遠距離恋愛などで直接婚約指輪を渡せない時、プロポーズの仕方についてはどうしたらよいのでしょうか。プロポーズの演出方法を理解しておけば、直接婚約指輪を渡すことができなくても、理想的なプロポーズをすることができるようになるのです。


リモートプロポーズ

自宅_プロポーズ_オンライン_チャット

現在様々なツールで、インターネット上でのやりとりが可能になっています。特に遠距離恋愛のカップルなら、普段のやりとりはいつもリモートにて行っているケースもあるでしょう。相手との距離を近く感じるという点では、とても役立つツールですよね。

普段よく利用しているツールを使ってプロポーズをすることも可能になるのです。普段よりも身なりを整えて、女性に将来について話すようにしてみましょう。「どんな結婚生活を送りたい?」「結婚したらどこに住みたい?」などと質問してみるのも良いですね。
そのうえで相手が結婚に対してイメージを持ちやすくなった時に、男性からプロポーズの言葉を伝えて、もし女性の反応が良ければ画面上で婚約指輪を見せるようにしましょう。
女性の左手を画面に近づけてもらい、そこにそっとはめるような仕草を男性がするというのも、素敵なプロポーズの瞬間になるかもしれません。


手紙でプロポーズ

手紙_プロポーズ_カード

普段LINEや電話などでやりとりをしているカップルなら、時には手紙に自分の思いを託してみるのも良いのではないでしょうか。相手に対しての感謝の気持ちと愛する気持ちを、しっかりと伝え、プロポーズの言葉を手紙に書くようにすると良いですね。

手紙が届いた頃を見計らって男性から連絡をする方法もありますが、女性からの返事を待ってみるのも一つの方法。手紙を送るのは、何か特別な意味があるというように女性としても気が付くはずです。この時に選ぶ封筒や便箋は、あまり派手ではなくパステル系の色で、少しだけ柄の入ったものなどを選ぶと良いですね。

手紙にてプロポーズをして、その後に会えた時に婚約指輪を贈るという方法もあるのです。


郵送にて指輪を届ける

自宅_プロポーズ_配送_オンライン

なかなか会えないカップルの場合は、婚約指輪を郵送で女性の元に届けるのも一つの方法です。相手とやりとりをしている時に、ちょうど郵送した婚約指輪が送られてくるという演出をしてみましょう。

今日はどうしても伝えたいことがあるんだと電話で伝え、話した後にプロポーズをしてOKをもらった後、指輪が届くというようなちょうど良いタイミングを計るようにしたいですね。

直接会って婚約指輪を贈られたかのように感じて、女性はとても嬉しい気持ちになれるのです。


花束やプレゼントを送る

手紙_プロポーズ_カード

特に女性に対して何も伝えずに、突然花束やプレゼントが届くようにしてみましょう。プレゼントの中に婚約指輪をそっと隠しておくのも良いかもしれません。

「今日は贈り物をしたので楽しみにしていてね」と伝えておくと、女性としてはワクワクするものでしょう。何が送られてくるのかなと思い、女性としては期待感でいっぱいになるのです。この時に赤い薔薇の花束と、プレゼントの箱を送るようにしてみましょう。プレゼントは以前に女性が欲しがっていたものでも良いですし、使ってほしいと思うものでも良いでしょう。主役である婚約指輪とセンスが合うものを送るようにしておけば、そのうえで女性から贈り物が届いたと連絡があった時に、プロポーズの言葉をスムーズに伝える事ができます。


早くプロポーズをしたくて焦ってしまうという男性もいるでしょう。

直接会って婚約指輪を渡せないからこそ、出来る事もあるのではないでしょうか?是非素敵な瞬間を迎えられますようにおいのりしています。



「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ> 

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>