結婚に必要なリング(指輪)といえば、婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)なのは多くの方もすぐにイメージが湧くかと思います。

しかしほとんどの人にとって初めての指輪選び。
そもそも婚約指輪と結婚指輪の違いが分からなかったり、両方を混同してしまってるケースも時々見受けられます。

また婚約指輪と結婚指輪であればどちらが重要で、優先度が高いのか。と悩んでしまう方も少なくありません。


婚約指輪と結婚指輪は両方重要

婚約指輪_結婚指輪

まず前提からですが、婚約指輪と結婚指輪は、両方とも重要な指輪です。
そして2つの指輪は全く意味も目的も異なる指輪であり、そもそも指輪としても商品として全く異なる指輪ですので、この前提を知っておくと良いでしょう。
では具体的な違いについてご紹介します。


婚約指輪(エンゲージリング)は、婚約記念品です。つまり婚約(結婚を約束したこと)を記念して贈られるギフトでもあります。記念品ですから、ペアではなくあくまで新婦(婚約者)が身につけ、保有し続けるもの。そして記念品として意味があるように、価値の高いダイヤモンドをまとった、いわゆるしっかりとしたジュエリーであることが前提となります。ただあくまでダイヤモンドが主役なので、最近はネックレス(婚約ネックレス)なども人気を集めています。


結婚指輪(マリッジリング)は、夫婦で身につけるペアリングです。結婚の誓いを象徴する指輪であり、その象徴的指輪をペアで身につけるものが結婚指輪です。基本常時着用の指輪のため、価値が目的にはなりません。シンプルで日々身につけやすい指輪が人気です。婚約指輪のように鑑定書クラスのダイヤモンドなどは使用されません。使用してもデザイン上のもので、小粒のダイヤモンドがあしらわれたものくらいです。


このように婚約指輪と結婚指輪は、目的も意味も機能も異なる指輪ですので、両方とも優先度は同じくらい高く、重要な指輪なのです。つまり、基本的には両方とも不可欠です。

順番は婚約指輪から

当然ですが、順番の優先度は、婚約指輪(エンゲージリング)からです。
婚約してから、結婚するからです。まず検討するのは、婚約指輪から。
そして結婚式や入籍までに結婚指輪を用意します。

婚約指輪は、プロポーズプレゼントとしてのイメージがありますが、実際には異なります。あくまで婚約記念品ですから、婚約が決まった上で贈るべき品です。

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー


プロポーズはまだ提案段階で婚約が決まっていないので、プロポーズプレゼントとして婚約指輪を贈るのは間違いです。それにリスクが高すぎるので選ぶメリットも双方にありません。

プロポーズには、婚約指輪の主役であり目的でもある、ダイヤモンド素材のみでプレゼントするダイヤモンドプロポーズを採用しましょう。プロポーズ後にオーダーメイドで形を決めることができます。

ダイヤモンドプロポーズ記事はこちら>

また、婚約指輪を何らかの事情で贈ることができない場合(予算がないなど)は、結婚したあとにプレゼントする方法も最近は人気です。結婚記念日などに改めてプロポーズプレゼントするのも素敵ですね。

婚約指輪も結婚指輪も、それぞれに重要な意味があり、優れた指輪です。ジュエリーは永久的に保有でき、貴金属にも宝石にも価値があって失われることはないので、入り口の予算はそれなりにしますが、費用対効果も抜群です。

ぜひ素敵な婚約指輪と結婚指輪を叶えてくださいね。

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>