婚約指輪は、男性から女性へプロポーズなどと共に贈られるダイヤモンドが主役の指輪。

男性から女性へ贈る最も特別な指輪でもあり、

婚約の証しとして、象徴としても欠かせない指輪です。

 

女性にとっては一生モノ。

そして左手の薬指に身につける指輪という属性なだけに、

男性からするとどんな指輪にするか選ぶのは至難の業でもあります。

 

そこで良くあるケースが、二人で婚約指輪を見に行ったり、買いにいったりする方法。

サプライズにプロポーズされる方であれば、プロポーズ時は指輪以外のプレゼントを用意したり、

そもそもプロポーズしない方であれば、二人でお目当てのブランドやショップへ出かける。

というケースが目立ちます。

 

確かに無難な方法ではありますが、

やはり女性的にはロマンチックに欠けており、理想的な方法ではないと感じる方が多いようです。

また同様に女性は憧れの婚約指輪を貰えるなら、自分の好きなデザインに。

という一種の矛盾的な現状になっているのも事実。

 

プロポーズをしっかりロマンチックにできて。

彼女も納得かつ喜べる婚約指輪の両方を叶える事はできないのでしょうか?

 

今回の記事では、サプライズプロポーズと共に、

婚約指輪を二人で選ぶ事ができる方法についてご紹介したいと思います。

 


 

 

 いきなり二人でお店へ・・は絶対NG!

 

プロポーズ_失敗

 

まず前提として、時々見かけるNGな段取りがあります。

それはプロポーズも何もせずに、唐突にお店へ行って婚約指輪を見に行こう。

という男性からの提案。

 

婚約指輪自体への憧れはもちろんではありますが、

そもそも婚約指輪とは婚約の証したる指輪です。

 

つまり結婚してください。という言葉もなしに、

ただ機械的に婚約指輪を得ても、女性は嬉しくありません。

 

既にプロポーズ済みならまだしも、

何の義理も通さずにいきなり婚約指輪を一緒に買いに行く。

という選択肢は絶対にNGです。

 

 

 二人で来店は、男性にもリスクが高い。

 

結婚指輪_マリッジリング_婚約指輪_エンゲージリング

 

婚約指輪という特性上、彼女の指のサイズ。好きなデザイン。

と男性が選ぶには難題山積みの婚約指輪選び。

 

確かに二人でお店へ出向いたりして、

彼女に好きなものを決めてもらうのは手っ取り早い方法ではあります。

 

しかし、ここには男性にとっても大きなリスクがあります。

それは、予算コントロールが非常に難しくなること。

 

まだ予算に上限が無い方であれば良いかもしれませんが、

婚約指輪はピンキリ。下は10万円台から、上は数百万、数千万円まであります。

 

さすがに相手の女性も予算感はある程度把握しているかとは思いますが、

お店へ二人で行く事で様々なクラスの婚約指輪を見ることとなります。

 

ヒトはいい物を見れば、選択肢がどんどんと良い方向へ進んでしまうもの。

彼女自身の理想も高くなりますし、宝石店ではスタッフの猛烈な営業にあいます。

 

二人で来店して婚約指輪を購入したカップルの内、

大半は予算が10万円〜30万円以上アップしているほどです。

 

男性にとっても、好きなものを・・という前提がある以上、

なかなかストップさせずらいというのも本音なようです。

 

二人で来店しての婚約指輪選び。

デザインやサイズなどに関しては無難かもしれませんが、

大切な予算管理においては、最もNGな方法ともなり得るわけですね。

 

 

 二人で購入ではなく、選ぶという選択肢。

 

 

というわけで、二人でお店へ行って婚約指輪を購入することについては、

様々なリスクがあり、なかなか最上の方法とは言えません。

 

プロポーズ及び指輪を贈る上でのロマンチックさを損なわずに、

かつ相手の女性が納得し喜んで貰える婚約指輪を叶える方法。

一見不可能のように感じますが、良い方法があります。

 

ブランド_ティファニー_マリッジリング_結婚指輪

 

それが最近人気を集めている「ダイヤモンドプロポーズ」です。

 

婚約指輪_ダイヤモンド

 

婚約指輪の主役はダイヤモンド。

つまり婚約指輪への憧れはダイヤモンドであり、

婚約指輪選びはダイヤモンド選びでもあるわけです。

 

 

EIKA_KONYAKUYUBIWA_POST_14514engagementring-original2

 

ダイヤモンドプロポーズとは、

婚約指輪の主役であり彼女の憧れである価値あるダイヤモンドをプロポーズでプレゼントし、

プロポーズ後に彼女の好きな婚約指輪をオーダーメイド(フルオーダー・セミオーダー)する。

という方法です。

 

プロポーズ-タイミング

 

この方法であれば、ロマンチックかつサプライズなプロポーズはもちろんの事、

彼女の好きな婚約指輪までも叶える方法ができてしまいます。

 

さらに二人で買いに行くという選択肢から、

二人で贈られたダイヤモンドをベースにリングの枠を選ぶ。という選択肢に変わるため、

予算コントロールも完璧に行えます。

 

まさに女性にとっても、男性にとっても嬉しい方法という事で、

昨今はこのダイヤモンドプロポーズが主流になりつつあります。

 

 

 最高のダイヤモンドプロポーズ方法

 

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

 

最高のダイヤモンドプロポーズをする方法なら、

EIKAフラワージュエリーのエンゲージメントコレクションがおすすめ。

ダイヤモンドプロポーズにおける最も人気なコレクションです。

 

世界最高級のバラと婚約指輪専用の特別なダイヤモンドが融合。

見た目も華やかに、最高のサプライズプロポーズを彩ります。

 

プロポーズ_プレゼント_花_ローズ_薔薇_バラ_サプライズ_婚約指輪_エンゲージリング

 

バラには南米エクアドル産世界最高級のローズが採用されており、

プリザーブド化されているため、枯れる事なく記念すべき日を残し続けます。

 

 

EIKA_FJEC_鑑定書

 

さらにダイヤモンドは婚約指輪用に特別に選別されたハイグレードな石だけがセレクトされており、

全ての商品に公式機関が発行した宝石鑑定書が付けられます。

 

EIKA_FJEC_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

 

また、本コレクション最大の魅力としては、

贈られたダイヤモンドをベースに彼女の好きな婚約指輪を無料でオーダーメイド出来てしまうこと。

刻印などのサービスも全て提供される究極のサービスが付いてきます。

 

1度で2度、そして3度嬉しいプレゼントに、

彼女もきっと感動してくれる事でしょう。

 

エンゲージメントコレクションについて詳しくは、EIKA公式サイトをご参考ください。

 

> EIKA公式サイト・エンゲージメントコレクションはこちら

 

 


 

 

彼女とお店に買いに行って既製品の婚約指輪を購入する必要性は全くない時代。

二人で最初から選びに行くという方法はロマンチックさに欠けますし、

お金が絡んでくるのでなかなかスマートな方法とも言えません。

 

素敵な方法で、彼女にぴったりな婚約指輪を。

二人で選ぶという選択肢になれば、きっと素敵な思い出となります。

 

ぜひ素敵な婚約指輪を叶えて頂ければ幸いです。

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>