生涯を共にする婚約指輪のコレクションとして非常に人気な、EIKAのブライダルリング(婚約指輪・結婚指輪)コレクション。

統一価格でシンプルなデザインから華やかなデザインまで選ぶことが出来る、世界初のコレクションです。

今回はEIKAの婚約指輪のデザインの中でも、サイドストーンカテゴリからバラの花びらまで精密に設計された贅沢で壮麗なローズリングをご紹介します。

EIKA婚約指輪ローズリングの詳細>


贅沢なローズモチーフで華やかさを演出

EIKA_EC1030_PT950_レビュー_着用イメージ_婚約指輪_エンゲージリング_プレ花嫁_プロポーズ

今回ご紹介するのはこちらのデザインです。

ダイヤモンドで構成された永遠に咲き続けるローズデザインの婚約指輪。

メインのダイヤモンドを美しく飾る、バラの花びら一枚一枚にまでダイヤモンドを散りばめられた贅沢な婚約指輪のデザインです。

バラモチーフの婚約指輪のデザインへさらに、両サイドに葉を配置することによってバラの婚約指輪のデザインとして統一感のある壮麗な婚約指輪となります。

EIKAではバラモチーフのこちらの婚約指輪デザインをサイドストーンと分類しているのですが、

女性の指がよりしなやかに見えるようにウェーブラインで造形をかたどっているので、

ウェーブとサイドストーンとの融合された婚約指輪のデザインとして、大変贅沢な婚約指輪のデザインです。

華やかなのに着けやすいデザイン

EIKA_EC1030_PT950_レビュー_着用イメージ_婚約指輪_エンゲージリング_プレ花嫁_プロポーズ

バラのモチーフリングとして非常に贅沢で華やかなデザイン。

サイドからこちらのバラモチーフをご覧いただくとほとんど引っかかりがありません。

贅沢さと華やかさだけではなく、着けやすさも重視された婚約指輪のデザインとなります。

また高さが抑えられているため、正面からのインパクトにも関わらず、着用する手に馴染むデザインとなっているのも大きなポイントです。

通常ウェーブラインの婚約指輪は上の画像のように、はっきりと曲線が表現されている為結婚指輪と合わせる場合、ウェーブラインで合わせる必要があります。

EIKA_EC1030_PT950_レビュー_着用イメージ_婚約指輪_エンゲージリング_プレ花嫁_プロポーズ

しかしこちらのバラモチーフの婚約指輪は、

ウェーブラインでありながら、曲線から生じる空間へ”葉”を配置することによりより柔らかい曲線の婚約指輪デザインとなります。

そのため、結婚指輪も様々なカテゴリからも選択することもできます。

ローズリングにはカラーゴールドもおすすめ

婚約指輪は一般的にレアメタルの中でも最も希少性のあるプラチナを使用します。

一生に一度の特別な婚約指輪だからこそ、カラーゴールドもおすすめです。

EIKA_EC1030_K18RG_K18PG_レビュー_着用イメージ_婚約指輪_エンゲージリング_プレ花嫁_プロポーズ

筆者が最もおすすめするのがこちらのK18ローズゴールドです。

バラモチーフのためのにあるかの様なこちらのゴールドカラーは別名ピンクゴールドとも呼ばれており、華やかなデザインでありながらも肌馴染みの良い婚約指輪としても大変人気です。

まさにバラモチーフにはぴったりのカラーゴールドとなりますね。

EIKA_EC1030_K18YG_レビュー_着用イメージ_婚約指輪_エンゲージリング_プレ花嫁_プロポーズ

K18イエローゴールドになると、より華やかにそして洗練された印象を与えてくれます。

スッキリとした爽やかな印象も与えてくれます。

贅沢な華やかさと美しさのどちらも併せ持った婚約指輪のデザインとなります。

世界でたった一つの私だけの婚約指輪だからこそカラーゴールドを選ぶとさらに、”私らしい婚約指輪”にもなります。

永遠に咲き続けるローズのように二人の愛がこれから先も続きますようにと願いを込められたローズリング。

プレ花嫁様や今から婚約指輪を検討されている男性も是非参考にしていただければ幸いです。

素敵な婚約指輪を選んで頂けることをお祈りしています。

EIKA婚約指輪ローズリングの詳細>

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>