指輪でプロポーズの時代が終わり、現代は指輪以外・指輪なしでプロポーズがスタンダードな時代になりました。

当然のお話で、サイズや好みのデザインを独断すべきではない婚約指輪でプロポーズは、元から無理なお話だったわけです。

そういった流れの中で、プロポーズリングという商品が色々な場所で販売されるようになりましたが、女性から不評なようです。

その理由について考察しました。

 


 

プロポーズリングって?

 

プロポーズ-カップル-心-言葉

 

プロポーズリングとは、プロポーズ用に設計された仮の指輪の総称です。

仕様は各メーカーによって様々ですが、サイズが調整できるものだったり、全てフェイクで生成されたものなど沢山あります。

要はプロポーズ=指輪というイメージだけれど、サイズや好みのデザインが分かりづらいから、仮の指輪(ダミーリング)でプロポーズしよう。

というのが、このプロポーズリングの目的です。

 

いずれも、最終的には本番の婚約指輪を選びにいくことを目的しており、プロポーズリング分の料金を婚約指輪の成約時にディスカウントしてくれたりといったサービスもあります。

 

 

なぜ不評なのか?

 

失敗_プロポーズ

 

今ではこぞってプロポーズリングの販売を沢山のメーカーがしているため、筆者の周りにも、プロポーズリングでプロポーズされた女性が沢山います。

しかし総じて不評だっため、インタビューを行いました。確かに!と思うような本音ばかりだったので、ご紹介したいと思います。

 

「指輪だ!とトキメイていたら、それが仮だったことで、せっかくのプロポーズで盛り上がった空気が盛り下がってしまった。」

「指輪なら、いっそ形まで決めてくれた方が思い入れの強いプレゼントになったと思うし、男らしさを感じたと思う。プロポーズリングという物も知らなかったので、正直おろどいてしまった。」

「何であれプロポーズもプレゼントも嬉しかったけど、指輪はお前の好きにして。と取れてしまう言葉に、少しカチンときてしまった。指輪は二人で選びたかっただけなのに。。結局面倒だからプロポーズリングにしたのかな?と感じてしまった。」

「仮の指輪なら、指輪でなくても良かったのでは?と率直に感じてしまった。後で知ったけれど、ダイヤモンドプロポーズなら、ダイヤモンドだけのほうが分かりやすかった。けれど彼から受け取ったプロポーズリングは、偽物のダイヤモンドのタイプだったため、結局その宝石店の策略にはまっただけなのでは??と思った。」

「プロポーズリングでプロポーズされて、嬉しかったけれど、結局後で二人で指輪選びに行った際に、そのお店で選ぶというルールが生まれただけで、むしろ選択肢が少なくなっては意味がないように感じた。」

「結局ダミーリングなので、玩具にしか感じず、プロポーズが終わった後の保管で悩んでしまった、、変に形になっているので、捨てることもできず、、」

「友人達も指輪でプロポーズされていなかったので、指輪でプロポーズというイメージがそもそもありませんでした。だからプロポーズリングと知ったときには、違和感しか感じませんでした、、」

「プロポーズリングでプロポーズされた後に、宝石店へ行きましたが、結局デザインによって予算も大きく変わるので、気を遣って選びづらかったです。それなら、最初から予算を決めて選んだものにしてほしかったです。」

「私は、指輪ではなくネックレスが良かったです。友達も指輪よりネックレスの方が活用しやすいと教えてくれていたので。だからプロポーズリングなのも違和感でしたし、婚約指輪という選択肢に限定されるのも、正直微妙でした。」

 

 

かなりリアルな声が聞けました。もちろん皆さん、彼の気持ちやプロポーズされた事には大きな喜びを感じていますが、プロポーズリングに対する意見は非常にリアルなものだったと言えます。

パット見、サイズもデザインのリスクもないことは、プロポーズする側にとっては朗報に聞こえますが、そもそも指輪である必要性を感じていない女性が多いようです。

であれば諸刃の剣になりやすいということでしょう。

 

プロポーズ_失敗

 

プロポーズされたり、結婚をされる年齢は人それぞれですが、現代では晩婚化が進んでおり、30代前後の方が多い傾向にあります。

そうなるとある程度の物を知った女性なのですから、プロポーズリングは玩具に感じてしまう傾向も強いようです。

 

大人なのだから、大人として毅然とした選択肢を選んで欲しい。そういった声を多く聞いたきっかけとなりました。

中には失敗してもいいから、自分で選んで。という厳しい意見も・・・

 

 

発見したアイディア!!

 

プロポーズリング_アイディア_アイデア_婚約指輪_サプライズ

 

インタビューを進めて行く中で、1つのアイディアとヒントを発見することができました。

 

「それに指輪でサプライズなら、完成した指輪ですれば良いのでは??と思いました。ダイヤモンドプロポーズは確かに二人にとって良い選択肢だと思うから、ダイヤモンドのみでプロポーズして、二人でデザイン選んで、完成した指輪でサプライズしたら、それって2度嬉しいですよね?(笑)」

 

 

 

?!!確かにそうですね。プロポーズはダイヤモンドのみ、けれど2回目のサプライズは完璧な指輪で。

これが今の段階で言える、究極の方法なのかもしれません。そうなると、余計にプロポーズリングである必要性はありませんね。

 

箱パカ、指輪をその場でという目的は達成できても、結局は完璧なプロポーズとイコールにはならないということが分かった内容でした。

イメージにとらわれる余り、本来の目的を見失ってしまうものなのかもしれません。

 

EIKA_フラワージュエリー_エンゲージメント_婚約指輪_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

 

プロポーズは愛の告白。そして結婚とは二人で歩むこと。

下手に形あるものでプロポーズはせず、ダイヤモンドプロポーズなら素材のみでプロポーズした方が、本来の機能を最大限に高められるようです。

ぜひこれからプロポーズされる方は、1つの参考にして頂ければ幸いです。

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>