継いでいくリングとして、0.3カラットから20万円ほどで大きな差別化を図ることができますね。

人気かつ平均的であれば0.3カラットを、トータルバランスがより優れているものなら、0.5カラットを。

ご予算が許せば、0.7カラット・1カラットオーバーを。という考え方になってきます。

 

 

 0.5カラットまでで人気の婚約指輪

 

ダイヤモンド_婚約指輪_妻_贈り物_バラ_花束_フラワージュエリー_サプライズ_夫婦_プロポーズ_ダイヤモンドリング

 

それではデザイン本体のお話へ移ります。

先述の通り、デザインの幅が広い0.5カラットまでのダイヤモンドにおいて、人気の婚約指輪デザインをご紹介します。

 

「ソリテールリング」

 

婚約指輪_ソリテール_EC1019

 

どのようなカラットでも時代を超えて最も人気な婚約指輪デザインです。

ソリテール(ソリティア)とはフランス語で1つだけ(唯一の)という意味のデザイン。

主役のダイヤモンドのみをセンターへセットした最もシンプルでクラシカルな基本デザインです。

シンプルなため、どのカラットでも人気の傾向にあります。

逆に0.7カラットを超え始めるとこのソリテールデザインがメインとなってきます。

 

「エタニティリング」

 

婚約指輪_エタニティ_EC1001

 

最も贅沢で憧れの婚約指輪デザインといえば、このエタニティリングです。

永遠を意味するリングであり、身につけると全てダイヤモンドの輝きで満たされるデザインです。

ダイヤモンドを贅沢に敷き詰めるため、他のデザインよりもかなり高くなる傾向にあります。

カラットが低いダイヤモンドほどエタニティリングにすることで贅沢さをカバーすることもできますが、

その差額を考えるとカラットを上げる方に予算を優先させるという考え方もあります。

 

「サイドストーンリング」

 

婚約指輪_サイドストーン_EC1028

 

主役のダイヤモンドの両サイド、もしくは片側などに複数のダイヤモンドをセットするデザインです。

良いところ取りなデザインのため、昨今では人気が急上昇しています。

またどのようなカラットのダイヤモンドにも相性の良いデザインであり、シンプルで贅沢さを併せ持った人気のデザインです。

 

「ウェーブリング」

 

婚約指輪_ウェーブ_EC1010

 

0.3カラットまでのダイヤモンドで人気な婚約指輪デザインです。

リング本体が曲線的に描かれているリングなため、よりファッショナブルに見えます。

普段使いを重要視される方にも人気な婚約指輪ですが、重ね付けには相性が悪いですね。

最近は結婚指輪との重ね付けを希望される女性も多いので、人気は低い傾向にあります。

 

基本的には上記4種類の婚約指輪が人気のデザインです。

上記以外にも特殊なデザインなど様々ですが、婚約指輪は一生物のリングなため、伝統にある程度従ったシンプルなデザインが人気です。

 

 

 カラーゴールドも人気の傾向に。

 

婚約指輪-エンゲージリング

 

ここまででご紹介した人気の婚約指輪はどれもプラチナを前提としたお話です。

白金と呼ばれるプラチナは素材そのものが白く美しい貴重な貴金属であり、ブライダルリングでは通例ともなっているメタルです。

しかし最近はカラーゴールドも人気の傾向にあります。

 

 

婚約指輪-エンゲージリング-EIKA-ウェーブライン_バラ_FJEC_EC1012_K18YG_ローズ

イエローゴールド

 

18金イエローゴールドのリングです。

より宝飾品ぽさがうかがえるデザインとなっており、クラシカルな雰囲気が好きな女性に人気です。

 

 

婚約指輪-エンゲージリング-EIKA-ウェーブライン_バラ_FJEC_EC1012_K18RG_K18PG_ローズ

ピンクゴールド(ローズゴールド)

 

 

18金ピンクゴールドのリングです。

ピンクゴールド(別名:ローズゴールド)は、東洋人の女性の肌に最も馴染むカラーと言われており、

その繊細で可愛らしい様が人気を集めています。

 

ただしピンクゴールドは、銅との合金なため、プラチナほど色耐性が強くない傾向にあります。

特別な見せ方をされたい場合には選択肢へ入れても良いのではないでしょうか。

 

 

 オーダーメイドリングが大人気。

 

婚約ネックレス_ダイヤモンド

 

 

ご紹介したように婚約指輪には人気のダイヤモンドクラス、そしてそれらダイヤモンドに合わせた人気のデザインがあります。

そして婚約指輪のオーダー方法にも、既製品を購入する手段など様々ですが、

現在最も人気な婚約指輪のオーダー方法はオーダーメイドです。

 

一生持ち続け、利用するリングだからこそ、自分の好みを形にできるオーダーメイドで叶える。という方法が人気を集めています。

実際に既製品を購入する場合もサイズ調整などで時間がかかってしまうので、折角ならオーダーメイドしてしまおうという考え方になります。

 

オーダーメイドによって受けられる恩恵は沢山あります。

サイズは自分に合わせて最も付け心地の良いサイズで作れるだけでなく、細かなディテールに至るまで自分の好みを反映していくことができます。

仕上がりまでワクワク楽しめますね。また自分のために作ってもらったリングですから、既製品を購入した場合には得られない満足感と愛着が湧きます。

 

費用も既製品を購入するのとほとんど変わりませんので、

ぜひこれから婚約指輪を購入される、プロポーズを検討されている方は、人気のオーダーメイドで叶えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 ダイヤモンドプロポーズで完璧に。

 

婚約指輪_ダイヤモンド_4C_カラット

 

 

人気の婚約指輪のオーダー方法でもあるオーダーメイドを、プロポーズで素敵にプレゼントする方法があります。

それがダイヤモンドプロポーズです。

 

EIKA_KONYAKUYUBIWA_POST_14514engagementring-original2

 

 

ダイヤモンドのみでプロポーズし、後からオーダーメイドでリングを叶えるダイヤモンドプロポーズは、

主役であるダイヤモンド選びは男性が。デザイン選びは女性もしくは二人で。という役割分担をスマートに行える方法です。

 

憧れのダイヤモンドでサプライズにプロポーズできるだけでなく、

そのダイヤモンドが婚約指輪になるわけですから、1つのプレゼントで全てを叶えることもできます。

 

現在指輪でのプロポーズは希なケースになってきましたが、

その背景にはダイヤモンドプロポーズという二人にとって幸せな手段が人気を集めていることが背景にあるくらいです。

プロポーズを考えられている方は、ぜひダイヤモンドプロポーズで完璧なプロポーズと婚約指輪を叶えましょう。

 

逆にプロポーズを検討されていなかった場合も、

ダイヤモンドプロポーズならリスクなく行えるので、再考してみても良いでしょう。

 

 

 

最高のダイヤモンドプロポーズを。

 

ダイヤモンド-ハートアンドキューピッド

 

 

最後にご紹介するのは、人気の婚約指輪オーダーメイドを素敵にプロポーズで贈ることのできるプレゼントについて。

最高のプロポーズプレゼントと婚約指輪を贈るなら、EIKAフラワージュエリー・エンゲージメントコレクションが人気です。

 

 

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

 

世界最高級のバラと、婚約指輪専用のダイヤモンドが融合し、

その究極の組みあわせによって、感動のプロポーズプレゼントを叶えることができます。

 

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

 

EIKA_FJEC_鑑定書

 

全て美しい輝きを持つ最高品質のダイヤモンドは、鑑定書付。

ローズはラグジュアリーブランドEIKAの高級ジュエリーケースへセットされており、

プリザーブド化してあるため、枯れることなく楽しみ続けることができます。

 

 

EIKA_FJEC_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

さらにフラワージュエリー・エンゲージメントコレクションには、

後から贈られたダイヤモンドをベースにして無料で好きなリングをオーダーメイドできる権利が付いているため、

まさに1つのプレゼントで全てを叶えることができます。

 

フラワージュエリー・エンゲージメントコレクションについて詳しくは、

EIKAブランドストアをご覧ください。

 

> EIKAブランドストアはこちら

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>