婚約や結婚、プロポーズの話題が出ると、プロポーズで婚約指輪は要らない。もしくは婚約指輪はそもそも要らないから大丈夫。

と答える女性が増えています。プロポーズといえば指輪なイメージですし、婚約指輪は世界中の女性の憧れ的なアイテムでもあります。

なぜ婚約指輪は不要と答えるのでしょうか?その本音に迫ります。

 


 

相手への気遣いも

 

 

そもそも婚約指輪を不要と答える女性は、素敵な女性だと思います。

婚約指輪(エンゲージリング)は平均相場でも30万円以上する高級品。無理にそんな高級品を選ばなくてもいいよ??

という気持ちから、婚約指輪を不要と答ている女性も非常に多いようです。実際に筆者の妻もそうでした。

 

逆の立場に置き換えると当然ですよね。

婚約指輪いる??と聞かれたら、いいよ〜いらないよと答える方は多いのではないでしょうか。

婚約指輪はあくまでギフト。そして高級品。相手に伝えれば、相手も気を遣って当然だと言えるでしょう。

逆に婚約指輪を不要と答える女性は、そういった部分にも配慮してくれていることが多いため、素敵な配慮をもった女性だとも言えます。

婚約指輪などのギフトは、相手から求められたから贈るのではなく、あくまでプレゼントだという認識でいましょう。

 

 

プロポーズよりも二人で選びたい

 

婚約指輪-結婚指輪-宝石店-カップル

 

そもそもプロポーズで婚約指輪はご法度と考える女性は、年々増え続けています。もはや過半数と言えるでしょう。

その理由は明確で、プロポーズで独断された婚約指輪よりも、二人のスタートを奏でる婚約指輪なのだから、二人でデザインを選びたいという本音があります。

それに婚約指輪は婚約期間中の指輪ではなく、婚約記念品として贈られる高級なダイヤモンドリングであって、一生物。後世にも受け継いでいく代物です。

だからこそ、大切なデザインはちゃんと納得のいくデザインで選びたいと感じるのは、当然です。

指輪はいらない。それは、プロポーズではなく、二人で納得いくデザインで選びたいからという、裏の意味を持っていることも多い訳です。

 

実際に彼女が指輪は不要だと言っていたからダイヤモンドプロポーズして、ネックレスとか自由に選んでもらいたい。

という目的でダイヤモンドプロポーズのご提案をする機会は非常に増えてきているわけですが、面白いことに、プロポーズ成功後の打ち合わせでは、指輪を選ぶ女性がほぼ100%なのです。

そして全ての方が、ネックレスという選択肢をご提案しても、やっぱり指輪かな。という方向性に変わります。

 

 

無理をしてほしくないだけ

 

プロポーズ-言葉-カップル

 

婚約指輪を不要と答える女性のほとんどに共通しているのが、相手への気遣いです。

筆者の妻も筆者がジュエリーコーディネートを生業としているにも関わらず、指輪はいいからね?と言ってきたことも同じでした。

本音は、無理をしないでね??というメッセージであることがほとんどでしょう。

 

女性にとってもジュエリーは、男性で言うところの高級時計。

良い時計があって嬉しくない人はいませんよね。けれどそんな代物をプレゼントされたい??と聞かれたら、不要と答えてしまうものです。

大切なのは、無理をしないこと。そして、無理を相手に感じさせないことです。

 

ダイヤモンドプロポーズ-婚約指輪-エンゲージリング-プロポーズ-サプライズ

 

また、いきなり宝石店へ行ってしまっても、相手は予算への気遣いで疲れてしまいます。

ダイヤモンドプロポーズなどで予算を予め無理のない範囲内で決めた上で、サプライズプロポーズすれば良いでしょう。

お互いに嬉しいことが、絶対条件ですからね。それにダイヤモンドプロポーズなら、ネックレスなどの選択肢もあるので、相手のライフスタイルや価値観に合わせて設計できますから、安心です。

 

ダイヤモンドプロポーズに関する記事はこちら>

 

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>