婚約指輪もプロポーズも、最も大切なことは彼女に心から喜んでもらうことです。

金銭的要素や、デザインやブランドなどは一先ず置いておいて、とにかく彼女にとって何が嬉しい婚約指輪等の婚約記念品やプロポーズプレゼントで、プロポーズの方法なのかを前提的に考えることが重要です。

 

多くの人が、イメージから婚約指輪やプロポーズを通例的に考えてしまいがちですが、そもそも何が嬉しいか根本的な部分から考える必要性があります。

 

どうやったら彼女に心から喜んでもらえる婚約指輪を含めたプロポーズプレゼントとなるのか。

どんな方法のプロポーズが彼女が嬉しいと思えるのか。

詳しく考察して、ご紹介したいと思います。

 


 

イメージ通りじゃなくて良い

 

 

婚約指輪でプロポーズ。

おそらくほぼすべての人に共通しているプロポーズのイメージだと思います。

しかしそのイメージどおりに考える必要性も、ルールも存在しません。

ただ婚約指輪でプロポーズしても、イメージ通り、普通のプロポーズでしかありません。

もちろんその時は嬉しくても、イメージを超えたサプライズプロポーズにはなりませんよね。

 

イメージは検討の大きな助けとなりますが、そのまま考えてしまっては、勿体無いです。

既成概念はありつつも、まずはニュートラルに考えることが何事も肝心。

それはプロポーズも、婚約指輪も一緒なのです。

婚約指輪でプロポーズとは、車でいうコンセプトカーのようなものなのですから。

 

婚約指輪でプロポーズ、実は嬉しくない

 

失敗_プロポーズ

 

ダイヤモンドの輝く婚約指輪でプロポーズしたら、絶対に喜んでもらえる。

だから高くても、婚約指輪を購入するメリットがある。

果たしてそうでしょうか?適切な考え方や本質は全く逆だと思います。

 

彼女に最も喜んでもらえて、サプライズで忘れられないサプライズプロポーズの方法を検討し、それが結果として婚約指輪でプロポーズであるべきだからです。

 

残念なことに、ほとんどの女性にとって婚約指輪でプロポーズは嬉しいものではありません。

 

婚約指輪_プロポーズ

 

理由は明確。一生涯の宝物であり、後世へと受け継いでいける婚約指輪において、デザインは自分で選びたいから。

そもそも指輪じゃなくて、ネックレスが良いと考える女性だって少なくありません。

 

つまり婚約指輪でプロポーズというシーンにコンセプト上は憧れていても、実際に婚約指輪でプロポーズされてその時は嬉しくても、結果としては選択肢を壊してしまう指輪でプロポーズは嬉しくない方法に成り果てるわけです。

 

実際、指輪でプロポーズされた婚約指輪を時とともに活用しなくなる女性は非常に多いわけですが、その大きな理由と言えるでしょう。

 

婚約指輪-結婚指輪-宝石店-カップル

 

どこまでいっても、物というものは自分の理想を自分の頭で選んだもの以上のものは存在しないのです。

選ぶというイベントは、婚約指輪にとって非常に重要なプロセスなんですね。

 

また、根本的なお話になりますが、サイズが失敗する可能性も高いわけです。

本末転倒な結果となってしまっては、意味がありませんし、そのリスクを背負うメリットは双方にありません。

 

 

妥協案は、本末転倒になる諸刃の剣

 

プロポーズ-失敗-サプライズ

 

婚約指輪でプロポーズしない。指輪以外・指輪なしでプロポーズする。

現代においては、当然の選択肢となりました。

 

しかしここで1つ問題が生まれてしまいました。

では、プロポーズの時のプレゼントはどうしたら良いの??という問題です。

プロポーズプレゼントは、サプライズプロポーズにおけるメインコンテンツですから、悩んで当然です。

 

そこで「とりあえずのプロポーズプレゼント」的なアイテムで選んでしまうケースが目立っています。

例えばプロポーズリングなどが代表的ですね。

 

いわゆる仮の婚約指輪、玩具の指輪のような商品です。

どこまでいっても、指輪から妥協したプレゼントでしかなく、喜ばれるプロポーズの目的に対して逆行してしまいますね。

 

筆者はジュエリーコーディネーターですが、なぜ日本のジュエリー業界や宝石店が、ここまでして指輪でプロポーズさせたがるのかを理解できません。プロであれば、もっと優れた方法を提案すべきなのに・・・。

 

お花のプレゼント。素敵ですが、インパクトには欠けます。

もともとお花はプロポーズのサブプレゼント的な立ち位置ですからね。

 

ネックレスなどのアクセサリーで。

これも妥協感が否めず、むしろ相手からすればこれは何??となってしまう可能性が高いです。

 

これらのように、指輪という先入観から検討してしまうと、結局は彼女に喜んでもらえる!という前提から逸れてしまいます。

 

 

冷静に見極めると、出る答え。

 

婚約指輪-ダイヤモンド-プロポーズ-エンゲージリング-カラット-0.7

 

さてまずは冷静になって、検討をしてみましょう。

いずれにしてもダイヤモンドをまとったジュエリーが婚約記念品として、最も優秀で喜ばれる選択肢であることは間違いありません。これは統計データからも明らかです。

 

そこで婚約指輪という商品について、見極めてみましょう。

婚約指輪というのは、ダイヤモンドリングです。婚約専用の指輪ではなく、価値の高いダイヤモンドリング。

セレブであれば、普段のギフトからプレゼントするようなケースも多いです。

 

婚約指輪

 

ダイヤモンドリングとは、ダイヤモンドが主役の指輪です。

ダイヤモンド以外はすべてプラチナを主とした貴金属で構成されています。

 

つまり婚約指輪とは、ダイヤモンドが主役の指輪であり、婚約指輪が喜ばれるのは価値の高いダイヤモンドがセットされているからです。さらに言ってしまうと、ダイヤモンドが目的なのです。

 

ダイヤモンド_ローズ_ピンク

 

ここまでで恐らく答えが見つかったのではないでしょうか。

そうなんです、プロポーズでダイヤモンドのみをプレゼントすれば、良いのです。

 

主役の素材であり目的であるダイヤモンドを選んで、その素材のみで彼女にサプライズプロポーズをする。

彼女には、結婚という二人三脚の道のり。これから二人で二人の形を決めに行こうというメッセージとともに。

プロポーズが成功したら、二人で婚約指輪のデザインを決めます。

 

オーダーメイド_婚約指輪_リング作成_デザイン_ワックス原型

 

もちろんですが、ダイヤモンド素材からオーダーメイドになりますので、ネックレスだって、デザインだって自由自在。彼女の理想を確実に叶え、完璧なサイズで叶えることができます。

 

また主役のダイヤモンドが確定しているため、オーダーメイドの際には彼女もほとんど予算の心配をする必要性がなく、気持ちよくデザイン選びができます。

 

灯台下暗しとは言いますが、まさに同じことです。

婚約指輪そのものに答えはあるのです。

 

サプライズプロポーズも、婚約指輪も、彼女が心から確実に喜ぶことができる唯一の方法と言えるでしょう。

 

 

最上のダイヤモンドプロポーズ

 

秋_紅葉_カップル_プロポーズ

 

彼女に喜んでもらうプロポーズや婚約指輪。

それは結局のところ、選んだ理由次第なんですね。

ダイヤモンドプロポーズであれば、彼女の選択肢を気遣い、さらに二人で作るという思いも伝わり、さらには理想の形を必ず叶えることができますから、絶対に喜んでもらえます。

また指輪でプロポーズに彼女が憧れていたとしても、完成した指輪で2回目のサプライズプロポーズだってできますよ。

 

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

 

最高のダイヤモンドプロポーズなら、ぜひEIKAのフラワージュエリーをおすすめします。

世界最高級の枯れないバラとダイヤモンドが融合。

 

EIKA_フラワージュエリー_エンゲージメント_婚約指輪_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

それだけではありません。初回のオーダーメイドサービスが無料で提供されます。

 

 

さらにEIKAは世界で初めて贅沢なデザインも統一価格を実現。

贅沢なデザインを選んだ場合にも、追加費用がかからずにオーダーできます。

(一部特殊デザインは除きます)

 

ぜひ合わせてご検討くださいね。

 

EIKAフラワージュエリーページはこちら>

 

 

彼女に喜んでもらえる婚約指輪とプロポーズ。

結局はそれを叶えることが、二人にとって最上級のプロポーズであり、婚約指輪なのではないでしょうか。

 

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

 

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

 

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>