一生に一度の婚約指輪は、女性にとっては夢のような贈り物です。さらに映画やドラマなどに出てくるプロポーズシーンでは名だたるジュエリーブランドが登場し、そんな光景に憧れを抱く女性も多くいます。

婚約指輪を贈る側にとっても男性も彼女に喜んでもらいたいという気持ちから”ブランド”を重視して婚約指輪を選ぶこともあるのではないでしょうか。今でこそ婚約指輪の代名詞とも言えるブランドも数多く存在していますが、婚約指輪の価値を決めるのはブランドだけではありません。

今回は婚約指輪をブランドだけで選んではいけない理由や婚約指輪を選ぶ際に重要なポイントについてご紹介します。


婚約指輪はブランドだけで選んではいけない?

婚約指輪-ブランド-ジュエリー-エンゲージリング

結婚を考えている女性の誰もが一度は有名ジュエリーブランドの婚約指輪に憧れを抱いたことがあると思います。また購入する男性側も、せっかくの婚約指輪だからこそハイブランドの方がいいのではないか?と考える方もおられます。さらにはドラマや映画などでも有名なジュエリーブランドの婚約指輪が登場することから、婚約指輪を選ぶとなった際にブランドに注目してしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、このようなイメージが先行した結果、婚約指輪をブランドだけで選んでしまうのはオススメ出来ません。

一般的に婚約指輪はダイヤモンドグレード(4C)とデザイン(枠代)で価格が変動しますが、ハイブランドの場合プラスブランド料も加算される為、例え同じ大きさのダイヤモンドで同じデザインであったとしてもハイブランドの方が費用が高くなりますし、デザインも基本的には固定になる為デザインの選択肢がかなり制限されてしまいます。

ブランド志向の彼女であれば、好きなブランドの指輪をプレゼントするのも素敵ですが、彼女に本当に身につけてもらいたいなら、ブランドに限定しない方が良い場合も少なくないのです。


婚約指輪に対する女性の本音

プロポーズ_婚約指輪

先ほど女性なら一度は有名ブランドの婚約指輪に憧れたことがあるとご紹介しましたが、実際に指輪を貰うとなればブランドを重視している人は意外と少ないのです。有名なジュエリーブランドの婚約指輪を貰いたいというのはあくまでも憧れの話であり、女性が注目をするのはブランドよりも愛する人からもらったという事実やデザインの方が重要なのです。

たとえ有名ブランドの指輪をもらったとしても、デザインが好みでなかったりサイズが合わなかったりすれば嬉しさは半減してしまいますし、婚約指輪の価値の本質はブランドではなくダイヤモンドにあります。ブランドにこだわらなくても、あなたが一生懸命選んだという事実や婚約指輪という贈り物自体が女性にとってはとても嬉しいものなのです。


男性が婚約指輪を選ぶ際のポイント

男性_宝石店_セレクト

さまざまなブランドやデザインが存在する婚約指輪ですが、どのようなポイントに注目して選べばよいのでしょうか?

①アフターサービスが充実しているか

婚約指輪を選ぶ際に注目しておきたいのが、購入した後のアフターサービスが充実していることです。可能性として指のサイズが合わなくなってしまったり石揺れが起きてしまった場合にもアフターサービスとしてメンテナンスを行ってくれるかどうかでこれからも婚約指輪を楽しんでつけ続けられるか変化していきます。


②フルオーダー対応しているかどうか

例えば「ジュエリーブランドAで婚約指輪をプレゼントされた」と友人に言われた場合、多くの女性が羨ましいと感じるでしょう。しかし「この婚約指輪はフルオーダーで世界に一つしかない」と回答できれば決して相手の指輪を羨ましくなることはなくハイブランドにも負けない最高の婚約指輪を彼女に贈る事ができます。

関連記事:パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>




婚約指輪は決して安くない買い物でありハイブランドで購入した方が特別感やサプライズを感じてもらえるかもしれません。しかし、ハイブランドという理由だけで婚約指輪を選ぶというのはあまりにも勿体無い事。

彼女の喜ぶ顔を想像しながら婚約指輪選びをしていただければ幸いです。




「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ

>究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>