満を持してプロポーズプレゼントした婚約指輪が、失敗に終わってしまった。想像するだけでも恐ろしいこんなケース、意外とたくさん起こってしまっているのをご存知でしょうか?

婚約指輪は素敵で優れた婚約記念品ですが、プロポーズとなると危険な商品と化します。


サイズという危険性

リング_サイズ_計測

婚約指輪でプロポーズをしてしまうと、まずサイズを失敗してしまうというほぼ100%起こる危険性があります。

実際には結局これが理由で指輪なしもしくは指輪以外のプロポーズを採用される方がほとんど。

婚約指輪は左手の薬指に身に着けますが(心臓に一番近い指)、完璧なサイズは本人でも知らないことがほとんど。

それをサプライズに秘密に調べて、サイズを決めるのは、不可能です。私共プロのジュエリーコーディネーターでも無理なんですね。

サイズ失敗したら元も子もありません。危険です。

デザインが好みでない

婚約指輪_プロポーズ_サイズ_デザイン

婚約指輪でプロポーズをしてしまうということは、デザインを独断するということ。選んだ婚約指輪のデザインが相手の好みにフィットするケースは稀有です。

生涯持ち続ける婚約指輪なのに、そのデザインが好みでない、もしくは嫌いではないけど好きでもないというものだったら、非常に悲劇です。結局は身につける機会が少なくなってしまうでしょう。そうなるとお互いに悲劇です。

俺の選んだデザインを。という強気な方もいらっしゃいますが、そもそも結婚は二人三脚のパートナーシップです。婚約指輪を勝手に決めるということは、今後も自分が勝手に二人の方向性を決めていくという宣言に近いです。

そもそもジュエリーにおいてデザインの答えは一つではありません。並べてみれば、全て欲しいというのが本音です。(笑)

その中から1つを選ぶ。それを二人で決める。答えはそこからしか得られないのです。

選ぶからこそ愛着が生まれます。婚約指輪はプロポーズではなく、後から選びましょうね。

結婚指輪と相性が悪い

結婚指輪_婚約指輪_重ね付け_エンゲージリング_マリッジリング

このポイントを知らない方が非常に多い印象です。
婚約したら、その後は当然ですが結婚します。

結婚すると、結婚指輪を身に着けます。相手だけではなくペアリングとして。そして結婚指輪もまた左手の薬指に身に着けます。

婚約指輪も左手の薬指に身に着けます。
そうなんです。2つとも左手の薬指なので、重ね付けをしていくことになります。

結婚指輪は常時着用。婚約指輪は高価なジュエリーカテゴリーなので、オシャレして出かける時やイベントなどで身につけていきます。その際に、結婚指輪の上に重ね付けをします。

そうすることで、左手の薬指は婚約して結婚というストーリーを表現することができ、美しいコーディネートを実現できます。

しかし婚約指輪でプロポーズしてしまうと、この重ね付けの理想を妨害してしまうことになりやすいです。

本来選びたかった結婚指輪や重ね付けのイメージに対して合わない婚約指輪であれば、意味がないのです。

そもそも婚約指輪は結婚指輪と一緒に検討することが望ましいのです。

ダイヤから危険0でプロポーズを

ダイヤモンドプロポーズ-婚約指輪-エンゲージリング-プロポーズ-サプライズ

婚約指輪でプロポーズには、大きな危険が伴います。
そしてその危険性を誘発してしまう可能性は、ほぼ100%です。

オーダーメイド_婚約指輪_リング作成_デザイン_ワックス原型

指輪でプロポーズするのではなく、指輪なし・指輪以外でプロポーズをしましょう。その際の方法としては、ダイヤモンドプロポーズが絶対的なおすすめ方法です。基本この一択でしょう。

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー


婚約指輪の主役となるダイヤモンドのみでプロポーズすれば、サイズやデザインなどの危険性は皆無となります。ダイヤモンドなので、サプライズにも十分な機能を発揮してくれます。

プロポーズが成功したら、二人でデザインを決めにいき、オーダーメイドで叶えます。完成したら、また完成した完璧な指輪でセカンドサプライズだってできちゃいますよ。


ダイヤモンドプロポーズに関する記事はこちら>


婚約指輪でのプロポーズには危険がいっぱい。
絶対に、指輪以外、指輪なしでのプロポーズを。
ダイヤモンドプロポーズによって、双方に嬉しい最上の方法を採用しましょう。

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>