婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)。

この2つの指輪はブライダルリングと呼ばれ、結婚には2つのリングが存在します。

それぞれ異なる目的と指輪となっており、基本的には両方が必要な指輪。

 

しかし婚約指輪や結婚指輪を選ぶのは初めて。という方がほとんどのため、具体的に何が違って、どんな予算で、優先順位なのかを理解し辛い部分があると思います。

今回の記事では、婚約指輪と結婚指輪の違い、予算の優先順位についてご紹介します。

 


 

婚約指輪と結婚指輪とは?

 

結婚指輪_婚約指輪_重ね着け_ブライダルリング_プレ花嫁

 

時々混同されている方もいらっしゃいますが、そもそも婚約指輪と結婚指輪は、それぞれ全く異なる指輪です。

 

「婚約指輪(エンゲージリング)」

婚約指輪_ダイヤモンド

 

 

婚約記念品としての指輪です。ペアリングである結婚指輪とは違い、プレゼントになります。

結婚することを決める婚約シーンのため、結婚指輪とは違って、基準が価値になります。

そのため、婚約指輪はダイヤモンドが主役の高級な指輪であることが通例になっているわけです。

結婚式に参加される際にご祝儀がありますよね。ご祝儀にも相場やマナーがあります。

婚約指輪は結婚に際してのギフトという定義に近いため、それなりの価値を伴った指輪である必要性があるわけです。

ただ婚約指輪といっても、価値の高いダイヤモンドリングなので、結婚後はダイヤモンドリングとして活用できます。

結婚指輪との重ね付けなおで多用も可能です。

 

「結婚指輪(マリッジリング)」

結婚指輪-マリッジリング

 

 

結婚の証となるペアリングです。常時着用、生涯に渡ってお互いが着用する指輪です。

そのため価値が主体となる婚約指輪とは違って、シンプルで常時着用に相応しいデザインであることが通例です。

もともとは、ただの鉄の輪っかなどを使用していました。結婚指輪も男性側が支払うケースは多いですが、最近では二人で購入されるカップルも多いです。

結婚指輪はプレゼントではなく、二人のためのペアリングだからです。

 

 

これらのように、婚約指輪と結婚指輪は根本的に異なる指輪であり、それぞれの独自の目的があります。

 

 

結婚というプロセスを表現する2つの指輪

 

婚約指輪-エンゲージリング-プロポーズ-デザイン-重ね付け

 

結婚とは、婚約を経て至ります。

つまりウェディングストーリーとは、婚約と結婚という2つのフェーズで構成されているわけです。

他人だった二人が家族になるのですから、当然のプロセスですね。

 

結婚しようを提案するプロポーズ。それが承諾されて、婚約関係に。

そしてそれを二人だけでなく、周囲にも報告とお披露目する結婚式。

それぞれに意味があり、必要不可欠な要素なのです。

 

もちろんそれぞれの方法はカップルによって異なります。

プロポーズをせず、婚約期間を経ず、結婚式をせずに結婚するカップルもいらっしゃいますし、全てをしっかりと行ったカップルもいらっしゃいます。

比較対象にすることはできませんが、いずれにしても、二人が結婚することを決めて、家族になるという2つのフェーズは平等なんですね。

 

この2つのフェーズは、人生においてもかけがえのない瞬間です。

そのため、その記念品の必要性が生まれ、婚約指輪と結婚指輪の2つが通例化したと考えられます。

 

婚約指輪-エンゲージリング

 

 

両方とも、左手の薬指へ身に付けます。結婚後は普段結婚指輪を身に付け、外出時などに婚約指輪を上から重ね付けして身に付けます。

そうすることで、左手の薬指には、婚約して結婚したという結婚のストーリーを表現するようになるわけです。

第三者が見ても、その人は婚約して結婚したというストーリーをすぐに理解できます。

全てに意味がちゃんとあるんですね。

 

 

予算の優先順位

 

婚約指輪_エンゲージメントリング_結婚指輪_マリッジリング

 

どちらにも独立した意味と理由があるため、婚約指輪と結婚指輪を比較して優先順位をつけることは、不可能です。

しかし予算の優先順位はつけれます。間違いなく、婚約指輪に予算を傾倒させるべきです。

 

 

結婚指輪は、写真のようにシンプルな造形であることが基本です。

もちろん贅沢なデザインも存在しますが、毎日常時身に着ける結婚指輪において、かなり不便です。

シンプルで、贅沢な要素の少ない指輪の方が、便利かつ経年劣化も味になっていきます。ですから、結婚指輪に予算を傾ける必要性がありません。

 

婚約指輪_ダイヤモンド_カラット_0.5カラット_デザイン

 

逆に婚約指輪になると話しは別です。価値を贈る手段なのですから、予算を傾ければ傾けるほど、良い指輪を手にすることができます。

婚約指輪に優先順位を傾けることで、総合的なコストパフォーマンスは高くなります。

 

例えば、婚約指輪の平均予算は30万円〜。対して結婚指輪の平均予算や相場は、約20万円前後です。

つまり全国におけるブライダルリングの平均合計予算や相場は、約50万円〜となるわけです。

平均予算から見ても、婚約指輪の方に予算を傾倒される方がほとんどなのは、これらが理由です。

(結婚指輪は単体ではなく、ペアでの価格です)

 

仮に予算が100万円あったとしたら。結婚指輪は追加費用要素がほとんどないため、

 

・結婚指輪を20万円程度

・婚約指輪を80万円程度

 

にすると良いでしょう。

 

 

婚約指輪は指輪じゃなくてもOK

 

 

そもそも婚約指輪は指輪でなくても、問題ないです。

最近では婚約指輪でなくネックレスで贈ることも少なくありません。

 

婚約指輪はあくまで、ダイヤモンドが主役。

価値の高いダイヤモンドを婚約の証としてプレゼントすることになります。

ですから同じように価値の高いダイヤモンドをまとっていれば、それがネックレスであろうと、ブレスレットであろうと、問題ないわけです。

 

ネックレスなどにすれば、毎日だって活用できます。

それに婚約指輪などの宝飾品は、リメイク・リフォームしていくことができるため、1つの形で終わりにすることもありません。

時と場合や、その時のライフスタイルに合わせて形を変えていくこともできます。

そのため、下手に安すぎるダイヤモンドで婚約指輪などのジュエリーを贈るくらいなら、むしろ贈らないという選択肢を選ぶのもおすすめになります。

 

EIKA_フラワージュエリー_エンゲージメント_婚約指輪_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

また指輪を含め、婚約ジュエリーを完成した形で贈る必要性も皆無です。

最近ではダイヤモンドプロポーズが主流になってきていますから、工夫しましょう。

 

ダイヤモンドプロポーズとは?

 

 

婚約指輪も、結婚指輪も、それぞれに素敵なポイントや目的があります。

ぜひ素敵なブライダルリングを叶えてくださいね。

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>