婚約指輪(エンゲージリング)は、プロポーズなどでプレゼントされる婚約記念品。

つまり二人が婚約した証として男性側から贈られ、女性の左手薬指へ身につける特別な指輪であり、婚約という特別なシーンの記念品ですから、基本的に婚約指輪はダイヤモンドなど宝石が主役の高価な指輪となります。

そんな婚約指輪は女性にとって人生の憧れでもある特別な指輪ですが、婚約指輪という名称や使用用途から、高価な指輪だけどどれくらいの使用頻度があるのかは気になるところではあります。せっかく高級な指輪を贈るわけですから、使用頻度が高ければ高いほど購入時は安心できるものです。

そこで今回の記事では、実際に婚約指輪をどれくらい使用できるのか、結婚後にも使用用途があるのかなど、婚約指輪の使用頻度についてご紹介したいと思います。


 結婚後、婚約指輪の「使用頻度は高い」が真実。

婚約指輪_プロポーズ_プレ花嫁

まず先に気になる結論からご紹介しておくと、結婚後の婚約指輪の使用頻度は非常に高い、もしくは高いことが真実です。もちろん身につける個人的な考え方や、使用用途に対する価値観にもよりますが、それでも婚約指輪を使用できるタイミングは数多くあります。

イメージとして、婚約指輪は婚約期間にしか身につけないもの、という誤解をされている方もおられるのですが、事実はそれと反しています。確かに婚約指輪は婚約していることを証明する指輪ではありますが、それと同時に婚約を記念して贈られる記念品でもあります。

つまり、婚約を記念して贈られた指輪だからこそ、婚約した時の思い出をずっと記憶にとどめておける思い出の品であり、記念品として受け取った方の生涯を通して大切に身につけられる宝飾品でもある訳です。

婚約指輪は、決して婚約期間中にしか身につけない(身につけられない)指輪ではなく、ジュエリー本来の身につける楽しみを彼女に思う存分に堪能してもらう指輪として身につける事が出来ますから、結婚後の方が使用頻度は高いと言えるのです。


 婚約期間中は常時身につける。が基本。

婚約指輪-カラーゴールド-イエローゴールド-エンゲージリング-ピンクゴールド

日常的に身につけるという意味では婚約期間中、つまり結婚するまでは常に身につけておくのが基本です。(常時といっても、自宅にいる時や寝ている時は除きます。)

外出時は基本常時身につけて良いですし、堂々と身につけていきましょう。

なんてことない外出で高価なものを身につけていると他人の視線を気にしてしまいますが、婚約期間中で、左手薬指につけていれば、誰もが婚約中だと理解してくれますので、堂々と身につけられる楽しい期間でもあります。

もちろん常に身につけなくてはいけない。という堅いルールは存在していないので、ご自身の判断で身につけたい時に身につければOKです。

特に婚約者といる時は常に身につけてあげると良いですね。

使用頻度は、つけたいタイミングで十人十色

婚約指輪-エンゲージリング

結婚後の婚約指輪の使用頻度についてをご紹介する前に、切っても切れないものが結婚指輪です。

結婚指輪も婚約指輪も同様に左手の薬指につける指輪であり、婚約指輪以上に結婚指輪は常時身につける指輪ですから、同じ左手の薬指にどうやって婚約指輪をつければいいのか?と疑問が湧き、その結果として、婚約指輪を結婚したらつけられなくなる。という誤解を生み出す要因の一つでもあります。

婚約指輪は婚約記念品であると共に、高級なダイヤモンドリングであり、大人の女性なら1つは持っていたい特別な指輪と言っても過言ではありませんから、実際には「結婚したらつけられなくなる」ということはありません。

結婚後、結婚指輪を常時身につけるようになったら時と場合に応じて婚約指輪と二本重ねてつけたり、婚約指輪を右手の薬指に身につけたりする方もおられます。

婚約指輪_エンゲージリング_ダイヤモンド

婚約指輪をプレゼント後に、二人で結婚指輪を選ぶケースが一般的となりますから、婚約指輪と結婚指輪を重ねてつけたい!という希望があるのであれば、プレゼントされた婚約指輪に合わせて重ねづけするに最も適した結婚指輪を探してオーダーメイドで作るという方法が人気です。

もしくは、婚約指輪と同じブランドやお店で結婚指輪をオーダーメイドするいう方法です。婚約指輪を販売したショップであればそれにマッチする結婚指輪の提案をスムーズに受ける事ができます。

女性にとって、ジュエリー(ファインジュエリー)は大人の身だしなみとして相応しいアイテムであり、婚約指輪のようなダイヤモンドリングはそのような用途としても大活躍します。

年を重ねるたびに、友人の結婚式や特別なイベントに出席する機会が増えたり、それなりの場所でディナーをしたりする機会は増えていきますし、そんな時に婚約指輪は活躍するわけです。

基本的に結婚指輪よりも婚約指輪の方が高級で価値が高い傾向にありますから、結婚後は結婚指輪は常時着用しておいて、婚約指輪は特別なイベントの時に着用すると言ったような役割分担もできるわけです。

 宝物だから大切にしたい。相手の気持ちを大切に。

婚約指輪_ダイヤモンド_カラット_0.5カラット_デザイン

とはいえ相手の方によっては婚約指輪という高価なリングだからあまり身につけない、つけたくない、というケースもあるでしょう。それも実は素敵なことです。

婚約指輪は価値的にも、思い入れ的にも女性にとって宝物です。使用頻度が増えれば増えるほど、壊してしまったり、落としたり、汚してしまったり、という事を心配してしまい「本当に特別なイベントじゃない限りは身につけない。」という考えに至るわけです。

そういった心理は大切ですし、男性サイドもそういった心理を尊重してあげても良いでしょう。

しかし婚約指輪はよほどのことがない限りは壊れませんし、例えば擦りキズなど身につけることによる経年劣化においても、大抵の場合はすぐに修理ができますしメンテナンスもしてくれます。

あまり怖がらず、身につけたい時は身につけて楽しんでいった方がおすすめではあります。

 婚約指輪は継承していくもの。

娘_母_婚約指輪_譲る

よくお母様や祖母様から譲り受けた婚約指輪をお持ちの方がいらっしゃいますが、まさに婚約指輪はずっと受け継いでいける、継承していくものでもあります。

親から子へ、子から子へと、受け継がれる宝石のダイヤモンドは永遠の輝きで、その輝きが失われることはありませんから、大切な思いや思い出をずっと引き継いでいけるのも魅力であり、だからこそ宝石は古来から特別なシーンの贈り物として愛されてきたわけです。(親が婚約した時の記念品を受け取ったら、お子様はとても嬉しいものです。)

またダイヤモンドなどの宝石は通貨と同様に価値が世界的に定められているため、時が経過してもずっとその価値を保持し続けます。

婚約指輪を贈るなら、将来も楽しみ続けられるものを

婚約指輪-エンゲージリング-オーダーメイド-EIKA-コレクション

婚約指輪は受け取った方の価値観によって使用頻度は左右されますが、ずっと利用できる宝物であり、継承していける稀有なギフトです。

最後にご紹介するのは、相手のライフスタイルに合わせてデザインをいつでも何度でもリメイクできる、婚約指輪を提供しているジュエリーブランドEIKAの婚約指輪コレクション。

ジュエリー業界初の統一価格で、相手の理想の婚約指輪を叶えることができます。

そして、相手のサイズやデザイン選びに自信がないなら、

EIKA_フラワージュエリー_エンゲージメント_婚約指輪_プロポーズプレゼント_ダイヤモンドプロポーズ

EIKAフラワージュエリーのエンゲージメントコレクションが人気。

世界最高級のバラと婚約指輪専用のダイヤモンドが融合し、その究極の組み合わせによって、素敵なサプライズを演出します。

さらにエンゲージメントコレクションは、贈ったダイヤモンドをベースにして相手の好きな婚約指輪を無料でオーダーメイドできるサービス付。

つまり1つのプレゼントで相手にとって最適最上な指輪までも叶えることができます。

ただ既製品の婚約指輪を贈るのではなく、贈ることを演出し、相手の好きを叶えてあげること。

男性にとっても女性にとっても嬉しい仕掛けですね。

EIKA_リメイク

EIKA製品の全ては2回目以降も2万円代でいつでも何度でもリメイクを楽しんでもらう事ができるため、ライフスタイルの変化で使用頻度が減ってしまっても、指輪からネックレスや、シンプルな指輪から華やかな指輪と言ったように、今最もつけたいかたちで生涯に渡って楽しみ続ける事ができます。

フラワージュエリーエンゲージメントコレクションについて詳しくは、EIKA公式ブランドサイトをご覧ください。





ずっと続く宝物である婚約指輪。

ぜひ素敵な婚約指輪を叶えていただければ幸いです。



「合わせてオススメしたい記事」



パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>



究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>