プロポーズを行う上で華やかさを演出するプレゼントとして欠かすことのできないアイテムといえば、”バラ”ではないでしょうか。

美しいフォルムはもちろん、上品な香りは多くの女性から愛される花であるバラは、プロポーズに贈る花としても大人気です。
バラと一括りに言っても、品種やローズカラーなど彼女が喜んでもらえる一つを選ばなければなりません。

今回は、彼女が喜ぶプロポーズにぴったりのローズカラーをいくつかご紹介します。


定番であり、人気な”赤バラ”

赤い_バラ_赤バラ


赤いバラには、最愛・あなたを愛しています。という意味がありプロポーズに相応しいローズカラーと言っても過言ではありません。
深く鮮やかな赤バラは上品さと特別感を同時に演出できます。

そのほかにも、SNSや映画やドラマなどでバラをプロポーズに贈るシーンをよく目にする為プロポーズ=赤いバラというイメージがあります。

分かりやすいという意味でも赤いバラであれば、定番となり色選びで失敗する事はないでしょう。


女性らしさを演出するフェミンな”ピンク”

バラ_ピンクバラ


赤いバラと比べてより女性らしさやフェミンさを演出できるのが”ピンクのバラ”。
愛の誓いや上品、可愛い人と言った花言葉があり、彼女のイメージにピッタリあえば最高のローズカラーでしょう。

淡いピンクには誇り、濃いピンクには愛しているという意味があったりと色の濃淡で花言葉も変化します。

特別感はそのままに、柔らかい雰囲気をピンクローズであれば演出できます。


奇跡の”青いバラ”でプロポーズ

バラ_ブルーローズ_青バラ


自然界では咲くことのない青いバラ。
バイオテクノロジー研究の結果、奇跡のブルーローズは誕生しました。
「不可能」か可能になったことから、奇跡や夢は叶うと言った意味を持つのが青いバラです。
お花屋さんでもあまり見る機会のない珍しい青いバラで彼女へとプロポーズをすることで、オリジナル感やサプライズ感を演出することができます。

青いバラは淡い紫がかった色が一般的なので、発色の良い青を希望するなら着色加工するプリザーブドフラワーがオススメです。



ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー


花束をプレゼントするのもよし、一輪でプレゼントするものロマンチックです。
枯れないバラと婚約指輪の主役であるダイヤモンドが融合したダイヤモンドプロポーズであれば、サプライズプロポーズも叶えられます。



EIKAフラワージュエリーコレクションであれば、彼女のイメージに合わせて10種類のローズカラーの中から好きな色をカスタマイズできます。

EIKA:フラワージュエリーコレクション詳細>>



自分の為に購入する、というよりも家族や愛する人の為に購入する事が多いのが花。
カップルにとって一生に一度のプロポーズにバラをプレゼントしたいなら、花の色にもぜひこだわってみてはいかがでしょうか?



「合わせてオススメしたい記事」


パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>


究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>