プロポーズのプレゼントというイメージが強い婚約指輪(エンゲージリング)は、婚約記念品。

世界中の女性の憧れでもある、ダイヤモンドの輝く婚約指輪は、渡し方も重要です。

渡し方を失敗してしまえば、せっかくの贈り物が台無しになります。

婚約指輪はプレゼントでもあるわけですから、ただ購入したら良いということにはなりません。

今回の記事では、婚約指輪の正しい渡し方についてご紹介します。

 


 

プロポーズで渡さない

プロポーズ-失敗-サプライズ

 

まず婚約指輪の渡し方として、最もやってはいけない方法がプロポーズで渡すこと。

プロポーズといえば婚約指輪では?どうして?と感じる方も多いかもしれませんが、それらは先入観です。

現実はドラマや映画の世界ではなく、婚約指輪はプロポーズで渡すべきではありません。

 

確かに一昔前は指輪でのプロポーズがスタンダードで、プロポーズで婚約指輪を渡す方が多かったです。

しかしデザインを一人で選ぶことは困難であり、サイズなど知るよしもありません。

時と共に、婚約指輪はプロポーズで渡さないプレゼントになってきたのです。

 

 

現代においては、プロポーズで渡すよりも、二人で選ぶ時代です。

婚約指輪は生涯の宝物であり、高級品です。失敗のないように、プロポーズでは絶対に渡さないようにしましょう。

 

 

ダイヤモンドから渡す

 

婚約指輪-エンゲージリング-ダイヤモンド

 

婚約指輪の正しい渡し方には、段階があります。

その第一段階が、ダイヤモンドから渡すというもの。

ダイヤモンドプロポーズと呼ばれており、現代においては最も正しい方法として採用されています。

 

宝石店-婚約指輪-選び-カップル

 

 

二人でいきなり婚約指輪を選びに宝石店へ行くと、思わぬ誤算が生じます。それは予算です。

婚約指輪といってもピンキリ。ダイヤモンドのクラス、デザインの贅沢さやシンプルさによって価格には大きな開きがあります。

ジュエリーショップには、数万円から数千万円以上のジュエリーがあり、婚約指輪にも同様の振り幅があります。

そして宝石店はなるべく高い婚約指輪からオススメしてくるでしょう。

そうなると女性側も予算が気になって、本当に良いと思った婚約指輪を選べなくなります。

男性側も価格ばかりが気になってプレッシャーとなります。お二人にとって、何も楽しくない出来事になる可能性が高いわけです。

 

 

EIKA_FJEC_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

だからこそ宝石店へ行く前に、プロポーズの段階で婚約指輪の主役となるダイヤモンドだけを、先にプレゼントしておくわけです。

主役で予算の大半を担うダイヤモンドが既に決まっているため、デザイン選びもスムーズになり、予算の振り幅も最小限に留めることができます。

それに指輪以外のプロポーズでも、1度で2度嬉しい指輪以上のサプライズプロポーズを叶えられるため、一石二鳥です。

 

 

完成した指輪でもサプライズな渡し方を

 

EIKA_フラワージュエリー_プリザーブドローズ_ホワイトデー_プロポーズ

 

ここからは、なるべく行って欲しい筆者からのアドバイスです。

婚約指輪はオーダーから1ヶ月〜2ヶ月ほどで完成します。(大手宝石店だと3ヶ月という期間も多いです)

完成したら、ぜひ指輪の箱をパカっと開いてサプライズに渡してあげてください。

 

 

指輪でのプロポーズは避けるべきですが、完成した指輪のお披露目をサプライズにすることで、リスクのない2度目のサプライズを叶えます。

プロポーズはしているので、気楽にサプライズできるのもポイントです。

 

 

EIKA_プロポーズ_バラ_サプライズ_苦手_カップル_飾らない

 

完成した指輪を男性側だけで受け取り、受け取ったことを内緒にしておきます。

ご自宅やデート先などでサプライズにプレゼントしましょう。

ダイヤモンドでプロポーズされて、二人で選んだストーリー性の溢れる指輪のサプライズに、きっと喜んで頂けますよ。

 

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

 

 

婚約指輪の渡し方も、こういった一工夫を加えるだけで、究極の渡し方へと昇華します。

今でもジュエリーブランドのCMや広告は指輪のプロポーズばかりですが、それらは彼らに打つ手がないからです。

お二人にとって、最も嬉しい婚約指輪の渡し方を選んでくださいね。

 

ダイヤモンドプロポーズに関する記事はこちら>