プロポーズに婚約指輪は必要なのか、そもそも婚約するにあたって婚約指輪は必要なのか。

そういった必要性についてのトピックがこれまで幾度となく議論されてきました。

特にプロポーズで婚約指輪をプレゼントしようとすると、相応のリスクが存在するため、特に男性は気になっていたトピックかと思います。

 


 

必要なんて誰も言ってない

 

プロポーズ_失敗

 

そもそもですが、プロポーズに婚約指輪が必要だとは誰も言っていません。

元々婚約指輪自体が婚約記念品として一般的になったのは、1960年代後半頃。

当時のテレビ媒体を主体としたプロモーションによって、一気に普及しました。

(ダイヤモンドは永遠の輝き、婚約指輪はお給料の三ヶ月分などの打ち出しは、これら当時の広告のコピーです)

 

しかしこれはあくまで、婚約記念品として。プロポーズは婚約の手前のイベントですから、そもそも前提的にプロポーズ=指輪というのはおかしな話しなんです。

様々な映画やドラマのシーンによる印象が自然とプロポーズ=指輪という流れを築いてしまったと言えるでしょう。

ですから、誰もプロポーズにおいて婚約指輪が必要不可欠なんて言っていないんですね。

 

 

映画と現実は違う

 

サプライズ_プロポーズ_指輪

 

確かに映画などのシーンで、主人公がダイヤモンドの輝く指輪を差し出してプロポーズする内容は、美しいものです。

ロマンチックですし、素敵です。しかし映画と現実は違いますよね。

 

映画は不都合な要素を全て排除して作ることができますが、現実はそうではありません。

映画では完璧な指輪でプロポーズして、彼女の指にぴったりとはめることができますが、現実では不可能だからです。

 

プロポーズ-失敗-サプライズ

 

現実問題として、婚約指輪ということは相手に合う、好みなデザインでなくてはなりません。

さらにその指輪のサイズが、その時の彼女の左手の薬指にぴったりでなくてはなりません。

これらを完璧に事前情報も詳細もないまま叶えることは不可能です。筆者はプロのジュエリーコーディネーターですが、プロでも不可能ですよ。

 

映画のように叶えたい。というイメージは、現実とかけ離れた方法を採用してしまうことと一緒になりがち。

その点をしっかりと理解することは大切です。

 

プロポーズにおいて婚約指輪は必要なものではなく、あくまでコンセプトイメージである。ということです。

 

 

プロポーズは婚約手前だという事

 

カップル_残念_謝罪

 

先にご紹介したとおり、婚約指輪はあくまで婚約記念品です。

プロポーズは誤解されがちですが、婚約手前のイベントです。

プロポーズは英語で、PROPOSAL(提案する)という意味な通り、あくまで結婚しませんか?という相手への提案の場面です。

まだ決まっていない婚約のために、平均でも30万円以上する婚約指輪をリスキーに購入する必要性も、プレゼントする必要性も皆無です。

そもそもプロポーズで贈るには、無理がありすぎます。

 

そもそも指輪選びイベントをなくす必要もない

 

宝石店-婚約指輪-選び-カップル

 

そもそも論ですが、婚約指輪は生涯の宝物となるジュエリーです。

服と一緒で、婚約指輪選びとは選ぶというイベントそのものが希少で楽しい、ワクワクするイベントです。

しかし指輪でプロポーズしてしまえば、そのイベントをなくしてしまうこととなります。

わざわざ指輪選びというイベントをなくすメリットはお互いにありません。

これもプロポーズで婚約指輪が必要ない大きな理由の一つですね。

 

指輪よりも素敵な方法がちゃんとある

 

ダイヤモンド_ローズ_ピンク

 

とはいえ、これまで多くの方がこれまでの事実を知りながらも、指輪に代わる選択肢がないということで、指輪でプロポーズをしてしまっていました。

ジュエリー業界も古い業界なので、なかなか新しい方法の提案がされていなかったのも、大きな理由の一つといえます。

しかしご安心を。ちゃんと指輪のようなリスクも皆無で、指輪よりも素敵にプロポーズできる方法があります。

 

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

 

 

それが、ダイヤモンドプロポーズという方法。

婚約指輪とは、あくまで価値の高いダイヤモンドが主役の指輪のこと。

つまり主役も目的もダイヤモンドが前提です。

 

EIKA_フラワージュエリー_エンゲージメント_婚約指輪_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

 

プロポーズはまだ提案段階ですので、その主役素材となるダイヤモンドのみでプロポーズを行い、婚約が決定したら、二人もしくは相手が理想のデザインをオーダーメイドで決めるという方法がダイヤモンドプロポーズです。

素材から提案する。まさに最良のプロポーズのプレゼントとなりますね。さらにまだダイヤモンドのみですから、デザインやサイズなども後から決められるので、ノーリスク。

サプライズにプロポーズもして、さらに理想の指輪も選べるというイベントも残すことができます。婚約指輪を用意する必要性は全くないですし、指輪よりもストーリー性のある素敵なプロポーズプレゼントを叶えることができますね。

 

 

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

 

EIKAのフラワージュエリーなら、バラとダイヤモンドで贈り、さらに初回のオーダーメイドも提供されるので、1つにプレゼントで全て叶えることができます。

 

 

EIKAフラワージュエリー>

 

 

くどいようですが、プロポーズに婚約指輪はまったくもって不要です。

イメージに縛られず、最良の方法でお互いに嬉しいプロポーズや婚約指輪を叶えましょう。

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

 

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

 

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>