ヨーロッパに古くから伝わる『ビジュードファミーユ』という習慣をご存知でしょうか。
フランス語でビジューは宝石、ファミーユは家族という言葉で、家族の宝石という意味があります。

プロポーズに贈られる婚約指輪の主石であるダイヤモンドもなくさない限り親から子へ、子から孫へと家族の宝石として受け継いで行くことができる素晴らしい贈り物です。

今回は、婚約指輪をプレゼントしようと考える男性にも知ってもらいたい大切な家族への想いを受け継いでいくビジュードファミーユについてご紹介します。


ビジュードファミーユとは

ビジュードファミーユ


ビジュードファミーユとは、一つの宝石を『家族の宝石』として、祖母から母へ、母から娘へ、娘から孫へと受け継いでいくヨーロッパに古くから伝わる習慣のことを言います。

人の命には限りがあります。しかし、宝石の輝きは永遠であることから「家族の愛が宝石の輝きのように永遠に続いていきますように」という願いを込めて受け継がれていくのです。受け継ぐタイミングに決まりはありませんが、結婚をするタイミングで受け継ぎ、その宝石を婚約指輪にリメイクされる方が多いようです。

家族の愛を受け継いでいくビジュードファミーユ。
そんな特別な宝石を使った婚約指輪をはじめとするジュエリーは譲られた二人にとってはもちろん家族の絆を表す宝石としても特別な意味を持つのです。


婚約指輪からビジュードファミーユを始めよう

婚約指輪


もちろんビジュードファミーユを自分たちの世代からスタートさせたって全く問題はありません。

将来生まれてくるであろう娘や息子のお嫁さんに受け継ぐことを考えながら婚約指輪選びを楽しむことができれば、たとえ「婚約指輪購入したはいいけど使う時がない」「婚約指輪を購入すること自体勿体無い」と思っていたとしても未来のお嫁さんや孫に譲れると思えば、婚約指輪が勿体無いものでは無くなります。

また未来の事を想像しながら行うダイヤモンド選びは、お二人にとってかけがえのない時間になるはずです。

ビジュードファミーユは言葉通り家族の宝石を受け継ぐ事を言います。デザインは身につける人の好みに合わせて形を変える(リメイク・リフォーム)ことができますから、指輪のデザインは妻が好きなものにして構いません。


ビジュードファミーユの注意点

婚約指輪


せっかく受け継ぐ家族の宝石ですから、受け継ぐに相応しい宝石選びをすることが重要なポイントとなります。

このような点に注意して婚約指輪選びをしてみましょう。


●できれば0.5カラット以上のダイヤモンドを選ぶ

ダイヤモンド_サイズ_0.5カラット

ヨーロッパの習慣でもあるビジュードファミーユの起源は貴族社会の中で登場したと言われており、王冠などにあしらわれた宝石をさし示すことが多かったのですが、一定の価値ある宝石であることがやはり望ましいとされます。

婚約指輪の平均価格30万円から逆算すると0.3カラットが平均的となりますが、見た目の大きさからもはっきり価値の証明がなされる0.5カラット以上のダイヤモンドである方がより望ましいでしょう。0.5カラット以上のダイヤモンドであれば価値が高まるのはもちろん、年を重ねても充分に満足できる大きさとも言えるでしょう。


●好みが分かれるファンシーカットは避ける

婚約指輪-ダイヤモンド-カット-シェイプ

ダイヤモンドには、様々なカット(形状)の種類があります。婚約指輪のダイヤモンドとして採用されるカットとしては、丸い形のラウンドブリリアントカットと呼ばれるものが一般的です。これは4Cと呼ばれる世界基準が定められていることと、カラット別に大きさが一定であるために、婚約指輪のデザイン展開がしやすいことが理由です。

ラウンドブリリアントカット以外のものをファンシーカットと呼び、楕円の形のオーバルカットや洋梨のような形のペアシェイプカット、ハートの形のハートシェイプカットなど様々な種類があり、特別感を演出する上で有効的です。
ビジュードファミーユを視野に入れている場合、個性豊かなファンシーカットだからこそつける人の好みが分かれるファンシーカットは避け、ラウンドブリリアントカット(丸型)を選ぶ方がベターと言えるでしょう。


●指輪をつけている夫婦写真を残しておく

プロポーズ_写真_思い出_カップル

婚約指輪が完成したら、指輪をつけている状態での夫婦写真を残しておくことがおすすめです。
ビジュードファミーユの始まりの瞬間ですから、記念に残しておくことで将来受け継いだ時の感動が増し、「これは今のあなたくらいの年に作ったのよ!」と子や孫、お嫁さんに対してその時の記憶を写真を見せながら共有できるのでさらに家族の宝石に相応しい贈り物として大切に使ってもらえるのではないでしょうか。


今回は、ビジュードファミーユと言うヨーロッパの習慣を通して婚約指輪の選び方についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

婚約指輪は婚約する2人だけの宝石である事はもちろん、自分たちが生きていたと言う証でもあり、子や孫に受け継ぐことのできる不変の贈り物でもあるのです。

ぜひお二人とご家族の幸せな歴史が永遠に受け継がれていきますようにお祈りしています。



「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>