一生を共にしたい方へ、結婚の意思を伝える。

そんな究極の場面とも言えるプロポーズは、する方にとってもされる方にとっても、人生において特別な出来事です。

婚約とは結婚することを二人が決意し承諾し、夫婦となるまでの限られた特別な期間でもあります。

 

そんな婚約の証しとなる婚約記念品として、今も昔からも愛されてきているのが、婚約指輪(エンゲージリング)です。

プロポーズの際に指輪のケースや指輪を差し出して行うイメージは未だ根強いものがありますが、

婚約指輪はプロポーズ時のプレゼント。というわけではなく、婚約記念品。

現代においては婚約指輪とプロポーズのギフト(プレゼント)を区別して考える傾向にあり、支持を集めています。

 

そんな現代において最も優れたプロポーズプレゼントの手段とされるのが、ダイヤモンドプロポーズです。

しかし、なぜダイヤモンドプロポーズが最高の手段であり、プロポーズする側にとっても、パートナーにとっても支持される人気の方法なのか。

それについて明確に紹介がされているケースは希です。

 

そこで今回の記事では、ダイヤモンドプロポーズが最高の手段である理由はもちろんのこと、

より優れたダイヤモンドプロポーズを行い、二人にとって生涯の宝物ともなるプロポーズの演出と婚約指輪を叶える方法についてご紹介しましょう。

 


 

 

 婚約指輪の魅力となる、2つの大概念とは。

 

プロポーズ_ダイヤモンド

 

まず本題をご紹介する前に、そもそも婚約指輪がなぜ婚約記念品として昔から通例とされ、愛され、

そして女性にとって揺るぎない憧れの象徴・対象であるのかについてご紹介しておきましょう。

そこには2つの大きな概念が存在しています。

 

【1. 高い価値と美しさを秘めている。】

 

婚約指輪_エンゲージリング_歴史

 

まず第一の概念。それは婚約指輪が高い価値と美しさを秘めているからです。

美しくそして価値の高いモノは、どんなヒトにとっても憧れの対象です。

特に女性にとって美しく気高いものは、根本的な理想でもあります。

 

婚約指輪とは価値の高い、価値が優れている「宝石」が主役となるリングが基本概念。

その宝石の中で最も選ばれているのが、ダイヤモンドです。

 

つまり婚約指輪に法的なルールはもちろんありませんが、

価値の高い、美しいダイヤモンドが主役となったリングがエンゲージリングの基本概念であり、

その価値と美しさを婚約の記念品として贈ることは、珠玉のプレゼンテーション方法となるわけです。

 

宝石には魔法がかけられていると古来から信じられてきましたが、

女性を虜にする魔力は確かに存在しているのかもしれません。

 

いずれにしても、価値が高く、美しい魔力のような輝きを持った宝石をまとう指輪は、

いつの時代も、時代を超えて愛され、憧れの対象となっています。

 

【2. 宝石のデザインを身にまとう贅沢。】

 

婚約指輪_エンゲージリング_ダイヤモンド

 

 

続いて2つ目の概念。

婚約指輪は宝飾品。つまり宝石を身にまとい自身を飾り付ける手段です。

宝石という価値の高いものを、鑑賞するだけではなく、自身で身にまとう。

それ以上の喜びはないと言えるでしょう。

 

気高い価値を持った美しいダイヤモンドを自信の指に結びつけること。

それは女性にとってこの上ない喜びの1つであると言えます。

 

また宝飾品であることから、そのデザイン性も様々であり、

それぞれのコンセプト、そしてイメージに合わせて選べるという喜び的付加価値が伴います。

 

これらのように、婚約指輪がいつの時代も婚約記念品として通例とされ、愛され、憧れているのには、

明確な理由があると共に、この上ない最上の選択肢が存在していると言えるでしょう。

 

 

 選択肢を奪ってしまう、従来のプロポーズ。

 

婚約指輪_プロポーズ_ダイヤリング_サプライズ

 

ご紹介した2つの根本的概念があるわけですが、

従来の婚約指輪でプロポーズするという方法が次第に採用されなくなった大きな理由があります。

それは優れた素材があるにも関わらず、その選択肢を除外してしまっていたということにあります。

 

婚約指輪が通例となって間もなかった昔の時代では、

そもそもダイヤモンドの輝くリングを贈られる事自体が喜ばしいものでありましたが、

現代においてそれらは通例的な概念であり、婚約指輪に関わる理想は、ただ贈られることにあらず、

自身のイメージをしっかりと反映されているものでありたいという理想に変わりました。

 

つまり指輪でプロポーズ。という方法はあくまでその時代においては最上の方法とされていたけれど、

現代においては必ずしもそうとは言えないということになったわけです。

 

事実インターネット上には婚約指輪を贈られた女性の様々な厳しい意見が目立つようになってきましたが、

大きな理由は、全ての選択肢を除外されてしまったことにあるでしょう。

 

イメージというのは怖いもので、

誰もがプロポーズといえば指輪を差し出して。という強い先入観を持ってしまっていますが、

それが最上の方法なのかどうかはしっかりと検討しなくてはなりません。

 

 

 高級品は、それに準じた選び方を。

 

婚約指輪-カラット-エンゲージリング-1カラット

 

婚約指輪は、高い価値の宝石を主役とした概念の中であれば、高級品となります。

安くても10万円〜高いものは1千万円〜1億円〜と限度はありません。

また日本国内における婚約指輪の平均予算(相場)は約30万円となっていますから、高級品の部類に入ります。

 

自分のための消費活動であれば、いくら値段が高かったとしても、判断は自分でするべきですが、

それが贈答品であれば話は変わってきます。

 

婚約指輪は相手へ贈り、相手が喜ぶものでなくてはなりませんが、

婚約指輪でプロポーズするならば、その確約が取れないという大きなリスクを伴ってしまいます。

高級品を購入した上で、相手が好みでないものになってしまえば、それ以上の悲劇はありません。

事実、多くの方がそんな失敗をされているのが現実です。

 

婚約指輪は婚約記念品ですが、婚約期間だけのリングではありません。

相手の女性にとって一生の宝物となるからこそ、理想と夢が描かれているものです。

 

婚約指輪という高級品を贈る場合、

現代においては下手なリスクは背負わず、必ず相手の好みを叶えられる方法を採用しましょう。

 

 

 素材と選択肢を贈る。それが最上。

 

ダイヤモンドプロポーズ-婚約指輪-エンゲージリング-ダイヤモンド-プロポーズ

 

前提が長くなってしまいましたが、

これらの概念をご紹介したところで、ダイヤモンドプロポーズが最上の方法であることが理解できるかと思います。

 

ダイヤモンドプロポーズとは、

婚約指輪の主役であるダイヤモンドでプロポーズを行い、

後からそのダイヤモンドをベースにして、相手の好きな婚約指輪をオーダーメイドで叶える。という方法。

 

つまり主役をしっかり贈って優れたプレゼンテーションを行えるだけでなく、

デザインという選択肢を残してあるため、相手にとっても喜ばしい方法であるわけです。

 

現代において婚約指輪のデザインを二人で決めるのは、当たり前の時代。

しかしプロポーズに何の物的な演出がないのは良くないことですし、

何より全て二人で選ぶには、配慮に欠けてしまいます。

 

いきなり二人で宝飾店にでかければ、男性は予算のコントロールが非常に難しくなるでしょう。

また相手の女性も予算的な部分を気にしながら進めなくてはならないため、気持ちの良いものではありません。

 

ダイヤモンドプロポーズなら、主役であるダイヤモンドを先んじて贈っておくことで、

プロポーズ後はデザインを相手の自由な発想とイメージで叶えることができるわけです。

 

 

 ダイヤモンドとオーダーメイドは、1つに。

 

 

 

ダイヤモンドプロポーズを行う場合、気をつけて頂きたいのは、

ダイヤモンドという素材を購入する場所と、オーダーメイドをする場所を分けてしまうことです。

 

持ち込みダイヤモンドの場合、保証などの概念からオーダーメイドを受けてくれない店舗も多く、

何より予算も上がってしまうことが大半です。

 

そうなってしまうと本末転倒ですので、

必ずダイヤモンドの手配とオーダーメイドは同じ場所で行うようにしましょう。

その方がサービスのパフォーマンスも高いでしょうし、スムーズに進行することができます。

 

また、予めどこまでオーダーメイドができるのかといったサービス概念や、

アフターケア、予算感についてもしっかりと調べるようにしておきましょう。

サービスが付帯する方法なため、この辺りをきちんと行っておかないと、トラブルの原因となります。

 

 

フラワージュエリーで、全てを叶えよう。

 

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

 

最後に、最高のダイヤモンドプロポーズが行えるプレゼント方法についてご紹介を。

筆者個人もプロポーズ時に利用しました。

 

ラグジュアリーブランドEIKAの、フラワージュエリー・エンゲージメントコレクションです。

 

EIKA_FJEC_大輪ローズボックス

 

 

世界最高級のバラと婚約指輪専用のダイヤモンドが融合し、

その究極の組みあわせで、感動なるサプライズプロポーズプレゼントを叶えることができます。

ただ単にダイヤモンドプロポーズを行うだけでは得られない演出も可能となるでしょう。

 

ローズは枯れないようにプリザーブド化されており、

EIKAの高級ジュエリーケースにおさめられ、その状態でずっと楽しみ続けることができます。

 

 

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

 

EIKA_FJEC_鑑定書

 

バラ中心にセットされているダイヤモンドは、

全て無色透明の美しいダイヤモンドのみが採用されており、公式鑑定機関の鑑定書も付けられます。

 

 

EIKA_FJEC_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

 

EIKA_KONYAKUYUBIWA_POST_14514engagementring-original2

 

さらにエンゲージメントコレクションでは、

贈った後のオーダーメイドサービスも全て無料で提供されるため、

フラワージュエリーを贈れば、全てを叶えることができます。

 

指輪を超えるプレゼンテーション。と無数に広がる選択肢。

ぜひご利用してみてはいかがでしょうか。

 

フラワージュエリーエンゲージメントコレクションについて詳しくは、EIKA公式ブランドサイトをご覧ください。

 

>フラワージュエリーエンゲージメントコレクションの詳細はこちら

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>