プロポーズのバラ。それはプロポーズする側にとっても、される側にとっても、非常に特別なバラだと言えます。

しかしお花の美しさは有限。1週間ほどすれば、枯れてしまいます。余韻に浸るには、短すぎる期間であることも、現実と言えるでしょう。

そこで今回の記事では、プロポーズのバラをずっと枯れずに保存する方法や、そもそも枯れない花でプロポーズできる方法等についてご紹介します。

 


 

ドライフラワーにする

 

ドライフラワー_バラ_ローズ_薔薇_プロポーズ_花

 

お花の保存方法としては、最もポピュラーなドライフラワー。

当然ですが、ドライフラワーというお花が存在するのではなく、生花を乾燥させて水分を飛ばし、保存する方法がドライフラワーです。

見た目は大きく変化し、瑞々しさもなくなりますが、ドライフラワーにすることで保存ができるようになります。

またドライフラワーならではの暖かみやアンティークさもあるため、ドライフラワー化することで違った表情を楽しむことができます。

加工方法としても、基本的には乾燥させるだけなので、難易度が低いと言えます。

バラの花などの保存加工に自信がない方は、まず試してみる方法と言えるでしょう。

 

ドライフラワーの作り方(外部リンク)

https://hanajikan.jp/article/117

 

 

プリザーブドフラワーにする

 

プリザーブドフラワー_バラ_ローズ_薔薇_プロポーズ_花

 

お花の保存方法として、最も優秀で元の状態をキープできるのが、プリザーブドフラワー化です。

生花を脱水・脱色し、プリザーブドフラワー化する溶液と色素を含ませて、保存する方法です。

そもそもお花が枯れるのは、内部の水分が腐るからなので、それを腐らない溶液に転換させれば、瑞々しさを残したまま枯れないようにできる。という訳です。

ただ言うのは簡単ですが、かなり難しくて工数もかかるのも、プリザーブドフラワー化する方法。

そのため、プロポーズのバラという失敗が許されないケースでは、余りおすすめをしませんが、もし方法をみてみていけそうだと思ったら、トライしてみるのも手でしょう。

 

プリザーブドフラワーの作り方(外部リンク)

http://flandre-magazine.com/2017/08/02/1281

 

 

そもそも枯れないバラでプロポーズしよう

 

EIKA-フラワージュエリー-マスターコレクション

 

プロポーズで枯れるバラをプレゼントされたなら、上記のようにドライフラワーかプリザーブドフラワー化の2つが基本的な選択肢となります。

もしこれからプロポーズでバラのプレゼントを検討されているなら、そもそも枯れないプリザーブド化されたバラでプロポーズされると、相手の手を煩わせることもなく、スマートにプレゼントできます。

プリザーブドフラワーは工程が大変なため、基本的に生花よりも高級品ですが、プロポーズの花という特別なシーンであれば問題ないでしょう。

生花は枯れるからこその、趣もあります。しかしプロポーズという生涯の思い出においては、枯れるバラより枯れないバラの方が絶対におすすめです。

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>